潜伏期間

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Concept of incubation period ja.svg

潜伏期間(せんぷくきかん、英: incubation period, latent period)、あるいは潜伏期とは、病原体感染してから、体に症状が出るまでの期間、あるいは感染性を持つようになるまでの期間のこと。病原体の種類によって異なる。

英語のincubation periodlatent periodはいずれも潜伏期と訳されるが、この二つは明確に区別され、病原体に感染してから症状を示すまでの期間をincubation period、病原体に感染してから感染者が感染性を持つ、すなわち他の感受性を持つヒトに病原体を感染させるようになるまでの期間をlatent periodと呼ぶ。この2つは病原体の種類によって異なるが、latent peirodがincubation periodより短い場合(麻疹など)、発症時にはすでに他のヒトを感染させている可能性がある[1]

潜伏期間の例[編集]

記載はおよそであり、個人差(特に生体の免疫力)により大きく左右される。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『標準微生物学』 平松啓一・中込治、医学書院、2009年、第10版、546頁。ISBN 978-4-260-00638-5