飛騨牛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
高山市で売られている飛騨牛の串焼き

飛騨牛(ひだぎゅう、ひだうし)は、岐阜県の主に飛騨地方で肥育される黒毛和牛牛肉である。飛騨牛は食肉になった後は、「ひだぎゅう」と呼び、食肉になる前の牛、牛を産むための母牛(繁殖牛)および父牛(種雄牛)は「ひだうし」と呼ぶ[1]

定義[編集]

以上の全てを満たす牛肉が飛騨牛(ひだぎゅう)と呼ばれる。等級が基準外の物は飛騨和牛(ひだわぎゅう)とされる。

2005年(平成17年)度における飛騨牛(ひだぎゅう)の年間出荷数は10,259頭であった。これらを肉質等級でわけると、5等級が3,362頭(年間出荷頭数全体の32.8%)、4等級が4,436頭(同43.2%)、3等級が2,461頭(同24.0%)だった。


歩留等級
A B C



5 ひだぎゅう
飛騨牛
飛騨和牛
4
3
2 飛騨和牛
1

定義から、飛騨地方以外でも岐阜県内産なら飛騨牛の名が与えられるが、生産者の約半数が飛騨地方であるため、飛騨牛の多くは飛騨地方産である。

歴史[編集]

「安福号」[編集]

飛騨牛がここまでブランド化できたのは、一頭の雄牛「安福号」の功績が大きい。

安福号は1980年(昭和55年)4月1日に兵庫県美方郡村岡町(現香美町)で生まれた但馬牛である。1981年(昭和56年)6月16日に県有種雄牛として岐阜県が購入し、7月21日に、当時の上松陽助岐阜県知事により「安福号」と名付けられた。1993年(平成5年)9月28日に死亡する。

繁殖母牛として使われる雌牛を含めて39,000頭余りの子ができたが、そのうち飛騨牛になったのは2割5分から3割である。子孫のうち「飛騨白清」、「白清85の3」、「広景福」が飛騨牛の種雄牛として知られている。

現在も精子は凍結保存され使用されているが、安福号の遺伝子に頼りすぎたため、遺伝的な問題が発生するおそれがあった。このため遺伝子検査などの結果で判明した問題のある交配は行わないなどの指導により問題は解消されている。

2008年(平成20年)までに岐阜県畜産研究所は、安福号のクローン牛を4頭誕生させた。

偽装事件[編集]

2003年(平成15年)に牛肉トレーサビリティ法施行された。これにより、購入した牛肉の生産者は、岐阜県産牛の生産情報[3]で確認できるようになった。格付けについても、精肉店には証明書が発行され、主に消費者に供給されるパック詰めは、3等級、4等級、5等級のシールによって確認する事が出来るようになった[4]。しかし、個体識別番号による格付けの情報公開については、「個人情報」として業界が消極的だった。すると、この情報非公開に目をつけた業者による等級シールの不正貼り付けなどの偽装事件が起きた。

2008年(平成20年)6月、岐阜県養老町の食肉会社「丸明」が下位等級の飛騨牛を上位等級のシールで偽装したり、基準を満たさない牛肉を飛騨牛であると偽装する事件が発覚し[5]ブランドイメージが低下した[6]。この会社創業者は丸明を一代で年商100億の会社に育て上げ、飛騨牛のブランドを日本全国に知らしめた功労者として食肉業界でよく知られた人物だったが、内部告発によって飛騨牛の等級偽装のほか日付の改竄や杜撰な衛生管理、豚肉産地偽装などが次々と露見し、社長を辞任した。翌2009年(平成21年)3月、岐阜地裁懲役1年6か月、執行猶予4年の有罪判決を受けた[7]

この事件の発覚後、岐阜県では肉質等級を個体識別番号から検索できるウェブサイト[8]が開設された。また、精肉店などに対するDNA鑑定など抜き打ち検査を度々行っており信頼回復を図っている[要出典]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 豆知識(2)飛騨牛(ひだうし)と飛騨牛(ひだぎゅう)(JAひだサイト)
  2. ^ a b 岐阜県畜産研究所「飛騨牛改良と銘柄化」[リンク切れ](東海畜産学会報 第17巻 2006年)
  3. ^ 岐阜県産牛の生産情報(2004年9月2日時点のアーカイブ
  4. ^ 東海の銘柄畜産物>飛騨牛 東海農政局
  5. ^ 2008年6月21日、中日新聞
  6. ^ 「飛騨牛店、客足遠のく」2008年6月25日、中日新聞
  7. ^ 「丸明」前社長に有罪判決 飛騨牛偽装、岐阜地裁 47News、共同通信、2009年3月24日付、2015年2月16日確認。
  8. ^ 飛騨牛 肉質等級情報検索

関連項目[編集]

外部リンク[編集]