伊藤隆壽

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

伊藤 隆壽(寿)(いとう たかとし、1944年 - )は、日本の仏教学者、博士。駒澤大学名誉教授。専門は禅学、禅宗を中心とした中国仏教。

来歴[編集]

山形県高畠町生まれ。1967年駒澤大学仏教学部仏教学科卒業。同大学院修士課程修了。1972博士課程満期退学。駒澤大学講師助教授を経て、教授。

1994年『中国仏教の批判的研究』で博士号(仏教学、駒澤大学)取得[1]

2010年駒澤大学を退職、名誉教授。曹洞宗自性院住職。

著書に『三論宗の基礎的研究』『中国仏教の批判的研究』『肇論一字索引』など[2]

受賞[編集]

  • 1981年 日本印度学仏教学会賞[3]

著書[編集]

論文[編集]

出典[編集]

  1. ^ 博士論文『中国仏教の批判的研究』~国立国会図書館
  2. ^ 著書~紀伊國屋書店
  3. ^ 1981年 日本印度学仏教学会賞~日本印度学仏教学会