アサード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
アサード
Asado 2005.jpg
アルゼンチンのアサード
種類 肉料理
発祥地 アルゼンチンの旗 アルゼンチンなど
提供時温度 熱料理[要説明]
主な材料
テンプレートを表示
アサード
アルゼンチンのパタゴニアで作られたロースト

アサードスペイン語: asado)とは、チリアルゼンチンパラグアイウルグアイで食される焼肉料理である。19世紀後半にガウチョの食文化が都市に伝播して生まれた料理で、スペイン語で「焼かれたもの」を意味する[1]

シュハスコのように火が立つ炭火で炙るように焼くのとは違い、火も弱まった熾火の熱で部位そのままのブロック肉(その他、サルシッチャ=生ソーセージ)を燻すように焼く。そのため、焼き上がりまでに1時間強ほどの長時間を要し、加熱調理し終わった頃がそのまま食事時となる。店舗などでは、程よく焼けた頃合いのものを注文に応じて切り分けて供される。味付けは基本的に岩塩のみであるが、チミチュリと呼ばれるタレに浸す場合もある[1]

アサードは家族や友人、親戚を招いて食べるのが基本であり、南米スペイン語圏において人々の交流を深める役割を果たしている[要出典]。また、アサードで加熱調理した(チョリソ)ソーセージをトーストに挟んだチョリパンは、庶民の定番軽食となっている。

脚註[編集]

  1. ^ a b 山本紀夫『世界の食文化 13 中南米』農山漁村文化協会、2007年 p.197

参考文献[編集]

関連項目[編集]