ピチ (パスタ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
卵白が加えられたピチ
調理例

ピチイタリア語: Pici)は、手で丸くこねた太麺パスタで、スパゲッティをさらに太くしたような形をしている[1]トスカーナシエーナ県発祥と言われている。モンタルチーノ地域では「ピンチ」と言われることもある。

生地は通常小麦粉と水だけから作られる。家庭によってを加えることもある。

生地は厚くて平らなシート上に丸められ、細長くカットされる。生地ひときれを片方のてのひらとテーブルの間にはさんでこねながら、もう片方の手で生地の残りを巻いて形を作る家庭もある。両手で生地を丸めて作ることもある。どちらの方法でも、普通の鉛筆よりやや細いくらいの太麺のパスタができる。スパゲッティやマカロニと異なって大きさが均一ではなく、長さに応じて太さも異なる。

様々な食材と一緒に食べられる。パン粉を用いたソース、ニンニクトマトソース、ポルチーニのソース、ラグーソースなどに絡めたり、またイノシシや野ウサギ、カモなどの肉と一緒に食べることも多い。

脚注[編集]

  1. ^ Il Devoto-Oli. Vocabolario della lingua Italiana, edited by Luca Serianni and Maurizio Trifone, Le Monnier.

関連項目[編集]