ランプステーキ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
グリルパンで焼かれるランプステーキ

ランプステーキ英語: Rump steak)はビーフステーキの一種。牛肉ランプと呼ばれる下腰部の肉を使用する[1]。脂肪分が少なく柔らかくて美味である[1][2]


概要[編集]

イギリス式の牛肉の部位の呼び名
アメリカ式の呼び名

ランプの部位はイギリスオーストラリアによる部位の分類に基づくもので、日本も準じる。アメリカの場合は、ラウンドステーキと呼ぶこともある。

日本においては、ビーフステーキ用の肉といえば、サーロインという固定観念を持っている人も少なくない[2]。ランプはサーロインと比べると、風味があり、ヘルシーであり、価格も3割ほど安値といった優位点があるが、「ランプステーキ」というネーミングに「美味しそう」という印象を覚えない人も多いため、売上は低調だった[2]。あるスーパーマーケットではサーロインに対するランプの優位性3つを明記しミシュランになぞらえて「三ツ星ステーキ」として販売したところ、爆発的なヒット商品となった[2]

出典[編集]

  1. ^ a b 『ホテルの味-東京-』 保育社1984年、142頁。ISBN 9784586506309
  2. ^ a b c d 水元均 『スーパーマーケットの新常識』 商業界2008年、79-80頁。ISBN 9784785503277

関連項目[編集]