バインミー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
バインミー
Bánh mì.jpg
各種表記
クォック・グー bánh mì, bánh mỳ
漢字・チュノム 餅麵
北部発音: バインミー
テンプレートを表示

バインミーベトナム語: bánh mì, bánh mỳ)は、ベトナムサンドイッチである。

長さ20センチメートルほどの柔らかいフランスパン(バゲット)に切り込みを入れ、バターパテを塗り、野菜、ハーブ類、肉などをはさみ、ヌックマム(魚醤)を振り掛ける。携帯性のよさから屋台だけでなく、バスターミナルなどでは駅弁がわりとして新聞紙に包んでも売られる庶民のファーストフード。同じくフランスの植民地支配を受けたカンボジアラオスでも一般化している。

名称[編集]

バインミーの本来の意味はパンである。

ベトナム語での一般的な名称は、bánh mì thịt(バイン・ミー・ティット:"thịt"は「肉」の意味)や bánh mì pa tê(バイン・ミー・パーテー:"pa tê"はパテの意) だが、省略して単に「バインミー」と呼ぶことが多い。ベトナム語でバインミーはパンの総称であるが、様々な種類のパンを楽しむ文化がいまだ途上のため、パンといえばフランスパンを指す風潮が根強い(厳密に「フランスパン」と言いたい場合は bánh mì Pháp や bánh mì baguette と言う)。

ラオス語では「カオ・チー・パーテ」[1]カンボジアクメール語では「ノムパン・パッテェイ」[2]といい、共に「パテのパン」を意味する。

ベトナムでは、鶏肉が入ったものであれば、bánh mì gà、目玉焼きを挟めば bánh mì ốp la となるなど名前がさまざまに変わる。若者や観光客向けの清潔な店では bánh mì SaiGon(サイゴン風バインミー)など、抽象的な商品名であることも多い。

歴史[編集]

19世紀末のフランスによる植民地支配後、パン食の文化がベトナム全土に広がった。ベトナムのフランスパンには米粉が入っており、また非常に空気を多く含んだ軽い食感であるのが特徴である。

レシピと調理法[編集]

調理中のバインミー

バインミーに挟む食材は、それぞれの屋台や店によって、またメニューによって大きく異なる。パテはレバーペーストの他、や魚のペーストを用いる例もある。野菜は、紅白なますラディッシュキュウリ玉葱、ハーブは香草などが一般的である。肉についても、豚耳ベーコンサラミ、甘みの強い中華ハム肉でんぶなど、店ごとに工夫をしている。なおパンは調理の直前に炭火で炙る事も多く、作り置きはせず、注文を受けてから客の好みを聞きながら作るのが原則である。

出典[編集]

  1. ^ 地球の歩き方編集部. 地球の歩き方 D23 ラオス '13-'14. ダイアモンド社/ダイアモンド・ビッグ社. p. 32. ISBN 978-4-478-04354-7. 
  2. ^ 第42回 親子をつなぐカンボジア版お好み焼き|ナショナルジオグラフィック日本語版サイト”. 2015年6月30日閲覧。