バウルー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

バウルー(Bauru)は、ラジオ番組でディスクジョッキーを務める「Casimiro Pinto Netoポルトガル語版」が、1934年サンパウロ州バウルスナックバーであるLanchoneteポルトガル語版店の「Ponto Chicポルトガル語版」で創作したサンドイッチである。

概要[編集]

法学を学ぶ大学生の Casimiro Pinto Neto が、教育保健省が実施する幼児向け食育のために元市長が出版した本を参考に、ローストビーフモツァレラチーズ、輪切りトマトピクルスを、オレガノサルサで調味してフランスパンで挟んだ栄養豊富なサンドイッチを、Ponto Chic の調理人カルロスに作らせると、友人の Antonio Boccini Jr. を初め店内の客らに好評を博し、国内に広く伝播した。

1998年6月24日にバウル市条例4314号[1]で、「バウルー」調理法が定められた。

脚注[編集]

  1. ^ 条例1998年6月24日4314号

関連項目[編集]

外部リンク[編集]