アントルコート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
リブから切り落としたアントルコート
サーロインから切り落とした「コントル・フィレ」
フライパンで調理されるアントルコート

フランス語において、アントルコートフランス語: entrecôteフランス語発音: [ɑ̃.tʁə.kot])はビーフステーキに使用される牛肉の内、最高級の部位の一種を指す。

伝統的には、「アントルコート」は新鮮な肉のリブの部位を意味しており、英語圏でリブやリブ・アイ、クラブ、スコッチ・フィレ、デルモニコとして知られている部位に対応している。

フランスにおいては、サーロインの内、骨を挟んでフィレテンダーロインとも)の反対側にあることから「コントル・フィレ(contre-filet)」として知られる部分をアントルコートと呼ぶこともある[1][2]。英語圏においては、「コントル・フィレ」 から切り落とした部位はポーターハウス・ステーキオーストラリアニュージーランドイギリス)、サーロイン・ステーキストリップ・ステーキ、ストリップロイン・ステーキ、ウィング・ステーキ、クラブ・ステーキ、デルモニコ・ステーキ、ニューヨーク・ステーキなどと呼ばれている。(また、もし「コントル・フィレ」がフィレとともに骨についたままであれば、そのステーキはポーターハウス・ステーキ(アメリカ合衆国やカナダで使用)もしくはTボーンステーキと呼ばれる。)

関連項目[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]