土佐湾

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
禅師峰寺より浦戸方面を望む

土佐湾(とさわん)は、高知県。内側に入り組んだ形をしている。

地理・気候[編集]

土佐湾周辺
土佐湾周辺
土佐湾の範囲を示した地図

室戸岬足摺岬を結ぶ線の北側の海域。黒潮が流れ、温暖な気候に属する。梅雨台風の影響を受けるため降水量がとても多い。は乾燥した気候が続く。

  • 主な流入河川
    四万十川、仁淀川、物部川、安芸川、奈半利川など。

水産資源・食糧[編集]

黒潮を生かした遠洋漁業が盛ん。特にカツオがよく取れる。温暖な気候を利用した野菜の促成栽培も盛んである。

市町村[編集]

西から、

ホエールウォッチング[編集]

ウォッチング船とハセイルカの群れ

黒潮が近海を流れる土佐湾周辺では古来から捕鯨事業が盛んであったとされ、沿岸周辺を回遊するクジライルカを陸上から発見し捕獲してきた。近年ではホエールウォッチングが行われている。湾の東西部である室戸市黒潮町の沖合いを黒潮が流れ、また、大陸棚が広がる浅海である湾西部と、陸近くまで深い海溝が接近する湾東部の室戸岬では、観察できる種類に違いがある。湾西部にはニタリクジラ(沖合いに生息する同種とは形態や行動に差があることから、同湾のクジラは「カツオクジラ」ではないかとも推測されている)が頻繁に現れ、その中には回遊をせずに土佐湾に定住する個体も存在することが判明している。個体識別研究の結果、現在50頭あまりの鯨が同湾に定住するとされている。室戸沖では、深海部を好むマッコウクジラコビレゴンドウが春先に、その他回遊性の種類も観察可能である。オキゴンドウハナゴンドウハセイルカハンドウイルカは両海域においても多く観察される。なお、歴史的に土佐湾で多く捕獲されてきたのはセミクジラコククジラザトウクジラシロナガスクジラなどの大型のヒゲクジラ類であった。

関連項目[編集]