トルーマン・カポーティ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
トルーマン・カポーティ
Truman Capote
Truman Capote by Jack Mitchell.jpg
カポーティ(ジャック・ミッチェル撮影)
誕生 Truman Streckfus Persons
(1924-09-30) 1924年9月30日
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ルイジアナ州ニューオーリンズ
死没 (1984-08-25) 1984年8月25日(59歳没)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
カリフォルニア州ロサンゼルス
職業 小説家
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
活動期間 1943年 - 1984年
ジャンル 南部ゴシック
代表作 『遠い声 遠い部屋』(1948年)
ティファニーで朝食を』(1958年)
冷血』(1966年)
デビュー作 『ミリアム』(1943年)
配偶者 ジャック・ダンフィー
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

トルーマン・ガルシア・カポーティ(Truman Garcia Capote, 1924年9月30日 - 1984年8月25日)は、アメリカ小説家

略歴[編集]

1924年 ルイジアナ州ニューオーリンズで、父アーチ・パーソンズ、母リリー・メイ・フォークの息子として生まれた。出生時の名前はトルーマン・ストレックファス・パーソンズ(Truman Streckfus Persons)。両親は彼が子供の時に離婚し、ルイジアナ、ミシシッピアラバマなどアメリカ合衆国南部の各地を遠縁の家に厄介になりながら転々として育った。その中には高齢者同士の孤立世帯や精神障害をもつ高齢者もあり、その当時の思い出は、『誕生日の子どもたち』という短編集に収められている。引越しの多い生活のため、ほとんど学校に行かず、独学同様に勉強した[注釈 1]。母親は後年ジョゼフ・ガルシア・カポーティと再婚し、その後自殺した。

アラバマ在住当時、後年の女流作家ハーパー・リーと幼なじみで、リーの代表作『アラバマ物語』中の登場人物ディルはカポーティがモデルである。ちなみにこの作品は、映画化されてよく知られたものになり、原作自体も学校の教材として取り上げられることも多い。

若き頃から作品を作っており、カポーティ自身は「その気になって書き出したのは、十一歳の頃だった」と言ったことがある。「その気に、というのは、他の子が学校から帰ってバイオリンやらピアノやらの練習をするようなもので、僕は帰ってから毎日三時間くらいは書いた。夢中になって書いた」[1]

17歳で学校をやめて『ザ・ニューヨーカー』誌のスタッフになり、二年ほどいた。仕事はマンガの整理と新聞の切り抜き。

19歳の時に掲載された最初の作品『ミリアム』でオー・ヘンリー賞を受賞し、「アンファン・テリブル(恐るべき子供)」と評される。

23歳で初めての長編『遠い声 遠い部屋』を出版し、若き天才作家として注目を浴びた。

1947年6月には、ジャン・コクトーが世話をやいてくれ、パレ・ロワイヤルにてシドニー=ガブリエル・コレットに面会している。

その後は中編『ティファニーで朝食を』が映画化されヒットするなど、1作ごとに華やかな話題をふりまき映画にも出演し、ノーマン・メイラーとともに作家としては珍しくゴシップ欄の常連になるなど、公私の両面で話題を振りまいた。

作家としての出発時点から、早くも華やかな交友関係ができあがった。作家、芸術家のほか、上流階級、国際社会の著名人と幅広い交友があり、その活発な社会生活によって何度となくメディアの注目を浴びた[1]

たっぷり時間をかけた調査を行ない、1966年に発表した『冷血』では、実際に起きた一家殺人事件を題材にすることにより、ノンフィクション・ノベルという新たなジャンルを切り開いた。「現実の出来事に小説的な技法を用いて」、一つの融合的な産物が新しく世に送り出されている。「潔癖なまでに事実そのもので」、なお芸術作品でもあるのだった。いかなるジャンルとして考えるにせよ、これが『ニューヨーカー』に連載されると、たちまちのうちに、従来のカポーティ作品を上回って、広汎な読者層を惹きつけることになった。『冷血』の完成を記念して<プラザ・ホテル>で開かれた仮面舞踏会は、大きく宣伝されて、1960年代を象徴する出来事になったとも言える。しばらくの間、カポーティはテレビや雑誌に登場する常連となって、映画『名探偵登場』(1976年)では俳優としての出演さえも行った[1]

晩年はアルコールと薬物依存に陥り、出演したテレビで不可解な発言を行うなど奇行が目立ち始め、執筆活動も『冷血』以降は長編を一度も書き上げることがなく、公私共に没落していく。最後の作品となった長編『叶えられた祈り』では、事実を交えたかたちで上流社会の頽廃を描いたことにより、彼が懇意にされていたセレブリティからの反発を招き、作品も未完に終わった。

1984年8月25日にカリフォルニア州ロサンゼルスの友人ジョーン・カーソンのマンションで心臓発作で急死し、カリフォルニア州ウェストウッドウェストウッド・メモリアルパーク墓地に埋葬された。

主な作品[編集]

24歳時のカポーティ(1948年、カール・ヴァン・ヴェクテン撮影)
カポーティ(1959年、ロジャー・ヒギンズ撮影)

その他[編集]

  • カポーティは1957年マーロン・ブランドが日本で映画を撮影していた時、ブランドに会見をするために来日を果たしている。その際に三島由紀夫歌舞伎座で偶然会い、翌日セシル・ビートンらとともに三島と一緒に食事をし[4]、同年の夏に三島が渡米した折にもニューヨークで再会している[5]。後にカポーティは三島について、「いつも愉快でとても心暖まる時を過ごせたものだ。ただ、三島は傷つきやすく、非常に直観力のある男で、軽はずみに論じられる人物じゃない」と語っている[6]
  • 1976年公開の映画『名探偵登場』に出演している。
  • 2005年、カポーティが犯罪ノンフィクション『冷血』を書き上げるまでを映画化した『カポーティ』が公開された。アカデミー賞5部門にノミネートされ、フィリップ・シーモア・ホフマンが主演男優賞を受賞した。
  • 伝記に、ジョージ・プリンプトン『トルーマン・カポーティ』(野中邦子訳、新潮社、のち新潮文庫 上下)がある。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ ニューヨークとコネチカットの学校に通ったりやめたりした。

出典[編集]

  1. ^ a b c ここから世界が始まる トルーマン・カポーティ初期短編集. 新潮社. (2019年2月25日) 
  2. ^ 初期作品集の訳書に『ここから世界が始まる トルーマン・カポーティ初期短篇集』(小川高義訳、新潮社、2019年)がある
  3. ^ 日本での研究に、稲沢秀夫『トルーマン・カポーティ研究』(南雲堂、増補版1985年)がある
  4. ^ 「昭和32年1月6日-7日」(三島42巻 2005, p. 205)
  5. ^ 「ドナルド・キーン宛ての書簡」(昭和31年12月31日付)の註解。ドナルド書簡 2001, p. 15
  6. ^ 「III 会話によるポートレート――夜の曲がり角、あるいはいかにしてシャム双生児はセックスするか」(カメレオン 1983, pp. 323–345)

参考文献[編集]

  • トルーマン・カポーティ 著、野坂昭如 訳 『カメレオンのための音楽』早川書房、1983年11月。ISBN 978-4152032355 
  • 佐藤秀明; 井上隆史; 山中剛史 編 『決定版 三島由紀夫全集42巻 年譜・書誌』新潮社、2005年8月。ISBN 978-4106425820 
  • 三島由紀夫 『三島由紀夫未発表書簡 ドナルド・キーン氏宛の97通』中央公論新社〈中公文庫〉、2001年3月。ISBN 978-4122038028  原版(中央公論社)は1998年5月

関連項目[編集]

外部リンク[編集]