スンデ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
スンデ
スンデ
各種表記
ハングル 순대
発音 スンデ
ローマ字 sundae
テンプレートを表示

スンデ순대)は朝鮮半島の伝統的な食品である。腸詰の一種である。

概要[編集]

血液餅米、刻んだ香味野菜唐麺(デンプンで作った麺。チャプチェなどに使われる)などを練り上げた物を豚のに詰め込み、蒸して作った腸詰である。切ったうえで調味塩(塩と胡椒)を添え、軽食として食すのが一般的。炒めもの、和え物、スープ、鍋物に入れるなどして一品料理として、専門的に扱う店もある。スンデは朝鮮半島北部の名物料理で、平安道の「アバイスンデ」、黄海道開城スンデ、忠清道の並川スンデなどが有名。

「詰める容器」として、一般的には豚の腸を使用するが、地域によって違うものを使用する場合もある。かつては、の腸も使用していた。咸鏡道では凍太(凍らせたスケトウダラ)を、江原道ではイカを使用する。江原道のオジンオスンデ(イカのスンデ)はイカの胴の中に牛挽肉、もやし、香味野菜、唐辛子、豆腐、つなぎに卵などを入れて蒸して作る。一般的なスンデとは違い、チョコチュジャン(酢と砂糖・水飴などでのばしたコチュジャン。酸味がある。主に海産物や刺身の醤油代わり)をまぶして食べる。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]