高畠町

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
たかはたまち
高畠町
Takahatamachi.JPG
高畠町の計画・グラウンドの広い中学校
日本の旗 日本
地方 東北地方
都道府県 山形県
東置賜郡
団体コード 06381-9
面積 180.26 km²
総人口 23,785
推計人口、2015年5月1日)
人口密度 132人/km²
隣接自治体 米沢市上山市南陽市
東置賜郡川西町
宮城県刈田郡七ヶ宿町
福島県福島市
町の木 赤松
(1976年3月制定)
町の花 つつじ
(1976年3月制定)
高畠町役場
所在地 992-0392
山形県東置賜郡高畠町大字高畠436番地
北緯38度0分9.9秒東経140度11分20.7秒
Takahata town office.JPG
外部リンク 高畠町の公式サイト

高畠町位置図

― 市 / ― 町・村

 表示ノート編集履歴 ウィキプロジェクト

高畠町(たかはたまち)は、山形県の南東にある人口約2万4千人の東置賜郡に属する。 ぶどう〈デラウエア生産量日本一〉など、農業の盛んな町としても知られる。

地理[編集]

町勢[編集]

  • 位置
    • 東経 140°07′~140°17′
    • 北緯 37°54′~38°05′
  • 面積 
    • 180.26 平方キロメートル (平成27年3月6日国土地理院)
    • 可住地面積 76.4  平方キロメートル (42.4%)
    • 林野面積  103.27  平方キロメートル (52.4%)
  • 人口:24,470(平成27年4月1日現在)
    • 男性:11,875 人
    • 女性:12,595 人
    • 世帯数:7,520世帯
Demography06381.svg
高畠町と全国の年齢別人口分布(2005年) 高畠町の年齢・男女別人口分布(2005年)
紫色 ― 高畠町
緑色 ― 日本全国
青色 ― 男性
赤色 ― 女性
高畠町(に相当する地域)の人口の推移
1970年 27,760人
1975年 26,868人
1980年 27,440人
1985年 27,576人
1990年 27,510人
1995年 26,964人
2000年 26,807人
2005年 26,026人
2010年 25,030人
総務省統計局 国勢調査より

行政[編集]

  • 歴代町長
    • [初代] 新野廣吉 (昭和29年11月~昭和53年10月)
    • [二代] 島津助蔵 (昭和53年10月~平成06年04月)
    • [三代] 高梨吉正 (平成06年04月~平成14年04月)
    • [四代] 渡部 章 (平成14年04月~平成18年04月)
    • [五代] 寒河江信 (平成18年04月~現在)
  • 高畠町議会
    • 議員定数17人
  • 町の予算(平成27年度当初予算)
    • 〇一般会計 108億9,000万円
    • 〇特別会計  69億1,916万円
    • 〇企業会計  38億2,952万円
    •   合計   216億3,868万円
  • 町の職員数(平成27年4月)
    • ○一般職員 218人
    • 〇病院職員 154人

歴史[編集]

武家時代の歴史は高畠藩を参照。

  • 江戸時代 - 高畑城(屋代城)下の地、屋代郷江戸幕府天領として統治される。ただし、時期や地域により、米沢藩領だったところもあれば、高畠藩領だったところもある。また、旧糠野目村地区(概ね現在の米沢南陽道路の西側)は江戸時代を通じて一貫して米沢藩領であった。
  • 断続的に、高畠城糠野目御役屋亀岡陣屋(後二者は米沢藩が設置した施設)も置かれた。糠野目村は最上川船運の終着点であった。
  • 明治以前は出羽国置賜郡に属した。
  • 明治期
    • 1879年明治11年) - 東置賜郡役所が設置される。
    • 1889年(明治22年)4月1日 - 町村制施行により東置賜郡に以下の6村が発足。
      • 高畑村 ← 高畠村、安久津村、小郡山村、高安村、泉岡村、塩森村、金原村
      • 二井宿村 ← 二井宿村
      • 屋代村 ← 竹森村、根岸村、時沢村、深沼村、一本柳村、三条目村、川沼村、柏木目村、相森村、中里村
      • 亀岡村 ← 亀岡村、露藤村、入生田村、船橋村
      • 和田村 ← 元和田村、上和田村、下和田村、馬頭村、佐沢村
      • 糠野目村 ← 小其塚村、上平柳村、蛇口村、夏茂村、福沢村、石岡村、大橋村、山崎村
    • 1895年(明治28年)12月12日 - 高畑村が町制施行、高畑町となる。
    • 1905年(明治38年)1月 - 高畑町が改称、高畠町となる。
  • 昭和期
  • 町制施工以降
    • 1955年(昭和30年)公立高畠病院を設置。
    • 1960年(昭和35年)4月 -高畠町商工会誕生。
    • 1964年(昭和39年)1月 -町章制定。
    • 1967年(昭和42年)
      • 4月 ‐町常備消防署発足。 
      • 8月 -羽越水害(災害額6億4千万円)。
      • 12月 -消防新庁舎完成。
    • 1968年(昭和43年)役場庁舎完成。
    • 1972年(昭和47年)濱田廣介氏を名誉町民に推たい。
    • 1973年(昭和48年)高畠町史「上巻」発刊。
    • 1976年(昭和51年)高畠町史「中巻」発刊。
    • 1979年(昭和54年)
      • 6月 新野廣吉氏を名誉町民に推たい。
      • 11月 高畠町郷土資料館開館。町民憲章制定。 
    • 1982年(昭和57年)特別養護老人ホーム「まほろば荘」オープン。
    • 1986年(昭和61年)
      • 6月 -まほろばの緑道全線開通。
      • 10月 -高畠町史「下巻」発刊。
      • 11月 -町武道館落成。
  • 平成期
    • 1992年(平成4年)
      • 7月 -山形新幹線開業。
      • 9月 -高畠町太陽館オープン(高畠駅)。
    • 1993年(平成5年)県立考古資料館開館。

教育[編集]

高畠高等学校

高等学校[編集]

中学校[編集]

  • 高畠町立第一中学校
  • 高畠町立第二中学校
  • 高畠町立第三中学校
  • 高畠町立第四中学校

小学校[編集]

  • 高畠町立亀岡小学校
  • 高畠町立高畠小学校
  • 高畠町立二井宿小学校
  • 高畠町立糠野目小学校
  • 高畠町立屋代小学校
  • 高畠町立和田小学校
    • 上和田分校

保育園 [編集]

  • 高畠町役場 屋代児童館
  • 高畠町役場 二井宿保育園
  • 高畠町役場 和田保育園
  • つくし保育園
  • なかよし保育園
  • たかはたこども園
  • 高畠三恵会

経済[編集]

産業[編集]

  • 産業人口
    • 農業従事者数: 5,843人
    • 工業従事者数: 4,117人
    • 商業従事者数: 1,519人
  • 町の特産品
    • 米、ラ・フランス、さくらんぼ、りんご、ぶどう、まつたけ、牛肉、鯉、清酒、ワイン、ミルクケーキ、そば、納豆、乳製品、農産加工品(ジュース、ジャム、ドレッシング、漬物等)
    • 高畠つや姫(高畠ブランド推進協議会)

高畠町に本社及び拠点を置く主な企業・団体[編集]

  • 高畠町物産協議会
    • 高畠ワイン(株)
    • 米鶴酒造(株)
    • 後藤康太郎酒造
    • (資)後藤酒造店
    • (株)セゾンファクトリー
    • (株)たかはたファーム
    • 三弘製薬(株)食品部山形工場
    • (株)三奥屋
    • 三和漬物食品(株)
    • つけものと手打ちそばの伊澤
    • (株)三和フーズ
    • 日本製乳(株)
    • ㈲高畠納豆
    • よねおりかんこうセンター
    • たいようぱん(株)
    • (株)りんご苑
    • ㈲高砂屋菓子店
    • 高畠製菓組合

郵便局[編集]

  • 高畠郵便局(集配局)
  • 中和田郵便局
  • 糠野目郵便局
  • 亀岡郵便局
  • 二井宿郵便局
  • 屋代郵便局

金融機関[編集]

山形第一信用組合本店

交通[編集]

高畠駅

空港[編集]

鉄道路線[編集]

路線バス[編集]

タクシー[編集]

  • 羽山観光タクシー
  • まほろば合同タクシー
  • みつわタクシー

道路[編集]

高規格幹線道路[編集]

国道[編集]

都道府県道[編集]

名所・旧跡・観光スポット[編集]

  • 国指定文化財(史跡)
  • 県指定文化財(史跡)
    • 清水前古墳群
    • 安久津古墳群
    • 北目古墳
    • 源福時古墳
    • 加茂山洞窟古墳
    • 味噌根古墳
    • 安久津古墳
    • 鳥居町古墳
  • 県指定文化財(天然記念物)
    • 竹森のアベマキ・日向のアベマキ
    • 小湯山風穴植物群落
  • 県指定文化財(建造物)

   八幡神社本殿・三重塔・舞楽殿・石鳥居

祭事・催事[編集]

  • 4月 - レンタサイクルオープン(太陽館)
  • 5月 - 高畠ワイナリースプリングフェスタ、安久津八幡神社春まつり、ひろすけ子ども祭(浜田広助記念館)
  • 6月 - 道の駅たかはたまつり: さくらんぼフェア
  • 7月 - 全国ペット供養祭(犬の宮)
  • 8月 - まほろば河童祭り(駅前商店街)、道の駅たかはたまつり: お帰りなさいふるさとフェア、青竹ちょうちんまつり[2]
  • 9月 - 安久津八幡神社秋まつり、高畠ロードレース兼まほろばマラソン大会(高畠町役場)
  • 10月 - 高畠ワイナリー秋の収穫祭、全日本50km競歩高畠大会、道の駅たかはたまつり: 秋の収穫祭
  • 2月 - 冬咲きぼたんまつり、たかはたの冬まつり[3]

以上のイベントは、2010年度現在のものである。

出身有名人[編集]

その他[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]