ボタンエビ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ボタンエビ
分類
: 動物界 Animalia
: 節足動物門 Arthropoda
: 軟甲綱 Malacostraca
: 十脚目 Decapoda
: タラバエビ科 Pandalidae
: タラバエビ属 Pandalus
: ボタンエビ P. nipponensis
学名
Pandalus nipponensis
Yokoya, 1933
和名
牡丹海老
英名
Botan Shrimp

ボタンエビ Pandalus nipponensisタラバエビ科に分類されるエビの一種である。

体長は20cmほどで、体色は橙赤色であるが、赤い斑点が見られ、これが名前の由来となっている。額角は頭胸甲の1-1.5倍の長さで、その中央部付近が赤く、頭胸甲の背面の隆起は低い。殻から内臓が透けて見える[1]

日本特産種で、北海道内浦湾から土佐湾にかけての水深300-500mほどの深海に生息するが、南に行くほど深い。10月から5月にかけて、底引き網漁で捕獲される。

卵は直径2.7mm前後で、720-1140個を産卵する。雄性先熟で、オスからメスに性転換するため、大型のものはすべてメスである。

ねっとりとした肉質は甘味で、卵や味噌(エビ味噌)も食用となる。漁獲量が少ない高級食材で日本では刺身寿司となる[1]ほか、殻を塩焼きや揚げ物で食す。

日本の富山湾で漁獲されるトヤマエビもボタンエビというが、別種である[2]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b トピックス ボタンエビを展示しました平成25年3月7日 名古屋港水族館
  2. ^ 第2回魚介類の名称のガイドライン検討委員会 議事概要”. 農林水産省. 2015年2月2日閲覧。