米沢牛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

米沢牛(よねざわぎゅう)は、山形県米沢市がある置賜地方3市5町で肥育された黒毛和牛が、一定の基準を満たした場合に呼称される銘柄牛肉である。三大和牛の1つとされる。米沢のABCとも言われ、地域の特産品の一つになっている。

定義[編集]

下記の条件をすべて満たしたものを米沢牛と認めて、枝肉に証明印を押印し、トレーサビリティーの番号を表示した米沢牛の証明書を発行する。

  1. 山形県置賜地方3市5町(米沢市、南陽市長井市高畠町川西町飯豊町白鷹町小国町)に居住し、米沢牛銘柄推進協議会が認定した飼育者が、登録された牛舎において18か月以上継続して飼育されたもの。
  2. 肉牛の種類は、黒毛和種の未経産雌牛または去勢牛とする。[1]
  3. 米沢牛枝肉市場若しくは東京食肉中央卸売市場に上場されたもの又は米沢市食肉センターで屠畜され、社団法人日本食肉格付協会の格付けを受けた枝肉とする。ただし、米沢銘柄推進協議会長が認めた共進会、共励会または研究会に地区を代表して出品したものも同等の扱いとする。
  4. 生後32か月以上のもので社団法人日本格付協会で定める3等級以上の外観並びに肉質及び脂質が優れている枝肉とする。
  5. 山形県の放射性物質全頭検査において放射性物質が「不検出」※であるものとする。[2]

※定量下限値25Bq/kg

生後32か月以上

歩留等級
A B C



5 米沢牛
4
3
2
1

なお、米沢牛の商標は、山形おきたま農業協同組合が保持している。

歴史[編集]

1871年(明治4年)に米沢藩英国と条約を結び[要検証 ]上杉鷹山が開校した興譲館横浜に居留中の貿易商、チャールズ・ヘンリー・ダラスを英語教師として招いた。当時米沢では四つ足の動物は食べないとされていたが、故郷を懐かしんだダラスが一緒に連れてきたコックの万吉に牛肉を調理させ食べたのが食用としての米沢牛の始まりである。その牛肉のあまりのおいしさに驚いたダラスは任期を終え米沢を離れる際に、牛を1頭横浜に連れて帰った。そして仲間たちに振舞ったところ大好評で、それがきっかけとなり米沢牛は全国に広まっていった。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 2014年12月より雌牛のみ
  2. ^ 2011年12月より

関連項目[編集]

外部リンク[編集]