置賜郡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
山形県置賜郡の範囲

置賜郡(おきたまぐん、おきたまのこおり)は、山形県出羽国羽前国)にあった。中世から近世には長井郡ともいった。

歴史[編集]

文献初出は『日本書紀』の持統天皇3年1月3日669年2月8日)で、陸奥国優*雲郡[1]城養蝦夷脂利古の息子2人が出家を願い出て許されたという記事にある。この当時は制なので、正しくは優*雲評であろうが、この優*雲(うきたみ、うきたま[2])が置賜の前身とされる。城養蝦夷とは、城柵から食糧を給付されていた蝦夷なので、この頃の置賜評に名称不明の城柵があったこと、蝦夷が居住していたことも推定できる。

和銅5年10月1日712年11月4日)に、最上郡とともに新設の出羽国の下に移された[3]。『続日本紀』にはこの後の霊亀2年9月23日716年10月12日)条にも陸奥国置賜最上2郡を出羽国に隷(つ)けるという記事があって矛盾するが、霊亀2年のほうが何らかの誤りとみられている[4]

平安末期は奥州藤原氏の支配下に入った。その滅亡後、大江広元が支配し、広元の子の長井時広が継承。置賜郡北西の長井荘(現長井市)から、以後長井氏を名乗る。後に長井氏が東南の米沢を拠点としたことから、置賜郡全体が長井荘とも言われるようになる[5]。近世には長井郡とも呼ばれるようになった[6][7]

近世までの沿革[編集]

近代以降の沿革[編集]

所属町村の変遷は南置賜郡#郡発足までの沿革東置賜郡#郡発足までの沿革西置賜郡#郡発足までの沿革をそれぞれ参照

脚注[編集]

  1. ^ a b *は山偏に耆。
  2. ^ 新日本古典文学大系『日本書紀』(3の489頁)と岩波文庫『日本書紀』(5の248頁)に「うきたま」。
  3. ^ 『続日本紀』該当年月条。
  4. ^ 高橋崇『律令国家東北史の研究』18頁。
  5. ^ 『日本地名大系』。
  6. ^ 『角川日本地名大辞典』。
  7. ^ 『長井市史』原始古代中世編

参考文献[編集]

関連項目[編集]

先代:
-----
行政区の変遷
- 1878年
次代:
南置賜郡東置賜郡西置賜郡