野中邦子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

野中 邦子(のなか くにこ 1950年[1] - )は、日本の翻訳家

東京生まれ[2]多摩美術大学絵画科卒[3]。出版社勤務の後、フリーの編集者を経て、現在は英米ノンフィクションの翻訳に従事している。翻訳グループ「牧人舎」所属。夫は翻訳家で「牧人舎」の主催者だった鈴木主税

共著[編集]

訳書[編集]

  • 大発見 未知に挑んだ人間の歴史(ダニエル・J・ブアスティン、鈴木主税共訳、集英社 1988年4月 のち文庫)
  • アーツアンドクラフツ ウィリアム・モリス以後の工芸美術(スティーヴン・アダムス、美術出版社 1989年)
  • マルセル・デュシャン(グロリア・モウレ、美術出版社 1990年5月)
  • チョコレートブック(ヘルガ・ルビンスタイン、平凡社 1990年1月)
  • アール・ヌーヴォー 世紀末に生まれた空前の美術状況(ウイリアム・ハーディ、美術出版社 1990年)
  • ゴッホ 一〇〇年目の真実(デイヴィッド・スウィートマン、文藝春秋 1990年12月)
  • 馬車の歴史(ラスロー・タール 平凡社 1991年11月)
  • ペギー 現代美術に恋した“気まぐれ令嬢"(ジャクリーン・ボグラド・ウェルド、文藝春秋 1991年1月)
  • ジャズ・クレオパトラ パリのジョゼフィン・ベーカー(フィリス・ローズ、平凡社 1991年)
  • ナンシー・キュナード 疾走する美神(アン・チザム、河出書房新社 1991年4月)
  • 豊かさの伝説 アメリカ・ビジネスにおける価値観の変遷(ピーター・バイダ、ダイヤモンド社 1992年6月)
  • マティスピカソ 芸術家の友情(フランソワーズ・ジロー、河出書房新社 1993年2月)
  • オキーフ あるアメリカ神話の誕生(ジェフリー・ホグリフ、平凡社(20世紀メモリアル)1994年)
  • 究極の迷路 1-3(デイヴィッド・アンソン・ラッソ、河出書房新社 1994年2月)
  • 危険な愛人マタハリ 今世紀最大の女スパイ(ジュリー・ホィールライト、平凡社 1994年)
  • オキーフ/スティーグリッツ 愛をめぐる闘争と和解(ベニータ・アイスラー、朝日新聞社 1994年12月)
  • 誰がリンドバーグの息子を殺したか(ルドヴィック・ケネディ、文藝春秋 1995年2月)
  • セックス、アート、アメリカンカルチャー(カミール・パーリア、河出書房新社 1995年9月)
  • わがままな猫と暮らす方法(スティーヴン・ベーカー、飛鳥新社 1995年4月)
  • ウォーホル日記(パット・ハケット編、中原佑介共訳、文藝春秋 1995年12月 のち文庫)
  • マレーネ・ディートリッヒ(スティーヴン・バック、福武書店 1995年1月)
  • カップルをめぐる13の物語 創造性とパートナーシップ(ホイットニー・チャドウィック、イザベル・ド・クールティヴロン/桃井緑美子共訳、平凡社(20世紀メモリアル)1996年)
  • 伝記ウォーホル パーティのあとの孤独(フレッド・ローレンス・ガイルズ、文藝春秋 1996年4月)
  • 愛の魔力 セックスに愛は必要か(メレディス・F.スモール、角川書店 1996年9月)
  • 永遠のバービー(M.G.ロード、実川元子共訳、キネマ旬報社 1996年6月)
  • ピーター・ビアードの冒険 優雅で野蛮な芸術家の半生(ジョン・バウワマスター、河出書房新社 1997年11月)
  • ダリ(メレディス・イスリントンースミス、文藝春秋 1998年9月)
  • ハリウッド・ガイズ スーパーインタビューブック(集英社インターナショナル編、集英社 1998年3月)
  • 地球に落ちてきた男 スティーヴン・スピルバーグ伝(ジョン・バクスター、角川書店 1998年1月)
  • ピカソと恋人ドラ パリ1940-50年代の肖像(ジェームズ・ロード、平凡社 1999年12月)
  • プラスチック・ビューテイー 美容整形の文化史(エリザベス・ハイケン、平凡社 1999年5月)
  • トルーマン・カポーティ(ジョージ・プリンプトン、新潮社 1999年12月 のち文庫)
  • 夜とともに西へ(ベリル・マーカム、角川文庫 1999年3月)
  • 世界のアイデア商品50の秘密 ひらめきでビジネス・チャンスをつかむ(アリン・フリーマン、ボブ・ゴールデン、河出書房新社 1999年5月)
  • 赤ん坊にも理由がある(メレディス・F.スモール、角川書店 2000年7月)
  • バービー・クロニクル(ヨナ・ゼルディス・マクダナー共編、実川元子藤田真利子共訳 早川書房 2000年11月)
  • キッチン・コンフィデンシャル(アンソニー・ボーデイン、新潮社 2001年10月 のち文庫)
  • あの人が誰だか知っていますか?(サラ・バートン、角川書店 2001年10月)
  • 性転換 53歳で女性になった大学教授(ディアドラ・N.マクロスキー、文春文庫 2001年5月)
  • 彼女が買うわけ、会社が伸びるわけ 女性を魅きつけるマーケティング8つの法則 (フェイス・ポップコーン、リース・マリゴールド、早川書房 2002年4月)
  • 伝記ガウディ(ヘイス・ファン・ヘンスベルヘン、文藝春秋 2003年2月)
  • ジョン・レノンレジェンド(ジェームズ・ヘンケ、河出書房新社 2003年9月)
  • 世界を食いつくせ! キッチン・コンフィデンシャル・ワールド・エディション(アンソニー・ボーデイン、新潮社 2003年11月)
  • 血とシャンパン ロバート・キャパ―その生涯と時代(アレックス・カーショウ、角川書店 2004年4月)
  • 世界を変えた地図 ウィリアム・スミスと地質学の誕生(サイモン・ウィンチェスター、早川書房 2004年)
  • やっぱり美味しいものが好き(ジェフリー・スタインガーテン、文春文庫 2005年3月)
  • ロンドン食の歴史物語 中世から現代までの英国料理(アネット・ホープ、白水社 2006年3月)
  • 貧困の終焉 2025年までに世界を変える(ジェフリー・サックス、鈴木主税共訳、早川書房 2006年4月)
  • 悪魔と博覧会(エリック・ラーソン、文藝春秋 2006年4月)
  • マリー・アントワネット(アントニア・フレイザー、ハヤカワ文庫 2006年)
  • 「最後の社会主義国」日本の苦闘(レナード・ショッパ 毎日新聞社 2007年3月)
  • フェルメールの受胎告知(シリ・ハストヴェット、白水社 2007年4月)
  • 第四の十字軍 コンスタンティノポリス略奪の真実(ジョナサン・フィリップス、中島由華共訳、中央公論新社 2007年4月)
  • バグダッド101日 早朝5時30分、米空軍の猛爆撃が始まった(アスネ・セイエルスタッド、イースト・プレス 2007年10月)
  • 図書館愛書家の楽園(アルベルト・マングェル、白水社 2008年10月)
  • 黒死病 ペストの中世史(ジョン・ケリー、中央公論新社 2008年11月)
  • レニ・リーフェンシュタールの嘘と真実(スティーヴン・バック、清流出版 2009年7月)
  • 地球全体を幸福にする経済学 過密化する世界とグローバル・ゴール(ジェフリー・サックス 早川書房 2009年)

脚注[編集]

  1. ^ 『キッチン・コンフィデンシャル』翻訳者紹介
  2. ^ 『キッチン・コンフィデンシャル』翻訳者紹介
  3. ^ 『キッチン・コンフィデンシャル』翻訳者紹介

外部リンク[編集]