アンソニー・ボーディン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アンソニー・ボーディン
Anthony Bourdain
Anthony Bourdain
2014年
本名 Anthony Michael Bourdain
生年月日 (1956-06-25) 1956年6月25日
没年月日 (2018-06-08) 2018年6月8日(61歳没)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ニューヨーク州ニューヨーク市
死没地 フランスの旗 フランス
オー=ラン県,ケゼルスベール

アンソニー・ボーデインAnthony Michael "Tony" Bourdain, 1956年6月25日 - 2018年6月8日。通称トニー)は、アメリカ合衆国作家シェフ、番組司会者である。著書に「シェフの災難」、「キッチン・コンフィデンシャル」、「アペティート・クックブック」等がある。

経歴[編集]

ニューヨーク市にて出生。ニュージャージー州レオニアにて育つ。第一次世界大戦後にフランスから父方の祖父がニューヨーク市に移住してきたため、フランス系と母方のユダヤ系の血筋を持つ[1][2]。父親はカメラ店のセールスマンとレコード店のフロアマネージャーの兼業[3]、母親はニューヨークタイムズの編集者として何年か働いていたことがある[4]

Englewood School for Boysを1973年に卒業後、ヴァッサー大学に入学するも2年で退学。ニューヨーク市郊外にある権威ある料理学校、CIA(カリナリー・インスティテュート・オブ・アメリカ)を1978年卒業する[5]

ケープコッドでレストランの皿洗いとして飲食業界に入り、この業界の常として一時はヘロインとコカインの中毒にもなったが1980年代に薬物を絶ち[6]、1998年には当時人気だったマンハッタンの「ブラッスリー・レアール」の料理長となる。同店の東京支店のために来日したことがあり、この日本滞在でまったく異なる新しい世界があることを知り、これが人生の転機になったとのちに語っている[6]。生活費を稼ぐために1日12時間以上働くような日々を44歳まで送っていたが、料理業界の舞台裏を描いた『キッチン・コンフィデンス』(2000年)の成功により、一躍有名人となる[6]

以降、本の執筆のほか、テレビで帯番組を持つなど、食と旅をテーマに精力的に活躍していたが、2018年6月に番組撮影のために滞在していたフランスのホテルで自殺した[6]。2016年の番組の中で、孤独を感じ鬱状態に陥ることがあるとセラピストに語っていた[7]

私生活[編集]

マンハッタン、アッパーイーストサイド在住。高校時代のガールフレンドNancy Putkoskiと1985年に結婚するも、20年ほどの結婚生活を経て2005年に離婚

アンソニーの親友で、フランス人、ミシェラン3ツ星レストランLe Bernardin(ニューヨーク)のシェフであるÉric Ripertの紹介にて知り合った、2人目の妻、(イタリア人、総合格闘技ファイター) Ottavia Busiaとの間に一人娘Ariane(2007年誕生)がいるが、結婚9年目の2016年に離婚。離婚の理由はアンソニーの過密撮影スケジュールだとのコメント。

その前後より、PARTS UNKNOWNローマ編の撮影中に知り合った、イタリア・ホラーの巨匠、ダリオ・アルジェントの娘で女優/映画監督のアーシア・アルジェントと交際。

アンソニーは2018年6月8日、PARTS UNKNOWNの撮影中、フランスのストラスブールのホテルの部屋で死亡しているのを発見された。死因は、バスローブのベルトで首をつった上での自殺であった。[8] (享年61歳) アンソニーの遺体を発見したのも、又親友のÉric Ripertであった。

料理人として[編集]

「キッチン・コンフィデンシャル」によれば、ボーディンが食に目覚めたのは少年時代に家族旅行中のフランスで初めて食べただという。ヴァッサー大学在学中には、マサチューセッツ州プロヴィンスタウンのシーフードレストランで下働きとして働いていた。1978年のCIA卒業後に、ニューヨーク市の様々なレストランで働いたのち、1998年にはLes Hallesの総料理長に就任した。

作家として[編集]

2000年に高級レストランの裏側を描いた著書「キッチン・コンフィデンシャル」を出版、大ヒットとなった。他の著作にノンフィクション作品、A Cook's Tour (2001年)、ミステリー「シェフの災難」がある。

また、2012年にはジョエル・ローズとの共同原作でDCコミックス/ヴァーティゴ・コミックからグラフィックノベル『ゲット・ジロー』(Get Jiro!、作画:ラングドン・フォス)を出版した[9]。2018年1月から『Hungry Ghosts(餓鬼)』シリーズを出版開始した。これは日本の百物語怪談会の形を借りたホラーコミック[10]

TV番組監督・ホスト・出演者として[編集]

2002年よりTV番組製作にかかわり、世界中を駆け回り、フードと文化をテーマをとしたトラベル番組を撮影。

2013年から、CNNのトラベル・チャンネル、PARTS UNKNOWNのホストを務め、エミー賞を4回受賞している。

2015年のアメリカ映画『マネー・ショート 華麗なる大逆転』には、サブプライム住宅ローン危機の問題を飲食業界の裏になぞらえて語る本人役で出演。

著作[編集]

  • 『シェフの災難』西田佳子訳、早川書房、1997年
  • 『容赦なき銃火』西田佳子訳、早川書房、1999年
  • 『キッチン・コンフィデンシャル』野中邦子訳、土曜社、2014年予定(初版は新潮社、2001年)
  • 『クックズ・ツアー』野中邦子訳、土曜社、2014年予定(初版は新潮社、2003年)
  • 『Appetites: A Cookbook』2016年

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ en:A Cook's Tour, episode 1.9: "Childhood Flavors"; 2000
  2. ^ アンソニー世界を喰らう』,シーズン5第4話 "Uruguay";2008年7月28日放送分
  3. ^ Anthony Bourdain: My family valuesThe Guardian, Fri 27 Sep 2013
  4. ^ My Oscar Picks: Anthony BourdainThe New York Times, February 3, 2012
  5. ^ Bourdain's biography on TravelChannel.com
  6. ^ a b c d The untold truth of Anthony BourdainMashed, 2018
  7. ^ Anthony Bourdain opened up about battle with depression on Parts Unknown: ‘I feel isolated’Metro, Saturday 9 Jun 2018
  8. ^ Anthony Bourdain dead at 61 CNN U.S.
  9. ^ Get Jiro!
  10. ^ Anthony Bourdain’s ‘Hungry Ghosts’ Is Not for the Faint of HeartEater, Mar 16, 2018

参照[編集]

外部リンク[編集]

Official sites

Blogs

Interviews