牛肉偽装事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

牛肉偽装事件(ぎゅうにくぎそうじけん)とは、2001年からBSE対策事業の一環として行われた国産牛肉買い取り事業を悪用し、複数の食肉卸業者が輸入牛肉を国産牛肉と偽り補助金を詐取した事件。牛肉偽装に関してはこの他、販売店における産地偽装などが発覚した。

背景[編集]

BSEの問題発覚以前より、海外と国内産の農畜産物の品質に照らしてもあまりにもかけ離れた価格差が、不正を招く大きな要因ともなっている。

BSE感染牛の発生後、牛肉価格の下落、消費者の牛肉離れが起き、消費者の不安を取除くため、全頭検査前の国産牛を国が買取り、焼却することになった。

経緯[編集]

関連書籍[編集]

  • 『食肉の帝王―巨富をつかんだ男 浅田満』 (溝口敦著、講談社
  • 『同和利権の真相スペシャル! ハンナン浅田満「食肉利権」の闇』 (別冊宝島Real061 一ノ宮美成、グループ・K21著)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]