弘前在来トウガラシ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

弘前在来トウガラシ(ひろさきざいらいとうがらし)は、青森県弘前市で栽培されてきた在来種トウガラシである。

概要[編集]

糖度は完熟の場合、通常の鷹の爪の約2倍と国内随一である。形状は大振り曲状で肩が大きく張り出した独特なものである。

近年安価な輸入トウガラシの影響のため生産量が激減したが、2004年から他品種との交雑を避けるため、地元生産者・JA・加工業者・行政(青森県弘前市)・弘前大学農学生命科学部など産学官連携により、在来津軽清水森ナンバブランド確立研究会(事務局:青森県特産品センター)が発足。種子や苗を含めた栽培管理が厳格に実施されている。又、栽培地域は限定している。生産量は増加している。

現在では「清水森ナンバ」(しみずもりなんば)の統一された商品名で、一味唐辛子や醤油漬け・醤油煮、ソフトクリームなどの様々な加工品が販売されている。

歴史[編集]

弘前藩初代藩主、津軽為信1550年 - 1607年)が京都伏見稲荷から持ち帰った後、津軽地方で広まり独特の在来種になったと伝えられている。1980年に国の野菜試験場育種部において野菜の地方品種で確認された。

加工品販売所[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]