ブンチャー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ブンチャー
Bún Chả.jpg
ブンチャー
発祥地 ベトナム
地域 ハノイ
主な材料 ビーフン、グリルした豚肉、生のハーブ、ヌクチャム
テンプレートを表示

ブンチャー(Bún chả、ベトナム語: [ɓǔn ca᷉ː])は、焼いた豚肉ライスヌードルを用いたベトナム料理であり、ハノイ発祥だと考えられている[1]。「ベトナムのサラダ素麺[2]」などと言われる。グリルで焼いた豚肉の脂身 (chả) などを白いビーフン (bún) にのせ、好みのハーブと甘酸っぱいつけだれを添えて食べる。

材料[編集]

ブンチャー用に焼いた肉

ブンチャーはさまざまな材料から作られる。肉は豚の肩肉を原料とした挽肉ミートボールや脇腹の肉などを使用する[3]。麺は米の粉で作った細いビーフンを用いる[4]。ベトナムの代表的なライスヌードルであるフォーの麺に比べると、ブンチャーで用いる麺は柔らかい[5]

「甘味、辛味、酸味が一体となったつけだれが特徴[4]」である。このたれにはヌクマム砂糖レモンスープストック、つぶしたニンニク唐辛子などを用いる[3][6]フォーとは異なり、麺とスープは別々の皿に盛って提供する[6]。ハノイのブンチャー店で提供されるつけだれの材料は大同小異だが、配合の割合が店ごとに異なるという[5]

食べる際に好みでハーブなどをかける[7]。青パパイアニンジンタマネギコールラビなど野菜の漬物と、生のキャベツバジル、シソクサ、スプラウトナギナタコウジュ、白ネギ、パクチーなどを添える[3][4]。揚げ春巻などをトッピングにすることもある[6]。つぶしたニンニク、つぶした唐辛子、酢、挽いた胡椒、スライスしたライムなどをつけあわせにすることがある[3]

ハノイ料理[編集]

ブンチャーとカニの春巻

「ベトナムの国民食[8]」と言われる一方、「ハノイの名物料理[4]」と見なされている。ブンチャーは正午に昼食としてよく食べられ、これはハノイの料理文化に特有の習慣となっている[9]。夜に食べることもある[10]

ハノイの最初のブンチャーレストランは旧市街、ホアンキエム区のザーグーにあった[11][12][13]。ハノイの店で売られているブンチャーの価格は安く、2016年時点で「1杯5万~6万ドン(約250~約300円)程度[10]」であった。

ハノイにあるブンチャー店であるフオンリエンは、当時アメリカ合衆国大統領であったバラク・オバマが2016年5月にヴェトナムに旅行した際、シェフのアンソニー・ボーディンに連れられて訪問し、ブンチャーを食べたことで有名になった[6][14]。この時にボーディンが払った値段は6ドルほどだったという[15]。オバマがブンチャーを食したことが報道されて以降、ハノイではブンチャーを出す店が増加したという[16]

2019年6月の米朝首脳会談ではハノイ料理としてフォーとともにジャーナリスト向けのメディアセンターの食事に採用された[17]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Daniel Hoyer (194), Culinary Vietnam, Gibbs Smith, p. 102, ISBN 978-1-4236-0320-7, https://books.google.com/books?id=QwnI2lynQREC&q=%22bun+cha%22+hanoi&pg=PA102 2011年1月21日閲覧。 
  2. ^ クックパッドニュース:ハマる美味しさ!ベトナムのサラダ素麺「ブンチャー」をお家で作ろう” (日本語). 毎日新聞. 2021年11月28日閲覧。
  3. ^ a b c d How to make Hanoi bun cha” (ベトナム語). Nghệ thuật ẩm thực. 2015年6月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年6月23日閲覧。
  4. ^ a b c d ご満”越”ブンチャー:中日新聞しずおかWeb” (日本語). 中日新聞Web. 2021年11月28日閲覧。
  5. ^ a b 「〈地球を食べる〉庶民に人気のめん料理 つけ汁で楽しむ ブンチャー@ハノイ」『朝日新聞デジタル』2011年9月15日。
  6. ^ a b c d オバマ氏ベトナム訪問、街の食堂で食べた6ドルのディナーとは?” (日本語). ハフポスト (2016年5月24日). 2021年11月28日閲覧。
  7. ^ 「ベトナム 経済卓越 高い成長 にぎわうハノイ」『読売新聞』2016都市12月1日、東京朝刊p. 6。
  8. ^ ハノイに初のマクドナルド 「旧敵」米企業、消費けん引” (日本語). 日本経済新聞 (2017年12月1日). 2021年11月28日閲覧。
  9. ^ Chuyện Hà Nội: Bún chả Hà thành Thể thao văn hóa, December 15, 2014.
  10. ^ a b 「ベトナム・ハノイ――つけ麺「ブンチャー」オバマ効果(アジアの街から)」『日経MJ』2016年6月10日、p. 10。
  11. ^ Thanh Nien A bún chả that could wake the dead – Resurrecting a dead writer’s dream meal in Ho Chi Minh City 2 March 2012
  12. ^ Ann Lee The Little Saigon Cookbook "Bún chả"
  13. ^ Nguyen, Andrea Quynhgiao (2006). Into the Vietnamese kitchen : treasured foodways, modern flavors (1st ed ed.). Berkeley, CA: Ten Speed Press. ISBN 1-58008-665-9. OCLC 66527169. https://www.worldcat.org/oclc/66527169 
  14. ^ Bữa tối bất ngờ của Tổng thống Obama trong quán bún chả (Obama's surprise visit to the bun cha restaurant) VnExpress, May 10, 2021.
  15. ^ オバマ米大統領、街中のつけ麺に舌鼓で店主仰天 ベトナム” (日本語). www.afpbb.com. 2021年11月28日閲覧。
  16. ^ 「米朝会談開催地のハノイ――街中に両首脳の髪形、商魂映す」『日本経済新聞』2019年3月11日、p. 22。
  17. ^ 「米朝会談「勝者」はベトナム? 世界から報道機関集結、文化・経済のPR成功」『朝日新聞』2019年3月3日朝刊p. 7。

外部リンク[編集]