チェー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
チェー
Vietblackeyedpeas.jpg
ササゲから作られたchè đậu trắngの市販品
種類 スープまたはプディング
フルコース デザート
発祥地 ベトナム
テンプレートを表示
chè đậu trắng
chè bánh xếp
chè thưng

チェー(Chè)は、ベトナムの伝統的な甘味飲料、デザートプディングである。

概要[編集]

リョクトウササゲキドニービーンタピオカゼリーリュウガンマンゴードリアンライチパラミツ等の果物等から様々な種類のチェーが作られる。アロエベラ蓮の実ゴマサトウヤシタロイモキャッサバパンダンの葉の抽出物が加えられることもある。チェー・チョイ・ヌォックには、ダンプリングが加えられた。チェーはしばしば、豆、塊茎もち米を水で煮て砂糖で甘味を付けて作られる。ベトナム南部では、ココナッツクリームが飾られることが多い。

スープ状やプディング状、また温かいものや冷たいもの等、幅広い様々な料理にチェーの名称が使われる。チェーという言葉の後に、それぞれの料理を表す語が付けられる。

チェーは家庭で作られるが、プラスチックのカップに入ったチェーはベトナムの雑貨店で良く売られている。

ベトナム北部では、「チェー」という言葉はチャノキを表す言葉としても用いられる。

字喃では、「𥻹(米へんに茶、Unicode:25EF9)」と表記される。この字は「糖」のへんと、音を表す「茶」を合わせたものである。[1]

参考文献[編集]

  1. ^ 竹内与之助『字喃字典』 (大学書林, 1988)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]