鈴木主税

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

鈴木 主税(すずき ちから、1934年12月14日 - 2009年10月25日[1])は、日本の翻訳家。翻訳グループ「牧人舎」主宰。東京都生まれ。妻は翻訳家の野中邦子

至誠堂の編集者をつとめた後、翻訳家に。歴史経済学経営学、国際問題など人文・社会科学分野の翻訳を数多く手がけた。

ウィリアム・マンチェスター『栄光と夢』で翻訳出版文化賞を受賞。

著書[編集]

単著[編集]

編著[編集]

  • 『私の翻訳図書館』(河出書房新社, 1996年)

訳書[編集]

  • 動物の館 ジェラルド・ダレル 至誠堂 1968
  • リチャード・ライト『白人よ聞け』海保眞夫共訳 小川出版 1969
  • ビジネスの魔術師たち ハル・ヒグドン 産業能率短期大学出版部 1970
  • ニガーよ死ね! 政治的自伝 ラップ・ブラウン 合同出版 1970
  • 黒豹党 クリーヴァーは語る リー・ロックウッド 合同出版 1970
  • 虚業家マッコール キャメロン・ホーリィ 産業能率短期大学出版部 1970
  • 大いなる海へ シベリヤ鉄道建設史 ハーモン・タッパー フジ出版社 1971
  • 革命ノート ジュリアス・レスター 合同出版 1971
  • マーク・レーン『人間の崩壊―ベトナム米兵の証言』合同出版 1971年
  • ソルダッド・ブラザー 獄中からの手紙 ジョージ・ジャクソン 草思社 1972
  • ロックジャイアンツ P.リヴェリ,R.レヴィン編 吉岡晶子共訳 合同出版 1972
  • ティー・ブラウン『わが魂を聖地に埋めよ―アメリカ・インディアン闘争史』草思社 1972年
  • ドン・オーバードーファー『テト攻勢』草思社 1973年
  • ぼくらを撃つな! かつて若かった父へ J.アンソニー・ルーカス 草思社 1974
  • 鉄の棺 Uボート死闘の記録 H.ヴェルナー フジ出版社 1974
  • 繁栄の終り ポール・R&アン・H.エーリック 草思社 1975
  • 征服されざる人びと 酋長オセオーラとセミノール・インディアン ウィリアム&エレン・ハートレー 現代史出版会 1975
  • ウィリアム・マンチェスター『栄光と夢―アメリカ現代史』草思社 1976-78年
  • 日よけ帽とピンクのタイツ 西部を拓いた女たち ディー・ブラウン 草思社 1976
  • マゼラン 初めての世界周航 イアン・カメロン 草思社 1978.10
  • 空が墜ちてくる アーサー・ワインガーテン 集英社 1979.8
  • 聞け、あの淋しい汽笛の音を 大陸横断鉄道物語 ディー・ブラウン 草思社 1980.7
  • 映画がつくったアメリカ ロバート・スクラー 平凡社 1980 「アメリカ映画の文化史」講談社学術文庫
  • 友軍の砲撃 C.D.B.ブライアン 常盤新平共訳 草思社 1981
  • 最後の戦記 癌と闘った家族の1500日 コーネリアス&キャスリン・モーガン・ライアン 文藝春秋 1982.2
  • ヘンリー・フォンダ マイ・ライフ /ハワード・タイクマン 文藝春秋 1982.12 のち文庫
  • ウィリアム・マンチェスター『クルップの歴史―1587-1968』フジ出版社 1982年
  • ロバート・ペイン『レオナルド・ダ・ヴィンチ』草思社 1982年
  • 大リーグおもしろコラム ロジャー・エンジェル 集英社 1984.8
  • 大リーグおどろきコラム サインは今夜もホームラン ロジャー・エンジェル 集英社 1984.8
  • ミシア ベル・エポックのミューズと呼ばれた女 アーサー・ゴールド,ロバート・フィッツデイル 草思社 1985
  • J・トレーガー『世界史大年表―トピックス&エピソード』平凡社 1985年
  • マンチェスター『ダグラス・マッカーサー』高山圭共訳(河出書房新社 1985年)
  • デーヴィッド・マカルー『海と海をつなぐ道―パナマ運河建設史』フジ出版社 1986年
  • ジョーン・キネアー編『自画像の中の画家たち』川上邦子共訳(美術公論社 1986年)
  • ダイアグラム・グループ編『手仕事の道具百科』吉岡晶子共訳(草思社 1986年)
  • チップに組み込め! マイクロエレクトロニクス革命をもたらした男たち T.R.リード 石川渉共訳 草思社 1986
  • パリをとり返せ ラリー・コリンズ 集英社文庫 1986.4
  • A・スコット・バーグ『名編集者パーキンズ―作家の才能を引きだす』(草思社 1987年)
  • アーサー・フェリル『戦争の起源―石器時代からアレクサンドロスにいたる戦争の古代史』石原正毅共訳(河出書房新社 1988年)
  • ラルフ・ネイダー/ウィリアム・テイラー『ビッグ・ボーイズ―アメリカのトップ経済人は何を考えているか』文藝春秋 1988年
  • ダニエル・ブアスティン『大発見―未知に挑んだ人間の歴史』野中邦子共訳(集英社 1988年)
  • ジョン・ノーブル・ウィルフォード『地図を作った人びと―古代から現代にいたる地図製作の偉大な物語』河出書房新社 1988年
  • J・D・デヴィッドソン/W・リーズ・モッグ『世界経済が破綻する時―破局の中での投資法』草思社 1988
  • ポール・ケネディ大国の興亡―1500年から2000年までの経済の変遷と軍事闘争』草思社 1988年
  • 1990年大恐慌を生き残る 財産と投資をいかに守るか ラビ・バトラ 光文社 1989.3
  • ダニエル・バースタイン『Yen!―円がドルを支配する日』草思社 1989年
  • レナード・バーンスタイン ジョーン・パイザー 文藝春秋 1990.7
  • ビル・マッキベン『自然の終焉―環境破壊の現在と近未来』河出書房新社 1990年
  • マリアン・ケラー『GM帝国の崩壊』草思社 1990年
  • ピーター・コリヤー/デヴィッド・ホロウィッツ『ケネディ家の人びと』草思社 1990年
  • ビル・エモット『日はまた沈む―ジャパン・パワーの限界』草思社 1990年
  • マンチェスターほか『In our time―写真集マグナムの40年』(文藝春秋 1990年)
  • シュワルツコフ正伝 クラウディオ・ガッティ,ロジャー・コーエン ダイヤモンド社 1991.8
  • 大発見1-5 ブアスティン 野中邦子共訳 集英社文庫 1991
  • ロス・ペロー GM帝国に立ち向かった男 ドロン・レヴィン ダイヤモンド社 1991.1
  • サダムの戦争 ジョン・ブロック,ハーヴェイ・モリス 草思社 1991.3
  • ダニエル・バースタイン『ユーロクエイク―「ヨーロッパ合州国」の誕生から新しい世界秩序へ』三田出版会 1991年
  • 大国の復活 「偉大なアメリカ」のための条件と日本 ジョン・チャンセラー 角川書店 1991.5
  • 湾岸戦争 トマス・B.アレンほか 角川書店 1991.9
  • 来るべき黄金時代 日本復活への条件 ビル・エモット 草思社 1992.9
  • ウォール街から来た男 デビッド・A.バイス,スティーブ・コル 日本経済新聞社 1992.1
  • 太平洋の悪夢 日本に再び原爆が投下される日 サイモン・ウィンチェスター 飛鳥新社 1992.8
  • 真珠湾最後の真実 ヘンリー・クラウゼン,ブルース・リー 飛鳥新社 1992.12
  • 貿易は国を滅ぼす ラビ・バトラ 光文社 1993.12
  • ヴェルナー・フィルマー/ヘルベリト・シュヴァン『ヘルムート・コール―伝記と証言』ダイヤモンド社 1993年
  • ポール・ケネディ『21世紀の難問に備えて』草思社 1993年
  • バースタイン『日米株式会社―対立の時代から共生の時代へ』三田出版会 1993年
  • ニール・ボールドウィン『マン・レイ』草思社 1993年
  • 拝復・石原慎太郎殿 レオン・アンダーソン 飛鳥新社 1993.4
  • ズビグニュー・ブレジンスキー『アウト・オブ・コントロール―世界は混乱へ向かう!』草思社 1994
  • マリアン・ケラー『激突―トヨタ、GM、VWの熾烈な闘い』草思社 1994年
  • アンドレア・ガボール『デミングで甦ったアメリカ企業』草思社 1994年
  • トマス・パワーズ『なぜ、ナチスは原爆製造に失敗したか―連合国が最も恐れた男・天才ハイゼンベルクの闘い』福武書店 1994年/文庫 1995年
  • 国境なき医師団は見た 国際紛争の内実 国境なき医師団編 日本経済新聞社 1994.10
  • バルタサル・グラシアンの成功の哲学 人生を磨く永遠の知恵 クリストファー・モーラー編 ダイヤモンド社 1994.5
  • ニコラス・ダウィドフ『「大リーガー」はスパイだった―モー・バーグの謎の生涯』平凡社 1995
  • ステファン・メイン/ポール・アンドルー『帝王の誕生―マイクロソフト最高経営責任者の軌跡』三田出版会 1995年/「帝王ビル・ゲイツの誕生」中公文庫
  • ドナルド・キャメロン・ワット『第二次世界大戦はこうして始まった』河出書房新社 1995年
  • 『マイ・アメリカン・ジャーニー―コリン・パウエル自伝』角川書店 1995年/文庫 2001年
  • 人間らしい死にかた 人生の最終章を考える シャーウィン・B.ヌーランド 河出書房新社 1995 のち文庫
  • バースタイン/デヴィット・クライン『ディジタル・ウォーズ』三田出版会 1996年
  • ビル・エモット『官僚の大罪』草思社 1996年
  • フランシス・マキナニー/ショーン・ホワイト『賢明な企業―環境サバイバルで発展した10社』(NTT出版 1996年)
  • ジョナサン・マントル『カー・ウォーズ―自動車産業をめぐる勝者と敗者の物語』三田出版会 1996年
  • お金とひとの物語 タッド・クロフォード 時事通信社 1997.7
  • ベンジャミン・バーバー『ジハード対マックワールド―市民社会の夢は終わったのか』三田出版会 1997
  • デイヴィッド・クォメン『ドードーの歌―美しい世界の島々からの警鐘』河出書房新社 1997年
  • ジョン・ラルストン・ソウル『官僚国家の崩壊』ベネッセコーポレーション 1997年
  • アリ王国の愉快な冒険 エリック・ホイト 角川春樹事務所 1997.9
  • アインシュタイン 天才が歩んだ愛すべき人生 デニス・ブライアン 三田出版会 1998.4
  • 勇気 獄中からの手紙 魏京生 集英社 1998.2
  • シャーウィン・B・ヌーランド『身体の知恵』河出書房新社 1998年
  • デス・ゾーン8848M エヴェレスト大量遭難の真実 アナトリ・ブクレーエフ,G.ウェストン・デウォルト 角川書店 1998.8
  • ジョージ・C・コーン『世界戦争事典』河出書房新社 1998年
  • アイヴァン・ホール『知の鎖国―外国人を排除する日本の知識人産業』毎日新聞社 1998年
  • サミュエル・P・ハンティントン文明の衝突』集英社 1998 ISBN 4087732924
  • ジェームズ・マン『米中奔流』共同通信社 1999年
  • セックスと嘘と大統領 デヴィッド・マラニス 人類文化社・桜桃書房 1999.3
  • 権力に翻弄されないための48の法則 ロバート・グリーン,ユースト・エルファーズ 角川書店 1999 のち文庫
  • カレル・ヴァン・ウォルフレン『怒れ!日本の中流階級』毎日新聞社 1999年
  • ジョーダン デイヴィッド・ハルバースタム 集英社 1999.6
  • シン・レッド・ライン ジェームズ・ジョーンズ 角川文庫 1999.2
  • 九つの決断 いま求められている「リーダーシップ」とは マイケル・ユシーム 光文社 1999.2
  • ジェレミー・リフキン『バイテク・センチュリー―遺伝子が人類、そして世界を改造する』集英社 1999
  • サイモン・ウィンチェスター『博士と狂人―世界最高の辞書OEDの誕生秘話』早川書房 1999 のち文庫
  • ウィリアム・バー編『キッシンジャー「最高機密」会話録』浅岡政子共訳(毎日新聞社 1999年)
  • 野生の心、野生への旅 デイヴィッド・クォメン 藤田真利子共訳 河出書房新社 1999.4
  • ハンティントン『文明の衝突と21世紀の日本』集英社新書 2000年
  • チャルマーズ・ジョンソン『アメリカ帝国への報復』集英社 2000年
  • フランシス・フクヤマ『「大崩壊」の時代―人間の本質と社会秩序の再構築』早川書房 2000年
  • リチャード・ローズクランス『バーチャル国家の時代―21世紀における富とパワー』日本経済新聞社 2000
  • 人間を幸福にしない日本というシステム ウォルフレン 新潮OH!文庫 2000.10
  • 海の歌 人と魚の物語 カール・サフィナ 共同通信社 2001.3
  • ロンドン エドワード・ラザファード 桃井緑美子共訳 集英社 2001.8
  • 父さんのからだを返して 父親を骨格標本にされたエスキモーの少年 ケン・ハーパー 小田切勝子共訳 早川書房 2001.8
  • ゲイリー・ハメル『リーディング・ザ・レボリューション』福嶋俊造共訳(日本経済新聞社 2001年)
  • シベリアの旅 コリン・サブロン 小田切勝子共訳 共同通信社 2001.11
  • パコ・アンダーヒル『なぜこの店で買ってしまうのか―ショッピングの科学』早川書房 2001年
  • ロバート・ソーベル『大企業の絶滅―経営責任者たちの敗北の歴史』ピアソン・エデュケーション 2001
  • ロバート・ローゼン『グローバル・リテラシー―世界のCEO75人が語る新時代に勝ち残る発想』光文社 2001年
  • ピーター・バーンスタイン『ゴールド―金と人間の文明史』日本経済新聞社 2001 のち文庫
  • ジェフリー・ガーテン『世界企業のカリスマたち―CEOの未来戦略』(日本経済新聞社[日経ビジネス人文庫 2001年)
  • ヨセフ・ボダンスキー『ビンラディン―アメリカに宣戦布告した男』毎日新聞社 2001年
  • ハーヴェイ・セイフター/ピーター・エコノミー『オルフェウス・プロセス―指揮者のいないオーケストラに学ぶマルチ・リーダーシップ・マネジメント』角川書店 2002年
  • J・ランディ・タラボレッリ『ジャッキー、エセル、ジョーン―ケネディ家に嫁いだ女たち』集英社 2002
  • ワイルド・ブルー スティーヴン E.アンブローズ アスペクト 2002.6
  • マルク・ド・ヴィリエ『ウォーター―世界水戦争』佐々木ナンシー,秀岡尚子共訳(共同通信社 2002年)
  • ジョセフ・E・スティグリッツ『世界を不幸にしたグローバリズムの正体』徳間書店 2002年
  • 毒味役 ピーター・エルブリング 早川書房 2002.8
  • トム・ケリー/ジョナサン・リットマン『発想する会社!―世界最高のデザイン・ファームIDEOに学ぶイノベーションの技法』秀岡尚子共訳(早川書房 2002年)
  • ミイラはなぜ魅力的か 最前線の研究者たちが明かす人間の本質 ヘザー・プリングル 東郷えりか共訳 早川書房 2002.5
  • ビジネス・シンク 仕事で成功する人の8つのルール デイヴ・マーカム,スティーヴ・スミス,マハン・カルサー 日本経済新聞社 2002 のち文庫
  • モード・バーロウ/トニー・クラーク『「水」戦争の世紀』集英社新書 2003年
  • クライド・プレストウィッツ『ならずもの国家アメリカ』村上博美監訳(講談社 2003年)
  • スティグリッツ『人間が幸福になる経済とは何か――世界が90年代の失敗から学んだこと』徳間書店 2003
  • ノーム・チョムスキー『メディア・コントロール―正義なき民主主義と国際社会』集英社新書 2003
  • デーヴィド・ハルバースタム『ファイアハウス』集英社 2003年
  • ビル・エモット『20世紀の教訓から21世紀が見えてくる』草思社 2003年
  • アラン・ブロック『ヒトラーとスターリン―対比列伝』草思社 2003年
  • 難破船バタヴィア号の惨劇 マイク・ダッシュ アスペクト 2003.12
  • リン・シャープ・ペイン『バリューシフト―企業倫理の新時代』塩原通緒共訳(毎日新聞社 2004年)
  • テロリスト・ハンター 中島由華共訳 アスペクト 2004.5
  • ハンティントン『分断されるアメリカ』集英社 2004年
  • ベンジャミン・バーバー『予防戦争という論理―アメリカはなぜテロとの戦いで苦戦するのか』浅岡政子共訳(阪急コミュニケーションズ 2004年)
  • アミール・D・アクゼル『羅針盤の謎―世界を変えた偉大な発明とその壮大な歴史』角川書店 2004年
  • なぜ人はショッピングモールが大好きなのか ショッピングの科学ふたたび パコ・アンダーヒル 早川書房 2004.5
  • ケアリー/マリー・キャロライン・フォン・ヴァイクス『CEOアカデミー―最高の経営者たちが教える企業経営の極意』桃井緑美子共訳(日本経済新聞社 2004年)
  • チョムスキー『覇権か、生存か―アメリカの世界戦略と人類の未来』集英社新書 2004年
  • アレクサンドロス大王 その戦略と戦術 パーサ・ボース 東郷えりか共訳、集英社、2004.1
  • ジャグディッシュ・バグワティ『グローバリゼーションを擁護する』桃井緑美子共訳(日本経済新聞社 2005)
  • ノルマンディー上陸作戦 チャールズ・メッセンジャー 浅岡政子共訳 河出書房新社 2005.5
  • 貧困の終焉 2025年までに世界を変える ジェフリー・サックス 野中邦子共訳 早川書房 2006.4
  • イノベーションの達人! 発想する会社をつくる10の人材 トム・ケリー,ジョナサン・リットマン 早川書房 2006.6
  • オサマ・ビン・ラディン発言 ブルース・ローレンス編 中島由華共訳 河出書房新社 2006.8
  • 大空襲と原爆は本当に必要だったのか A.C.グレイリング 浅岡政子共訳 河出書房新社 2007.2
  • ベルリンの壁の物語 クリストファー・ヒルトン 原書房 2007.4
  • なぜ真のリーダーがいないのか 伝説の経営者が語るトップの条件 リー・アイアコッカ ダイヤモンド社 2007
  • 破綻するアメリカ壊れゆく世界 ノーム・チョムスキー 浅岡政子共訳 集英社 2008.12

脚注[編集]

  1. ^ 「大国の興亡」「文明の衝突」翻訳、鈴木主税さん死去 asahi.com 2009年10月28日閲覧