かき揚げ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
かき揚げ
Kakiage.jpg
かき揚げ
かき揚げの概要
テンプレートを表示

かき揚げ(かきあげ、掻き揚げ)とは魚介類野菜などを小さく切ったものに小麦粉を用いたでまとめ、食用油揚げた日本料理であり天ぷらの一種である。

概要[編集]

かき揚げそば(天ぷら蕎麦
かき揚げうどん
かき揚げ丼(かき揚げ天丼

他の天ぷらと同様に「天つゆ」や「」で味付けをして食べたり、種として丼飯の上に味付けをして載せて食べたり(かき揚げ丼・天丼)、蕎麦・うどんに載せたり、ざるそばに添えるなどの食べ方がある。

東京において一般的に「かき揚げ」と言えば芝海老、小柱(青柳貝柱)、ミツバごま油で揚げたものを指す事が多いが、地方独自のかき揚げも多く、現在は具材の組み合わせは様々であり種類が多い。春菊紅しょうがシラウオサクラエビなどを単独でまとめて揚げることもある。

名前は、かき混ぜて揚げることから[1]

用具[編集]

形を整えたかき揚げを効率的に多数作るための「かき揚げリング」という、かき揚げに特化した調理器具が業務用に市販されている。家庭用には、細ぎりした素材のコロモつけに玉じゃくし等を使うこともある。

歴史[編集]

守貞漫稿には「蕎麦屋の天ぷら」は「芝海老」だったと書かれている。最初の「天ぷら蕎麦」は「芝海老のかき揚げ蕎麦」と考えられる[2]

明治維新後、天ぷら屋常連客の徳川慶喜鍋島皿に大きいかき揚げを載せて食べていた[3]

使用する材料[編集]

保存[編集]

冷凍保存が可能[4]

脚注[編集]

  1. ^ 原成男『酒と涙と男と天ぷら 横濱好日・天吉日和』神奈川新聞社, 2005年, p.160
  2. ^ 手打ちそば喜心庵『蕎麦の迷宮』「てんぷらそば」
  3. ^ 亭主の寸話38『てんぷら店の移り変わり』
  4. ^ 岩崎啓子『決定版 190円以下の節約おべんとう』PHP研究所, 2010年, p.41

関連項目[編集]