クァイティオ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

クァイティオもしくはクイティアオ(kuai tiao, ก๋วยเตี๋ยว)は、タイ料理の一種である[要出典]から作られたを意味する言葉であるが、同時にそれを用いた麺料理そのものも意味する。名称は潮州語閩南語)の「粿條」がなまったものである。

概要[編集]

クァイティオ・ナーム(センレッ)

タイにおいて、クァイティオは屋台食堂デパートフードコートなどで広く提供されている。日本ではタイ料理店の一部で食べることができる。

もともとは潮州系華人がもたらした潮州料理であり、漢字では粿條と表記する。現在では民族的な出自には関係なく、タイ国内で広く一般に食されている。

麺はその幅により幅の太いセンヤイเส้นใหญ่)、細いセンレッเส้นเล็ก)、極細のセンミーเส้นหมี่)に分けられる。

タイ国内においては、センヤイとセンレッは通常生麺で、センミーは乾麺として流通している[1]が、国外においては基本的にすべて乾麺として流通している。

代表的な調理法としては、スープの有無により汁麺のクァイティオ・ナームก๋วยเตี๋ยวน้ำ)とスープ無しのまぜ麺であるクァイティオ・ヘーンก๋วยเตี๋ยวแห้ง)に分けられる。どちらも屋台食堂デパートフードコートなどで広く提供されている。一食の量は日本ラーメン等と比較して少なめで、軽めの食事や間食にちょうどよい量である。

クァイティオ・センレッはパッタイ、クァイティオ・センヤイはラオス風のカオソーイにも用いられる。

食事の作法など[編集]

クァイティオ・ナームのスープ鶏がらなどで取っただしに薄く塩味が付いたもので、タイ人はさらにテーブルの上に用意されたナンプラー砂糖、粉唐辛子、唐辛子の酢漬けを使い、自分で味を調節して食べるのが普通である。食べる人は食べたい量を事前に注文し、給仕する側はそれを一度に提供する。食べる人は食べ終わった器をスープを一つの器にまとめながら重ね上げつつ食べる[2]

タイ料理は一般にスプーンフォークを使って食事をとるが、このクァイティオ・ナームおよび小麦粉麺のバミー・ナームは、を使って食べる例外がある。ただし、箸を使うのが苦手なタイ人はスプーンとフォークを使って食べている。

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ David Thompson (2002). Thai Food. Ten Speed Press. p. 163-64. ISBN 1-58008-462-1. 
  2. ^ 妄想ニホン料理 2015年5月22日放送分

関連項目[編集]