東置賜郡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
日本 > 東北地方 > 山形県 > 東置賜郡
山形県東置賜郡の範囲(1.高畠町 2.川西町 薄緑:後に他郡から編入した区域 薄黄:後に他郡に編入された区域)

東置賜郡(ひがしおきたまぐん)は、山形県

人口38,122人、面積346.86km²、人口密度110人/km²。(2018年4月1日、推計人口

以下の2町を含む。

郡域[編集]

1878年明治11年)に行政区画として発足した当時の郡域は、下記の区域にあたる。

  • 南陽市
  • 米沢市の一部(川井・木和田・新井・長手・上新田・下新田・浅川・万世町金谷)
  • 長井市の一部(今泉・歌丸・河井・上伊佐沢・中伊佐沢・下伊佐沢・芦沢および日の出町の一部)
  • 上山市の一部(中山)
  • 高畠町
  • 川西町の一部(時田・上小松以北[1]

歴史[編集]

郡発足までの沿革[編集]

上小松村、中小松村、黒川村、高豆蒄村、下小松村、窪田村、上平柳村、蛇口村、小其塚村、糠野目村、福沢村、山崎村、夏刈村、坂井村、西落合村、中落合村、長瀞村、法師柳村、郡山村、若狭郷屋村、島貫村、中目村、蒲生田村、萩生田村、大塚村[2]、西大塚村、東大塚村、大石村、伊佐沢村[3]、上伊佐沢村、下伊佐沢村、芦沢村、今泉村、河井村、歌丸村、羽付村、梨郷村、和田村、竹原村、石岡村、津久茂村、大橋村、椚塚村、長岡村、俎柳村、尾長島村、下平柳村、堀金村、時田村、莅村、吉田村、高山村、洲島村、赤湯村、金沢村、松沢村、中山村[4]、三間通村、二色根村、鍋田村、高梨村、沖田村、宮崎村、関根村、露橋村、砂塚村、漆山村、池黒村、宮内村、金山村、荻村、下荻村、太郎村、小滝村、金谷村、木和田村、川井村、長手村、浅川村、上新田村、下新田村、佐沢村、馬頭村、上和田村[5]、北和田村、中和田村、下和田村、露藤村、入生田村、船橋村、亀岡村、高畠村、泉岡村、塩森村、高安村、小郡山村、金原村、安久津村、二井宿村、中里村、相森村、柏木目村、一本柳村、川沼村、三条目村、深沼村、竹森村、根岸村、時沢村、小岩沢村、川樋村、新田村[6]、竹井村

郡発足後の沿革[編集]

  • 明治11年(1878年11月1日 - 郡区町村編制法の山形県での施行により、置賜郡のうち111村に行政区画としての東置賜郡が発足。郡役所が高畠村に設置。
  • 明治14年(1881年)(107村)
    • 小松村より中小松村が分村。
    • 中目村・鍋田村が合併して田中村となる。
    • 下伊佐沢村・芦沢村が伊佐沢村に、下荻村が荻村に、新田村が川樋村にそれぞれ合併。
  • 明治15年(1882年)(105村)
    • 夏刈村・津久茂村が合併して夏茂村となる。
    • 北和田村・中和田村が合併して元和田村となる。
1.高畑村 2.二井宿村 3.屋代村 4.亀岡村 5.和田村 6.上郷村 7.糠野目村 8.沖郷村 9.赤湯村 10.中川村 11.吉野村 12.宮内町 13.漆山村 14.梨郷村 15.伊佐沢村 16.大塚村 17.犬川村 18.小松村 19.中郡村 20.吉島村(紫:米沢市 桃:南陽市 黄:長井市 水色:上山市 橙:川西町 赤:高畠町)
  • 明治22年(1889年4月1日 - 町村制の施行により以下の町村が発足。(1町19村)
    • 高畑村 ← 高畠村、安久津村、小郡山村、高安村、泉岡村、塩森村、金原村(現・高畠町)
    • 二井宿村(単独村制、現・高畠町)
    • 屋代村 ← 竹森村、根岸村、時沢村、深沼村、一本柳村、三条目村、川沼村、柏木目村、相森村、中里村(現・高畠町)
    • 亀岡村 ← 亀岡村、露藤村、入生田村、船橋村(現・高畠町)
    • 和田村 ← 元和田村、上和田村、下和田村、馬頭村、佐沢村(現・高畠町)
    • 上郷村 ← 川井村、木和田村、竹井村、長手村、上新田村、下新田村、浅川村(現・米沢市)
    • 糠野目村 ← 糠野目村、小其塚村、上平柳村、蛇口村、夏茂村、福沢村、石岡村、大橋村、山崎村(現・高畠町)
    • 沖郷村 ← 宮崎村、萩生田村、中落合村、西落合村、法師柳村、長瀞村、露橋村、坂井村、関根村、郡山村、若狭郷屋村、島貫村、蒲生田村[大部分]、田中村、高梨村、沖田村(現・南陽市)
    • 赤湯村 ← 赤湯村、二色根村、椚塚村、長岡村、三間通村、俎柳村、蒲生田村[一部](現・南陽市)
    • 中川村 ← 小岩沢村、川樋村、元中山村(現・南陽市)、中山村(現・上山市)
    • 吉野村 ← 荻村、金山村、太郎村、小滝村(現・南陽市)
    • 宮内町(宮内村が単独町制、現・南陽市)
    • 漆山村 ← 漆山村、羽付村、池黒村(現・南陽市)
    • 梨郷村 ← 竹原村、砂塚村、和田村、梨郷村(現・南陽市)
    • 伊佐沢村 ← 伊佐沢村、上伊佐沢村(現・長井市)
    • 大塚村 ← 大塚村、西大塚村、東大塚村(現・川西町)
    • 犬川村 ← 小松村、下小松村、高豆蒄村、黒川村(現・川西町)
    • 小松村 ← 上小松村、中小松村(現・川西町)
    • 中郡村 ← 堀金村、高山村、莅村、時田村、南置賜郡下奥田村(現・川西町)
    • 吉島村 ← 洲島村、下平柳村、尾長島村、吉田村(現・川西町)
    • 金谷村が南置賜郡万世村、窪田村が南置賜郡窪田村、今泉村・歌丸村・河井村が西置賜郡豊田村のそれぞれ一部となる。
  • 明治23年(1890年10月22日 - 小松村が町制施行して小松町となる。(2町18村)
  • 明治24年(1891年
    • 4月1日 - 郡制を施行。
    • 4月14日 - 吉野村の一部(金山)が分立して金山村が発足。(2町19村)
  • 明治28年(1895年12月12日(4町17村)
    • 高畑村が町制施行して高畑町となる。
    • 赤湯村が町制施行して赤湯町となる。
  • 明治38年(1905年)1月 - 高畑町が改称して高畠町となる。
  • 大正12年(1923年)4月1日 - 郡会が廃止。郡役所は存続。
  • 大正15年(1926年7月1日 - 郡役所が廃止。以降は地域区分名称となる。
  • 昭和17年(1942年)7月1日 - 「東南置賜地方事務所」が米沢市に設置され、南置賜郡とともに管轄。
  • 昭和23年(1948年)4月1日 - 伊佐沢村の所属郡が西置賜郡に変更。(4町16村)
  • 昭和29年(1954年10月1日 - 高畠町・二井宿村・屋代村・亀岡村・和田村が合併して社郷町が発足。(4町12村)
  • 昭和30年(1955年
    • 1月1日 - 小松町・中郡村・犬川村・大塚村が南置賜郡玉庭村と合併して川西町が発足。(4町9村)
    • 2月1日(4町4村)
      • 宮内町・漆山村・吉野村・金山村が合併し、改めて宮内町が発足。
      • 吉島村が川西町に編入。
      • 上郷村が米沢市に編入。
    • 4月1日(4町2村)
      • 社郷町が糠野目村を編入のうえ改称して高畠町となる。
      • 沖郷村・梨郷村が合併して和郷村が発足。
    • 6月10日 - 赤湯町・中川村が合併し、改めて赤湯町が発足。(4町1村)
  • 昭和32年(1957年3月21日 - 赤湯町の一部(中山)が上山市に編入。
  • 昭和42年(1967年)4月1日 - 宮内町・赤湯町・和郷村が合併して南陽市が発足し、郡より離脱。(2町)
  • 平成13年(2001年) - 東南置賜地方事務所が廃止。「置賜総合支庁」が米沢市に設置され、米沢市・長井市・南陽市・西置賜郡とともに管轄。

変遷表[編集]

行政[編集]

  • 歴代郡長
氏名 就任年月日 退任年月日 備考
1 明治11年(1878年)11月1日
大正15年(1926年)6月30日 郡役所廃止により、廃官

脚注[編集]

  1. ^ 残る区域は1955年南置賜郡から編入。
  2. ^ 記載は中大塚村。
  3. ^ 記載は中伊佐沢村。
  4. ^ 掛入口中山村・中山村(後の元中山村)に分かれて記載。
  5. ^ 上和田村上組・上和田村下組に分かれて記載。
  6. ^ 記載は川樋新田村。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

先代:
置賜郡
行政区の変遷
1878年 -
次代:
(現存)