そばめし

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
そばめし

そばめしは、そば焼き神戸の方言ソース焼きそばの意)を細かく刻み、米飯と共に鉄板で炒めた料理。兵庫県神戸市発祥のB級グルメである。

概要[編集]

神戸の下町である長田区お好み焼き店で、近隣の町工場で働く工員が、弁当の冷やご飯をそばと一緒に炒めてくれと頼んだことが始まりと言われている[1][2]。持ち込みの白飯で焼きめしを作るというサービスは従前から行われていたため、それがそば焼きと一体化して誕生したメニューである。

北海道深川市深川そばめしとは別物である。

作り方[編集]

基本的な作り方はそば焼きや焼きめしと同様である。熱した鉄板上で肉やキャベツを炒めた後、茹で中華麺と冷やご飯を入れ更に炒める。麺が細かくなるよう切り刻みながら混ぜ合わせ、とんかつソースやウスターソースなどで調味する[3]青のり粉や魚粉どろソースなどは各自が好みでかける。

商品展開[編集]

昭和30年代以前から一部地域の限られた店では提供されていたが、冷やご飯を持ち込む常連客限定の裏メニューであり、一般にはほとんど知られていなかった。「そばめし」という名称で最初に正式にメニューに載せたのは新長田の「青森」という店で、1985年ごろのことである。 その後大手食品メーカーから冷凍食品が発売されたことで全国的に有名になった。ニチロ1990年8月に大阪周辺地域で限定発売したが、好評だったため、2000年3月に全国で発売。テレビ番組で紹介されて生産が追いつかず、2度にわたって一時販売を休止したほどの人気であった[4]。現在は家庭用にとどまらず、業務用の冷凍食品もある[5]。また、真空パックの中華麺と粉末ソースをセットしたそばめしの素も販売されている。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ “長田のこなもん調査、「そばめし」のルーツたどる”. 兵庫おでかけプラス 神戸新聞NEXT. (2018年12月8日). https://www.kobe-np.co.jp/news/odekake-plus/news/detail.shtml?news/odekake-plus/news/gourmet/201812/11885662 
  2. ^ “B級グルメの帝王「そばめし」の誕生秘話”. ウォーカープラス. (2012年7月6日). オリジナルの2020年4月5日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20200405113611/https://www.walkerplus.com/article/12526/ 
  3. ^ ソースメーカー秘伝のレシピ”. オリバーソース. 2019年12月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年4月9日閲覧。}
  4. ^ “発売20周年の「そばめし」 2000年代はそばめしフィーバーで始まりました”. 冷凍食品エフエフプレス. (2019年7月7日). オリジナルの2020年4月5日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20200405114622/https://frozenfoodpress.com/2019/07/07/sobameshi-20th-maruhanichiro/ 
  5. ^ 神戸長田 そばめし 業務用商品”. エム・シーシー食品株式会社. 2020年4月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年4月9日閲覧。

外部リンク[編集]