星里もちる

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

星里 もちる(ほしさと もちる、1961年1月1日 - )は、日本漫画家福岡県北九州市出身。男性。左利き。

略歴[編集]

アニメーションの撮影助手[1]みなづき由宇アシスタントなどを経て、1986年に『危険がウォーキング』でデビュー。1980年代は『プチアップルパイ』『少年キャプテン』など、徳間書店のマニア向け少年漫画誌で活動していた。

初期はロリコン漫画ブームの流れを汲むドタバタラブコメ作品を得意としていたが、青年向けホームドラマコメディ作品の『いきばた主夫ランブル』が小学館の編集者の目にとまり、1989年、ビッグコミックスピリッツ連載の『ハーフな分だけ』で本格的に青年誌へ転じる。

1990年連載開始の『りびんぐゲーム』で人気を博す。以降は小学館ビッグコミック』系青年誌を中心に活動し、1970年代の松木ひろし脚本作品を思わせるホームドラマコメディと内向的でリアルなドラマを往復、または入り混じった作風が特徴となる。

代表作は『りびんぐゲーム』『夢かもしんない』『本気のしるし』『ルナハイツ』など。ラジオ番組コサキン」のリスナーで、『いきばた主夫ランブル』などの初期作品内でコサキンネタを匂わせるようなシーンがある。

また、『危険がウォーキング』の頃からアイドル女優とテレビドラマ好きを公言しており、デビュー当時は斉藤由貴酒井法子のファンだったが、2005年と2006年に『ルナハイツ』が実写映画化され、2019年には『本気のしるし』もテレビドラマ化された。

作品リスト[編集]

漫画作品[編集]

コミックエッセイ[編集]

挿絵[編集]

師匠[編集]

アシスタント[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ セルと羽根ぼうき』はこの時代の半自伝的作品。

外部リンク[編集]