シロナガスクジラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
シロナガスクジラ
Blue Whale 001 body bw.jpg
シロナガスクジラ
Blue whale size.svg
人間との大きさ比較
保全状況評価
ENDANGERED
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 EN.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 哺乳綱 Mammalia
: 鯨偶蹄目 Cetartiodactyla
階級なし : クジラ目 Cetacea
亜目 : ヒゲクジラ亜目 Mysticeti
: ナガスクジラ科 RorqualBalaenopteridae
: ナガスクジラ属 Balaenoptera
: シロナガスクジラ
B. musculus
学名
Balaenoptera musculus
(Linnaeus1758)
和名
シロナガスクジラ
英名
Blue Whale
亜種
  • ピグミーシロナガスクジラ B. m. brevicauda Ichihara, 1966
  • ?インドヨウシロナガスクジラ ?B. m. indica Blyth, 1859
  • ミナミシロナガスクジラ B. m. intermedia Burmeister, 1871
  • キタシロナガスクジラ B. m. musculus Linnaeus, 1758
Cypron-Range Balaenoptera musculus.svg
シロナガスクジラの生息地

シロナガスクジラ(白長須鯨、Balaenoptera musculus)は、鯨偶蹄目ナガスクジラ科ナガスクジラ属に属するクジラの1種である。

現存する最大の動物種である[1]だけでなく、かつて地球上に存在した確認されている限りの恐竜動物を含めても、あらゆる既知の動物の中で最大の種であり、記録では体長34メートルのものまで確認されている。

長身であることを指して、江戸時代にはナガスクジラとともに「長須鯨」と呼ばれた。「白」を冠した現在の和名は、浮かび上がる際に水上からは白く見えることに由来する。 英語では一般に blue whale (ブルー・ホエール)と呼ぶが、腹側に付着した珪藻によって黄色味を帯びて見えることから sulphur bottom (「硫黄色の腹」)の異称もある。

形態[編集]

カリフォルニア大学サンタクルーズ校における長期海洋研究所の外にあるシロナガスクジラの骨格

体長20-34m、体重80-190t。ただし、30m級の個体はまれで、特に北太平洋ではほとんどが26m未満と小型のため別の亜種に分類される。南半球に生息する亜種のピグミーシロナガスクジラはさらに小型である。成体ではオスよりメスのほうが若干大きい。

上あごと下あごが軟骨のみで繋がっているため、直径10メートル近く口をあけることができる。流線型の体型をしており、尖った頭部をもつ。細く長い胸びれ、横に広がった薄い尾ひれをもつ。また、背中の後方には小さな背びれをもつ。この背びれの形や、付近の模様から個体識別を行うことができる。

東京・上野の国立科学博物館に展示されているシロナガスクジラの実物大模型

体表は淡灰色と白のまだら模様で、のどから胸にかけては白い模様になっている。のどの表面には60本程度の畝(うね)がある。主食であるオキアミを捕食するときは、この畝が広がって大きなのど袋をつくる。頭頂部には2つの噴気孔がある。

主にプランクトン、いわし等の小魚を食べるが、時にはアジなどの中型魚も食べる。近年、個体数は年々増加し続けているものの、総計で1万頭前後と非常に少なく、絶滅危惧種に指定されている。

歯に代わる部分として食事に使われるいわゆる鯨髭と呼ばれる髭板の長さは一枚70cm以上にも及ぶ。ただし、髭板の長さではセミクジラ科ホッキョククジラの方がはるかに長く、最大3m近くに達するのに比べれば小さく、鰭の大きさでも同じ仲間のザトウクジラには及ばない。

しかし、シロナガスクジラ最大の特徴は、やはり何と言ってもその体長である。世界最大の動物であるが、その大きさは、人間を仮に平均170センチメートルだとすると、シロナガスクジラは、およそ12倍から最大で20倍に相当する。ちなみに34メートルというのは、およそ11階建てのビルと同じである。

生態[編集]

シロナガスクジラの尾鰭

全海域に生息し、回遊を行う。多くの個体がは、オキアミが豊富な北極海南極海の積氷まぎわまで回遊し、には熱帯または亜熱帯で繁殖を行う。オホーツク海など付属海にはあまり入らない。繁殖期や子育ての期間を除き、基本的に単独で行動する。

食性はオキアミにほぼ特化しており、上あごにある「ひげ板」でこしとって採食する。成体では一日に4t程度のオキアミを捕食する。また、オキアミの食べ方にもいろいろあり、一例としては、海面近くに生息するオキアミを食べるのに一端水中に潜り威嚇するように泳いで、オキアミが身を守るために集団で寄り添ったところを一気に食べる。また、最近の研究で、まれなケースとしてイワシを捕食した例が確認されている。イワシはオキアミに比べ泳ぐのが速く縦横に移動するため、それを追いかけるシロナガスクジラは上下逆向きで泳ぐなどの複雑な挙動を繰り返す。

シロナガスクジラの親子

メスは2 - 3年ごとに出産する。夏に交尾し、妊娠期間は約11ヶ月。体長約7mの子どもを通常1頭出産する。まれに双子が生まれることもある。授乳期間は7 - 8ヶ月。若い個体は、急角度で水面から飛び出し着水する「ブリーチング」をしばしば行う。

シロナガスクジラの噴気

シロナガスクジラは最も大きな鳴き声をあげる動物種でもある。低周波の大きなうなり声を発し、音量は180ホンを超えることもある。この鳴き声により個体間のコミュニケーションを行っており、150km以上先の相手とも連絡をとる事が出来る。

天敵はヒトシャチ以外には殆どいない。

分類[編集]

シロナガスクジラの学名 Balaenoptera musculus1758年カール・フォン・リンネによって命名されたものであるが、その他、Balaena maximusRoaqualis borealisSibbaldus musculusSibbaldus sulpureusといった複数の学名が永きにわたり並存し、混乱をきたした。1903年、E・G・ラコビツァにより、これらの学名が整理され、初めて最終的な学名が確定した。

シロナガスクジラの亜種としては、南半球に生息する小型の亜種としてピグミーシロナガスクジラ B.m.brevicaudaが分類されている。さらに、通常型のシロナガスクジラについても、北太平洋などに生息するキタシロナガスクジラ B. m. musculusと、南半球のミナミシロナガスクジラ B. m. intermediaの2亜種に分類する仮説が有力である。

絶滅の危機[編集]

シロナガスクジラは巨大で高速なことから捕獲が困難で、古くは捕鯨の対象とはならず、元々は個体数は30万頭いたと推定されている。しかし、19世紀以降、爆発銛、大型・高速の捕鯨船が導入された近代捕鯨が始まると捕獲対象となった。もっとも早く減少した北大西洋のシロナガスクジラは、第二次世界大戦前には関係国の協定により捕獲が停止されており、1954年には国際捕鯨委員会で正式に捕獲停止が決定された。

手付かずであった南極海でも20世紀初頭には捕鯨が始まり、ノルウェー、イギリス、日本を中心とした10カ国が捕鯨船団を派遣するなどして捕獲が行われた。最盛期である1930/1931年の1漁期だけで約3万頭が捕獲された。第二次世界大戦による捕鯨中断のため若干の回復があったものの減少が続いた。1937年に一部の国の協定で操業期間制限が始まり、1946年国際捕鯨取締り条約で捕獲量に制限が設けられたものの、規制に用いられた「シロナガス換算方式」の欠点から、個体あたりの鯨油生産効率の高いシロナガスクジラに捕獲が集中し、十分な歯止めとならなかった。1962/1963年の漁期を最後に通常型の捕獲は停止された。捕獲停止時の南極海の通常型の個体数は約700頭と推定されている。なお、亜種のピグミーシロナガスクジラも1966年には捕獲が停止され、南極海でのシロナガスクジラ捕鯨は完全停止した。

太平洋でも東部海域は1954年、西部海域も1966年には捕獲が停止された。その後はごく少数の例外を除き捕獲はされておらず、捕獲は全世界で停止状態にある。

捕獲禁止後も長らく個体数回復の調子が見られなかったが、近年では回復に転じている。

南極海の個体数について、1997/1998年の推定では通常型(ピグミーを除く)2300頭とされ[2]、このほかピグミーシロナガスクジラが5700頭以上とされる。増加率は、南極海の通常型について1978/1979年期-2003/2004年期の間で年平均8.2%と推定されている。

日本近海の状況[編集]

日本では、北海道から奄美・琉球列島[3]に至る太平洋沿岸、甑島[4]から北九州[5]などの沿岸にて捕鯨対象にされてきた。とくに、熊野灘から土佐湾日向灘に至る海域での操業は、捕獲数から見て北太平洋全体でも屈指の規模だった。[6]奄美大島では1910から30年代まで[3]、北海道から三陸までは1965年まで捕獲が続いた。[7] ロシアの経済水域内においても、1994年から2004年まで3回しか目撃が存在せず、[8]コマンドル諸島では過去80年以上記録がなく[9]、北海道でのオホーツク海岸での最後の記録は1948年である[10]

これらの事から、過去に日本やアジアの沿岸を回遊していた個体群は絶滅か機能的絶滅にあると判断されており、近年ごく希に確認される個体は西部太平洋など他の個体群からの放浪個体とされている。[11]

ギャラリー[編集]

鳴き声[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 個体では最大。群体の全長も動物の全長として認め、体長に限って言えばマヨイアイオイクラゲ、さらにカツオノエボシの方が長いとも言える。
  2. ^ IWC Whale Population Estimates
  3. ^ a b Miyazaki N. (1989年). “Records of Cetaceans in the Waters of the Amami Island (PDF)”. 国立科学博物館, Museum of History and Folklore in Kasari. pp. 235–249. 2015年1月16日閲覧。
  4. ^ http://ci.nii.ac.jp/naid/120004025418
  5. ^ Ishikawa H.; Watanabe T. (2014). “A catalogue of whales and dolphins recorded in Yamaguchi Prefecture, Japan” (PDF). 下関鯨類研究室報告 No.2 (2014) (Whale Laboratory of Shimonoseki). http://whalelab.org/ishikawa2014.pdf. 2015年1月9日閲覧。. 
  6. ^ “第2章 こうちの生きもの Faunas of Kouchi Prefecture” (PDF). 生物多様性×こうち戦略. https://www.pref.kochi.lg.jp/soshiki/030701/files/2014020600353/2014020600353_www_pref_kochi_lg_jp_uploaded_attachment_109485.pdf 2015年1月9日閲覧。. [リンク切れ]
  7. ^ “シャチ Orcinus orca (Limaeus,1758)マイルカ科” (PDF). 海域自然環境保全基礎調査 – 海棲動物調査報告書. 自然環境保全基礎調査. 環境省自然環境局. (1998). p. 54. http://www.biodic.go.jp/reports2/5th/kaisei_h10/5_kaisei_h10.pdf 2015年1月16日閲覧。. 
  8. ^ Chernyagina A.A.; Burdin A.M.; Artyuhin Y.B.; Danilin D.D.; Lobkova L.E.; Tokranov A.M.; Artyuhin Y.B.; Gerasimov N. et al. (2013) (PDF). Справочник-определитель редких и охраняемых видов живот- ных и растений Камчатского края. Kamchatka Branch FGBUN Pacific Institute of Geography, Petropavlovsk-Kamchatsky: Kamchatpress. ISBN 978-5-9610-0216-4. http://www.knigakamchatka.ru/pdf/spravochnik.pdf 2014年6月9日閲覧。. 
  9. ^ Mamaev E. (2012). “The fauna of marine mammals of Commander Islands: investigations and modern status” (PDF). Marine Mammals of the Holarctic Collection of Scientific Papers Volume 2 – After the Seventh International Conference Suzdal, Russia, September 24–28, 2012 (State Nature Biosphere Reserve ―Komandorskiy, The Marine Mammal Council): 50–54. http://www.2mn.org/downloads/bookshelf/mmh7_vol2.pdf 2015年1月20日閲覧。. 
  10. ^ Uni Y.,2006 Whales, Dolphins and Porpoises off Shiretoko. Bulletin of the Shiretoko Museum 27: pp.37–46. Retrieved on 16 December 2015
  11. ^ https://archive.iwc.int/pages/view.php?ref=6048&search=%21collection24462&order_by=relevance&offset=0&restypes=&starsearch=&archive=0&per_page=240&default_sort_direction=DESC&sort=DESC&context=Root&k=&curpos=0&go=next&

外部リンク[編集]