キムパプ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
キムパプ
Vegetable gimbap.jpg
各種表記
ハングル 김밥
漢字 -
発音 標準:キンバ(キ
通用:キンパ(キ
ローマ字 gimbap(2000年式
kimbap(MR式
テンプレートを表示
キムパプ

キムパプ(gimbap、김밥)は、韓国の海苔巻きのこと。キムは「海苔」、パプは「ご飯」の意。韓国語の発音をカタカナ表記すると「キンバ (kimbɐp̚)」または「キンパ (kimp͈ɐp̚)」[1]に近い。

起源[編集]

日韓併合期に入ってきた日本海苔巻きが、韓国式にアレンジされた料理であると『韓国伝統文化事典』に明確に記述されている。市販の携行食やファーストフード的なものとして韓国では1960-70年代から流行し始めた[2]

長らく日本語式に韓国でも「ノリマキ」と呼ばれていたが、1948年に韓国政府の国語醇化政策により「김밥(キムパプ)」と呼ぶよう指定された。しかし1990年代に至るも「ノリマキ」と呼ばれており、「韓国語の国語純化」として、国立国語院が『日本語式生活用語純化集(1995年発行)』の中で「生活用語として韓国語の中に残っている日本語的語彙」のひとつとして「ノリマキ」を挙げ、これを「キムパプ」と置き換えて表記するよう推進し、それ以降「キムパプ」と言う呼び名が定着した[3][4]

(なお、韓国人が度々主張する「三国時代 (朝鮮半島)の「쌈(サム)」とは、味付け調理された肉や具材を、상추(サンチュ)などのような葉物野菜で包んで食べる料理で、キムパブとは全く関連はなく、海苔や、炊いたジャポニカ米を一般市民が食べる習慣も日韓併合期以降に、朝鮮で広まったものである)

製法・食べ方[編集]

あぶった板海苔の上に米飯を均一に薄く敷き、その上に細長い形に整えられた具材を載せる。米飯は、やごま油で味を整えるのが一般的である。具材は、複数の材料を用いることがほとんどである。一般的に使用される具材には、ニンジンホウレンソウキムチエゴマの葉、たくあん牛肉ハムツナカニかまぼこチーズ卵焼きなどがある。この他、具なしのキムパプ(後述の忠武キムパプ)や刻んだニンニクチャンアチ(醤油漬け)のみを米飯に混ぜてから海苔で巻いたキムパプもある。最後に、米飯と海苔で具材を巻き込み、海苔の表面にごま油を塗ったり白胡麻を振ったりして風味付けをする。

できあがったものを輪切りにし、何もつけずにそのまま食するのが一般的であるが、焼いて食べたり、卵液をつけたものを焼いて食べることもある。トッポッキの汁を付けて食べる人も多い[5]キムチやたくあんなどの漬物およびスープが共に供される場合が多い。

巻き簾を使用する調理法などは、日本の海苔巻きと同じであるが[6]、キムパプには酢飯が使用されず、ごま油が加えられていることが一般的であり、また中に入る具材が日本の海苔巻きに比べて多く、生魚も使用されない等の違いがある[7]

種類[編集]

具材の種類や料理形態には様々な種類があり、地方や店によるバリエーションも豊富である。1990年半ばまでは高級化路線が人気を集めたが、IMF経済危機後から昔スタイルの簡素なものが流行し始めた[2]。以下、代表的な種類を紹介する。

一般的なキムパプ
具材を米飯と海苔で円柱状に巻いたもの。中に入る具材により様々な種類と名称がある。一般的なものとしては、「モドゥムキムパプ(普通のキムパプ)」、「チャムチキムパプ(ツナが多めに入っている)」、「野菜キムパプ」「チーズキムパプ」「キムチキムパプ」などがある。
忠武(チュンム)キムパプ(충무김밥
具の入っていない一口サイズの握り飯に海苔を巻いた(あるいは散らした)ものを、イカの甘辛い和え物やカクトゥギと共に食する。慶尚南道の忠武(現在の統営市)が発祥の地とされていることから、この名前がついた。
コマキムパプ
一口で食べられる、小さなサイズのキムパプ。コマ(꼬마)は、韓国語で子供の意。
ヌードキムパプ
海苔に米飯を敷き、米飯を外側にして具材を巻いたキムパプ。海苔と米飯を裏巻きにする方法はカリフォルニアロールと同じである。韓国で近年登場した比較的新しい種類。
三角(サ)キムパプ(삼각김밥
具材の入った三角形の握り飯に海苔を巻いたもの。日本の三角おむすびである。詳細は、おにぎり(各国における現状)を参照。アボカド入りのキムパブなどもある[8]

流通・消費形態[編集]

台北のキムパプバー

主食にも間食にもなる手軽なメニューとして、韓国内では広く流通し、幅広い層に消費されている。家庭では食卓に乗るメニューとしてより、遠足やハイキングなどの野外活動の弁当のメニューとして作られることが多い。屋台コンビニエンスストア、高速道路のサービスエリア、登山客向け施設などでもキムパプは販売されている。駅や列車内では、駅弁の定番メニューとなっている。

また、韓国にはキムパプの専門チェーン店が存在する。1990年半ばにソウルの大学路で出店されたものが最初とされる。以降、1000ウォンの低価格で販売する店舗が現れ、競争が激化した。現在、50あまりのチェーン店が展開されており、市場規模は6000億ウォンとされる[9]。大手のチェーン店には、キムガネ(김가네)、鐘路キムパプ(종로김밥)、キムパプ天国김밥천국)、キムパプナラ(김밥나라)などがある。

韓国以外の国や地域では、韓国料理として限定的に流通している。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 김밥 - forvo
  2. ^ a b (朝鮮語) 農水産物流通公社 (2010年8月26日). “김밥”. 大韓民国文化体育観光部. 2013年4月6日閲覧。
  3. ^ 財団法人自治体国際化協会「国語純化運動
  4. ^ 2009年3月17日 PRESSian1995年発行「日本語式生活用語純化集」紹介記事(朝鮮語)
  5. ^ ソウルナビ
  6. ^ 西日本新聞 韓流 - わかなの韓式クッキング: 「日本人以上に人気の海苔巻き」(2005年5月13日)
  7. ^ 2009年6月8日中央日報 ウナギの尻尾にこだわるアナタは韓国人
  8. ^ How to open a samgak kimbap - YouTube
  9. ^ 韓国・小商工人振興会「김밥2007」

関連項目[編集]