魚粉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

魚粉(ぎょふん)とは、魚を乾燥して砕き粉状にしたものである。フィッシュミール魚粕とも呼ばれる。主に飼料有機肥料として使用されるが、食用として料理の際に用いることもある。

概要[編集]

魚を窯で煮熟したあとに圧搾機で油と水を分離し、乾燥させ粉末にする。フィッシュミールとも呼ばれ、原料の肉質によりホワイトミール(白身魚の魚粉)とブラウンミール(赤身魚の魚粉)に分けられる。タンパク質など栄養分が豊富である。

以前は魚の加工時に出るアラなどの廃棄物や、売れ残りの魚などを原料としていたが、現在は水揚げされた魚のうち傷付いているものやサイズの小さいもの、市場で余ったものなどを分別し、管理された原料・環境で製造されている。

魚粉製造時に水と分離して出た油を魚油という。

世界的にはイワシアンチョビ)などが対象となることが多い。日本では、サンマニシンを用いることがあった。

外来魚駆除の取り組みとして水揚げされたアメリカナマズブルーギルブラックバスハクレンなどの外来魚を用い、管理された原料・環境で製造され地産地消品として有効利用されている。

用途[編集]

日本では主として養魚飼料・畜産(養鶏養豚など)飼料として利用されており、世界全体でも畜産用が圧倒的に多くなっている。

肥料としての歴史は古く、江戸時代の日本では金肥(購入して使う肥料)として流通していた歴史もある。飼料としては、養鶏飼料から始まり魚類の養殖飼料としても利用されるようになった。食用には、カルシウムタンパク質を豊富に含むことが着目され、ダシをはじめとした食材としても利用されている。

牛海綿状脳症(BSE)問題がメディアを賑わして以降、家畜のタンパク質源として肉骨粉が敬遠される代わりに魚粉の需要が増え、価格が高騰する傾向にある[1]

主なメーカー[編集]

脚注[編集]

  1. ^ アユ養殖、低コスト飼料開発へ 魚粉高騰で業者負担増 紀伊民報 (2012年09月13日更新)

関連項目[編集]