牛串

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
牛串焼き

牛串(ぎゅうくし)とは、牛肉などで串刺しにした日本の肉料理

牛串煮込み・牛ホルモン串煮込みをメニューとしている店もある。煮込み料理もあるが、あぶり焼きした料理(串焼き)も多い。

串焼き
発祥した地域や時代に関しては定かではないが、焼き鳥から派生したものだと考えられており、豚肉を使用した場合はやきとんなどと呼ぶ。米沢市米沢牛)や飛騨市飛騨牛)など牛肉を特産とした地域でよく見かけ、居酒屋郷土料理店のメニューにも載っている。
牛肉を一口大のサイコロ状にカットし、に数個刺して炭火やコンロで中までじっくりと焼く。焼く時間は火の強さや地域によって様々である。
味付けはタレが主に使われる。タレは醤油をベースとしてみりん砂糖などが加えられたもので、焼き鳥のタレと近いが、牛肉に合うように多少味付けが異なっているものが多い。
「炭火牛串」などを売りとする飲食店も多い。駅弁にも使用されている。

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]