前沢牛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
前沢牛リブロース

前沢牛(まえさわうし、まえさわぎゅう)は、岩手県奥州市前沢区で肥育された黒毛和種和牛が、一定の規格を満たした場合に呼称を許されるブランド牛肉であり、岩手ふるさと農業協同組合(JA岩手ふるさと)の登録商標である。

定義[編集]

生産者
生産者は、岩手県奥州市前沢区に住所を有する者、または、同区に所在地のある法人に限る(これを「生産者」とする)。
品種
牛が黒毛和種であること。
子牛
牛の出生地が確認できること。全国和牛登録協会発行の子牛登記証、または、これに準ずる証明書等が必要。
肥育期間
生産者」が1年以上飼養すること。
肥育地
出生から屠畜までの期間内において、前沢区内の飼養期間が最長であり、かつ最終飼養地であること。
トレーサビリティ
牛肉トレーサビリティ法」を遵守し、牛の情報を記録し、いつでも確認できる状況にしておくこと。
流通
岩手ふるさと農業協同組合を経由して販売すること。

以上のような定義を満たした牛から採られた枝肉が、以下のような格付けを満たすと「前沢牛」との呼称が許される。

格付け
日本食肉格付協会枝肉取引規格において、肉質等級が「4」以上、歩留等級が「A」または「B」

歩留等級
A B C



5 前沢牛
4
3
2
1

歴史[編集]

岩手県では古くから牛の飼育が盛んであったが、主に農業の労働力を補う家畜という要素が強く、生産規模も零細農家が多かった。しかし、1970年代から徐々に肉牛としての生産が活発化し、1980年代には全国肉用牛枝肉共励会にて名誉賞を獲得した。

系統[編集]

  • 種雄牛に「菊谷」「恒徳」といった但馬牛を用いる。

脚注[編集]


関連項目[編集]

外部リンク[編集]