東北中央自動車道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
高速自動車国道
一般国道自動車専用道路(A')
(有料/無料)

東北中央自動車道
国道13号標識
国道115号標識

東北中央自動車道
路線延長 約268.0km
2014年(平成26年)11月現在:96.9km
開通年 1994年平成6年) -
起点 相馬市相馬IC
主な
経由都市
福島市米沢市山形市新庄市
終点 横手市横手IC
接続する
主な道路
記法
常磐自動車道
東北自動車道
山形自動車道
秋田自動車道
テンプレート(ノート 使い方) ウィキプロジェクト 道路

東北中央自動車道(とうほくちゅうおうじどうしゃどう、TOHOKU-CHUO EXPRESSWAY)は、福島県相馬市を起点に福島市米沢市山形市新庄市を経由し、秋田県横手市秋田自動車道に接続する全長約268km高速道路である。略称は東北中央道(とうほくちゅうおうどう、TOHOKU-CHUO EXPWY)。

概要[編集]

1984年昭和59年)以降、この区間の道路は散発的に事業化されたが、1987年(昭和62年)第四次全国総合開発計画の閣議決定により、東北中央縦貫自動車道として相馬〜横手間が高規格幹線道路に構想され初めて一体的に運用される見通しとなる。その後、それぞれの区間において事業化と着工が行われたが、、2011年7月22日東日本大震災をきっかけにした東北地方の復興の流れで大畠章宏国土交通相により整備の方針が示され[1]、長らく基本計画区間のままで、事業化の目処が立っていなかった相馬〜福島間が、一般国道115号相馬福島道路として整備されることになった。相馬〜相馬西間、阿武隈東〜阿武隈間、霊山〜福島間の3区間、約20kmについて10年以内の完成を目指す方針である。

2013年度にそれまで未事業化区間であった昭和〜金山間、及位〜上院内間、下院内〜雄勝こまち間の3区間が「計画段階評価を進めるための調査」を行う区間に指定され[2]、全区間が調査区間以上に位置づけられることになり、このうち昭和〜金山間、下院内〜雄勝こまち間については2015年度にそれぞれ、新庄金山道路横堀道路として事業化された[3]

なお、東北中央自動車道にはガソリンスタンドが設置されている休憩施設はない。

路線名[編集]

国土開発幹線自動車道の路線名は東北中央自動車道であり以下の表のとおりとされている。

起点 主たる経過地 終点
相馬市 福島市付近 米沢市付近 山形市付近 新庄市付近 横手市

高速自動車国道の路線を指定する政令の路線名は東北中央自動車道相馬尾花沢線であり以下の表のとおりとされている。また、この路線名で建設されている箇所はほとんどなく、多くは高速自動車国道に並行する一般国道自動車専用道路である。

起点 重要な経過地 終点
相馬市 福島市 米沢市 山形県東置賜郡高畠町 南陽市 上山市 山形市 天童市 東根市 村山市 尾花沢市

通過する自治体[編集]

※未開通区間は斜字で記す。

接続高速道路[編集]

インターチェンジなど[編集]

IC
番号
施設名 接続路線名 起点
から
km
BS 備考 所在地
23 相馬IC 常磐自動車道
国道115号
0.0 2018年度開通予定[6] 福島県 相馬市
相馬西IC(仮称) 国道115号 6.0 福島北JCT方面出入口 2016年度開通予定[6]
阿武隈東IC(仮称) 国道115号 16.7 相馬IC方面出入口 2017年度開通予定[6]
阿武隈IC(仮称) 国道115号 21.7 福島北JCT方面出入口 2017年度開通予定[6] 伊達市
霊山IC(仮称) 国道115号 33.7
福島保原線IC(仮称) 県道4号福島保原線 41.7
国道4号IC(仮称) 国道4号 43.9
福島北JCT(仮称) 東北自動車道 45.9 - 桑折町
(重複区間 35.3km)詳細は「東北自動車道」を参照
福島市
福島JCT 東北自動車道 - 2016年度秋開通予定[7]
- 福島JCT TB[8] - -
福島大笹生IC 県道5号上名倉飯坂伊達線
2017年度開通予定[9][10]
- 栗子TN(仮称) - - -
山形県 米沢市
米沢IC(仮称) 国道13号
米沢中央IC(仮称) 県道1号米沢高畠線 道の駅よねざわ(仮称)[11][12]
2017年度開駅予定
米沢北IC 国道121号舘山バイパス 0.0 米沢南陽道路
- 米沢北TB(仮称)[13][14] - -
南陽高畠IC 国道13号(南陽バイパス
国道113号赤湯バイパス
10.3 高畠町
- 南陽PA(仮称)[15] - 2018年度供用予定[16] 南陽市
上山IC(仮称) 国道13号(上山バイパス
国道458号
2018年度開通予定[17] 上山市
6 山形上山IC 国道13号(山形バイパス 0.0
- 山形PA(仮称)[15] - 2018年度供用予定[16] 山形市
7 山形中央IC 県道18号山形朝日線 10.4
6 山形JCT 山形自動車道 15.5 -
8 天童IC 県道23号天童大江線 22.1 天童市
- 天童TB(仮称)[13][14] - -
9 東根IC 国道287号 27.1 東根市
東根北IC(仮称) 県道25号寒河江村山線
村山IC(仮称) 県道25号寒河江村山線 村山市
村山北IC(仮称) 県道381号村山大石田線 山形JCT方面出入口[18]
県道36号新庄次年子村山線 横手IC方面出入口[18]
村山大石田IC(仮称) 県道189号大石田土生田線 2017年度開通予定[19]
尾花沢IC 国道347号 尾花沢市
野黒沢IC 国道13号(尾花沢バイパス 横手IC方面出入口
尾花沢北IC 国道13号 道の駅尾花沢
川原子IC 国道13号 横手IC方面出入口
舟形IC 県道56号新庄舟形線 舟形町
新庄IC 国道47号新庄南バイパス
県道34号新庄戸沢線
新庄市
新庄北IC 県道308号曲川新庄線
昭和IC(仮称) 県道319号赤坂真室川線
金山南IC(仮称) 県道320号仁田山平岡線 金山町
金山IC(仮称) 国道344号
金山北IC(仮称) 国道13号 横手IC方面仮出入口
山形JCT方面出入口[20]
中田IC 国道13号 横手IC方面出入口
及位IC(仮称) 国道13号 山形JCT方面仮出入口[21] 真室川町
上院内IC(仮称) 国道13号 横手IC方面仮出入口
山形JCT方面出入口[21]
2016年度開通予定[22] 秋田県 湯沢市
下院内IC(仮称) 国道13号(横堀バイパス) 山形JCT方面仮出入口
横手IC方面出入口[23]
雄勝こまちIC 国道13号(横堀バイパス)
須川IC 県道51号湯沢栗駒公園線
三関IC 国道13号
- 救急車緊急退出路 県道278号雄勝湯沢線 湯沢IC方面出口
雄勝中央病院への救急搬送[24]
湯沢IC 国道398号
- 十文字TB - - 横手市
十文字IC 国道13号(十文字バイパス)
3 横手IC 秋田自動車道
国道13号
  • 尾花沢IC以北のキロポストは、国道13号のキロポストが設置してあるため、東北中央自動車道のキロポストとしては不明である。

主なトンネルと橋[編集]

  • 背景色がである区間は未開通区間に該当する。未開通区間の名称と構造物名はすべて仮称である。
区間 構造物名 長さ
上り線 下り線
相馬IC-相馬西IC 荒屋鋪橋 178m
今田高架橋 785m
塩出山トンネル 1,801m
円渕トンネル 963m
相馬西IC-阿武隈東IC 楢這トンネル 1,492m
荻平トンネル 1,023m
松ヶ房トンネル 1,319m
玉野トンネル 968m
阿武隈IC-霊山IC 庄司渕トンネル 929m
腰巡トンネル 889m
金弁蔵トンネル 626m
宝直トンネル 161m
七ッ窪トンネル 1,404m
馬舘山トンネル 367m
境ノ目トンネル 175m
霊山IC-福島保原線IC 掛田トンネル 421m
富沢トンネル 433m
上保原トンネル 305m
福島保原線IC-国道4号IC 阿武隈川橋 398m
国道4号IC-福島北JCT 桑折高架橋 1,218m
福島JCT-福島大笹生IC 八反田川橋 70m
福島大笹生IC-米沢IC 大笹生トンネル 2,089m
沖根山トンネル 919m
新高平トンネル 499m
杉ノ平トンネル 217m
中野第一橋 754m
中野トンネル 476m
新長老沢1号橋[25] 76m
新長老沢2号橋[25] 168m
新長老沢3号橋[25] 201m
新長老沢4号橋[25] 113m
大滝トンネル 353m
栗子トンネル 8,972m
水窪第一トンネル 384m
水窪第二トンネル 243m
米沢IC-米沢北IC 米沢大橋 448m
米沢北IC-南陽高畠IC 最上川橋 214m
高畠高架橋 611m
南陽高畠IC-南陽PA 白竜大橋[26] 552m
赤湯トンネル[26] 1,776m
たかつむじやまトンネル[26][27] 1,052m
南陽PA-上山IC 大洞トンネル[26] 998m
中山トンネル[26] 199m
にしごうトンネル[26] 1,361m
上山IC-山形上山IC 三吉山トンネル[26] 2,980.5m
やまがたざおうトンネル[26][28] 944m
山形JCT-天童IC おおさと大橋 681m 692m
村山IC-村山北IC 西郷高架橋 1,014m
村山北IC-村山大石田IC 村山トンネル 395m
尾花沢IC-野黒沢IC 野黒沢高架橋 598.3m
川原子IC-舟形IC 舟形トンネル 1,368m
中田IC-及位IC 主寝坂トンネル [29]2,944m
上院内IC-下院内IC 上院内トンネル 1,585m
下院内トンネル 1,100m
下院内IC-雄勝こまちIC トンネル[30] [31]690m
湯沢IC-十文字TB 皆瀬川橋 320.5m
十文字IC-横手IC 横手IC橋 38.5m 38.5m

トンネルの数[編集]

  • 背景色がである区間は未開通区間に該当する。未開通区間の名称はすべて仮称である。
区間 上り線 下り線
相馬IC - 相馬西IC 2
相馬西IC - 阿武隈東IC 4
阿武隈東IC - 阿武隈IC 0
阿武隈IC - 霊山IC 7
霊山IC - 福島保原線IC 3
福島保原線IC - 国道4号IC 0
国道4号IC - 福島北JCT 0
福島JCT - 福島大笹生IC 0
福島大笹生IC - 米沢IC 9
米沢IC - 米沢北IC 0
米沢北IC - 南陽高畠IC 0
南陽高畠IC - 南陽PA 2
南陽PA - 上山IC 3
上山IC - 山形上山IC 2
山形上山IC - 山形中央IC 0
山形中央IC - 山形JCT 0
山形JCT - 天童IC 0
天童IC - 東根IC 0
東根IC - 東根北IC 0
東根北IC - 村山IC 0
村山IC - 村山北IC[32] 0
村山北IC[32] - 村山北IC[33] 1
村山北IC[33] - 村山大石田IC 0
村山大石田IC - 尾花沢IC 0
尾花沢IC - 野黒沢IC 0
野黒沢IC - 尾花沢北IC 0
尾花沢北IC - 川原子IC 0
川原子IC - 舟形IC 1
舟形IC - 新庄IC 0
新庄IC - 新庄北IC 0
新庄北IC - 昭和IC 0
昭和IC - 金山南IC 0
金山南IC - 金山IC 1
金山北IC - 中田IC 0
中田IC - 及位IC 1
上院内IC - 下院内IC 2
下院内IC - 雄勝こまちIC 1
雄勝こまちIC - 須川IC 0
須川IC - 三関IC 0
三関IC - 湯沢IC 0
湯沢IC - 十文字TB 0
十文字TB - 十文字IC 0
十文字IC - 横手IC 0
合計 39
  • 暫定2車線(※印の区間は完成2車線)の対面通行であるため、上下線で1本のトンネルとなっている。

歴史[編集]

  • 1984年昭和59年)度 : 横手南バイパス(8.6km)が事業化する[34]
  • 1985年(昭和60年)度 : 湯沢バイパス(9.0km)が事業化する[34]
  • 1986年(昭和61年)度 : 尾花沢新庄道路が事業化する[35]
  • 1987年(昭和62年)
  • 1989年(平成元年)
    • 2月17日 : 東北中央自動車道高畠村山線として、高畠町〜村山市が高速自動車国道に指定される[39]
    • 2月27日 : 高畠〜村山間が基本計画区間になる[40]
  • 1990年(平成2年)
    • 1990年(平成2年)度 : 尾花沢新庄道路の用地買収に着手する[35]
    • 9月 : 上山〜山形上山間の都市計画が決定する[41]
  • 1991年(平成3年)
    • 1991年(平成3年)度 : 尾花沢新庄道路の工事に着手する[35]
    • 7月17日 : 横手IC〜大堤交差点間、大堤交差点〜婦気交差点間が開通する[42]
    • 12月3日 : 山形上山〜東根間の整備計画が決定する[40][43]
    • 12月20日 : 福島〜米沢北間と、村山〜尾花沢間が基本計画区間になる[40]
      東北中央自動車道福島米沢線として福島市〜米沢市が、東北中央自動車道高畠尾花沢線として高畠町〜尾花沢市が、それぞれ高速自動車国道に指定される[44]
  • 1993年(平成5年)11月19日 : 山形上山〜東根間の施行命令が出る[40][43]
  • 1994年(平成6年)11月22日 : 湯沢横手道路の十文字IC〜横手IC間が開通する[42]
  • 1995年(平成7年)度 : 米沢〜米沢北間の都市計画が決定する[45]
  • 1996年(平成8年)
    • 1996年(平成8年)度 : 福島〜米沢間と、東根〜尾花沢間の都市計画が決定する[46][47]
      主寝坂道路が事業化する[48]
    • 5月 : 南陽高畠〜上山間の都市計画が決定する[41]
    • 12月27日 : 福島〜米沢間と、東根〜尾花沢間の整備計画が決定する[40]
  • 1997年(平成9年)
    • 2月5日 : 米沢南陽道路の米沢〜高畠間が基本計画区間になる[40]
      東北中央自動車道相馬尾花沢線として、相馬市〜尾花沢市が高速自動車国道に指定される[49]
    • 6月26日 : 湯沢横手道路の湯沢IC〜十文字IC間が開通する[42]
    • 11月21日 : 米沢南陽道路の米沢北IC〜南陽高畠IC間が開通する[40]
  • 1998年(平成10年)
    • 1998年(平成10年)度 : 福島〜米沢間が事業化する[46]
    • 12月25日 : 福島〜米沢間に施行命令が出るとともに、米沢〜米沢北間の整備計画が決定する[50]
      南陽高畠〜山形上山間の整備計画が決定し、東根〜尾花沢間が事業化する[40][41][47]
  • 1999年(平成11年)
    • 4月16日 : 新庄北道路の都市計画が決定する[51][52]
    • 11月27日 : 尾花沢新庄道路の毒沢仮出入口(現・川原子IC)〜新庄IC間が開通する[40]
    • 12月24日 : 福島JCT〜米沢IC間の整備計画が変更され大笹生IC(現・福島大笹生IC)が追加される[50]
  • 2000年(平成12年)度 : 新庄北道路が事業化する[52]
    主寝坂道路の工事に着手する[48]
  • 2001年(平成13年)度 : 福島JCT〜米沢IC間の用地買収に着手する[46]
  • 2002年(平成14年)9月16日 : 山形上山IC〜東根IC間が開通する[40][43]
  • 2003年(平成15年)
    • 2003年(平成15年)度 : 米沢〜米沢北間が事業化し新直轄方式となる[45]
      新庄北道路の用地買収に着手する[52]
      院内道路が事業化する[53]
    • 3月 : 尾花沢新庄道路の舟形トンネルで施工不良が発覚し、補修工事のため同年12月まで毒沢仮出入口(現・川原子IC)〜舟形IC間で片側通行および全面通行止めが繰り返される。
  • 2004年(平成16年)
    • 2004年(平成16年)度 : 福島JCT〜米沢IC間の工事に着手する[46]
    • 1月30日 : 1998年(平成10年)12月25日に福島JCT〜米沢IC間に施行命令が出るが、撤回され新直轄方式となる[40][50][54]
    • 3月18日 : 湯沢横手道路の湯沢ICにある料金所を廃止し十文字本線料金所に移設する。
    • 4月 : 阿武隈東道路が事業化する[55]
    • 7月28日 : 湯沢横手道路の三関IC〜湯沢IC間が開通する[42]
  • 2005年(平成17年)
    • 7月 : 新庄北道路の工事に着手する[52][56]
    • 11月5日 : 主寝坂道路の中田仮出入口(現・外沢IC)〜及位IC間が開通する[57]
  • 2006年(平成18年)
    • 2006年(平成18年)度 : 阿武隈東道路の相馬西IC〜阿武隈東IC間の用地買収に着手する[55]
      東根IC〜尾花沢IC間の用地買収に着手する[47]
    • 2月7日 : 東根IC〜尾花沢IC間が新直轄方式となる[58][59]
    • 3月 : 南陽高畠〜山形上山間が事業化する[41]
    • 8月5日 : 湯沢横手道路の須川IC〜三関IC間が開通する[42]
    • 11月19日 : 尾花沢新庄道路の野黒沢IC〜毒沢仮出入口(現・川原子IC)間が開通し、毒沢仮出入口がインターチェンジ化され川原子ICとなる[60]
  • 2007年(平成19年)
    • 2007年(平成19年)度 : 阿武隈東道路の相馬西IC〜阿武隈東IC間の工事に着手する[61]
      米沢IC〜米沢北IC間の用地買収に着手する[45]
      東根IC〜尾花沢IC間の工事に着手する[47]
      院内道路の用地買収と工事に着手する[53]
    • 8月6日 : 道の駅尾花沢が開駅する[62]
    • 8月26日 : 湯沢横手道路の雄勝こまちIC〜須川IC間が開通し、湯沢横手道路が全線開通する[42]
    • 9月29日 : 東根IC〜尾花沢IC間の工事に着手する[63]
  • 2008年(平成20年)
    • 2008年(平成20年)度 : 米沢IC〜米沢北IC間の工事に着手する[45]
    • 3月30日 : 主寝坂道路の金山北IC〜中田仮出入口(現・外沢IC)間が開通し、中田仮出入口がインターチェンジ化され外沢ICとなる[64]
    • 8月1日 : 阿武隈東道路の起工式が行われる[65]
  • 2009年(平成21年)3月 : 霊山道路が事業化する[55]
  • 2010年(平成22年)
    • 2010年(平成22年)度 : 霊山道路の阿武隈IC〜霊山IC間の用地買収に着手する[55]
    • 3月 : 南陽高畠IC〜山形上山IC間の用地買収に着手する[41]
    • 6月28日 : 米沢北IC〜南陽高畠IC間、山形上山IC〜東根IC間、湯沢IC〜横手IC間がそれぞれ高速道路無料化社会実験の対象区間となる[66]
  • 2011年(平成23年)
    • 3月11日 : 東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)により、米沢北IC〜南陽高畠IC間、山形上山IC〜東根IC間、湯沢IC〜横手IC間が一時通行止めとなる[67]
    • 3月26日 : 新庄北道路の新庄IC〜新庄北IC間が開通する[68]
    • 4月 : 南陽高畠IC〜山形上山IC間の工事に着手する[41]
    • 6月20日 : 政府が東日本大震災の復旧・復興費用をまかなうため、0時をもって高速道路無料化社会実験が一旦終了し、一時凍結される[69]
      東日本大震災による被災者支援復旧・復興支援を目的に、一部車両を対象に通行料金を無料とする措置を、有料区間である米沢北IC〜南陽高畠IC間、山形上山IC〜東根IC間、湯沢IC〜横手IC間でそれぞれ開始される[70]
    • 8月31日 : 東日本大震災による復旧・復興支援を目的に、一部車両を対象に通行料金を無料とする措置が終了する[70]
    • 11月 : 相馬福島道路の相馬西道路と、阿武隈東〜阿武隈間が事業化する[55]
    • 11月26日 : 復興道路着工式が行われる[71]
    • 11月30日 : 東日本大震災による被災者支援を目的に、一部車両を対象に通行料金を無料とする措置が終了する[70][72]
    • 12月1日 : 東日本大震災による観光振興を目的に、土日祝日の普通車軽自動車等(ETC搭載車限定)で無料とする措置を実施する[73]
  • 2012年(平成24年)
    • 2012年(平成24年)度 : 相馬西道路の相馬IC〜相馬西IC間の用地買収に着手する[55]
      相馬福島道路の阿武隈東IC〜阿武隈IC間の用地買収に着手する[55]
      泉田道路が事業化する[74]
    • 3月31日 : 東日本大震災による観光振興を目的に、土日祝日の普通車・軽自動車等(ETC搭載車限定)で無料とする措置を終了する[73]
    • 4月20日 : 大笹生IC(現・福島大笹生IC)、米沢中央IC(仮称)、東根北IC(仮称)、村山北IC(仮称)、村山大石田IC(仮称)がそれぞれ連結許可される[75]
    • 7月20日 : 相馬福島道路の霊山〜福島間の都市計画が決定する[76]
    • 11月27日 : 霊山道路の阿武隈IC〜霊山IC間の工事に着手する[77]
  • 2013年(平成25年)
    • 2月9日 : 相馬西道路の相馬IC〜相馬西IC間の工事に着手する[78]
    • 5月15日 : 相馬福島道路の霊山〜福島間が事業化する[76]
    • 11月16日 : 相馬福島道路の阿武隈東IC〜阿武隈IC間の工事に着手する[79]
  • 2014年(平成26年)
    • 2014年(平成26年)度 : 相馬福島道路の霊山IC〜福島北JCT間の用地買収に着手する[55]
    • 9月21日 : 泉田道路の新庄北IC〜昭和IC間の工事に着手する[80]
    • 9月28日 : 相馬福島道路の霊山IC〜福島北JCT間の工事に着手する[81]
    • 11月16日 : 尾花沢新庄道路の尾花沢IC〜野黒沢IC間が開通する[82]
  • 2015年(平成27年)

道路管理者[編集]

  • NEXCO東日本
    • 東北支社
      • 山形管理事務所 : 米沢北IC〜南陽高畠IC、山形上山IC〜東根IC
      • 横手管理事務所 : 湯沢IC〜横手IC
  • 国土交通省
    • 東北地方整備局
      • 山形河川国道事務所 : 尾花沢IC〜新庄北IC、金山北IC〜及位IC
      • 湯沢河川国道事務所 : 雄勝こまちIC〜湯沢IC

車線・最高速度・料金[編集]

区間 車線
上下線=上り線+下り線
最高速度 料金
米沢北IC - 南陽高畠IC
(米沢南陽道路)
2=1+1
(暫定2車線)
70km/h 有料
山形上山IC - 東根IC
尾花沢IC - 新庄IC
(尾花沢新庄道路)
無料
新庄IC - 新庄北IC
(新庄北道路)
金山北 - 及位
(主寝坂道路)
雄勝こまちIC - 湯沢IC
(湯沢横手道路)
湯沢IC - 横手IC
(湯沢横手道路)
有料
  • ほぼ全線で暫定2車線となっているが、一部区間では追い越し車線が設置されている。また、十文字本線料金所付近は40km/hになっている。

交通量[編集]

24時間交通量(台) 道路交通センサス

区間 平成17(2005)年度 平成22(2010)年度
山形上山IC - 山形中央IC 2,259 10,833
山形中央IC - 山形JCT 4,653 21,503
山形JCT - 天童IC 3,697 15,157
天童IC - 東根IC 2,934 11,128

(出典:「平成22年度道路交通センサス」(国土交通省ホームページ)より一部データを抜粋して作成)

2002年度 区間別平日平均交通量(台)[84]

  • 山形上山IC-東根IC : 2,107

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 大畠大臣会見要旨”. 国土交通省 (2011年7月22日). 2011年8月4日閲覧。
  2. ^ 平成25年度 東北地方整備局の事業概要 (PDF)”. 国土交通省 東北地方整備局. p. 14 (2013年5月16日). 2016年3月14日閲覧。
  3. ^ 新庄金山道路5.8km待望の事業化決定! (PDF)”. 広報かねやま No.629. 金山町 (2015年5月1日). 2015年10月19日閲覧。
  4. ^ 一般国道115号 相馬福島道路”. 国土交通省 東北地方整備局 磐城国道事務所. 2015年10月18日閲覧。
  5. ^ 新規事業候補箇所の選定の考え方 (PDF)”. 社会資本整備審議会 道路分科会 東北地方小委員会. p. 2. 2015年10月22日閲覧。
  6. ^ a b c d 復興道路・復興支援道路情報サイト - 開通目標”. 国土交通省 東北地方整備局 道路部. 2015年5月17日閲覧。
  7. ^ 東北中央自動車道福島JCT〜福島大笹生IC間「秋の行楽シーズン前までに」開通します (PDF)”. 国土交通省 福島河川国道事務所、福島県、東日本高速道路株式会社 東北支社 福島管理事務所 (2016年2月17日). 2016年2月21日閲覧。
  8. ^ 拡大型指名競争入札の公表 (PDF)”. 東日本高速道路株式会社 東北支社 (2015年9月7日). 2015年10月19日閲覧。
  9. ^ 東北中央自動車道(福島〜米沢) (PDF)”. 国土交通省 東北地方整備局 山形河川国道事務所. 2015年10月19日閲覧。
  10. ^ 東北中央自動車道(米沢〜米沢北) (PDF)”. 国土交通省 東北地方整備局 山形河川国道事務所. 2015年10月22日閲覧。
  11. ^ 広報よねざわ 2015年5月1日号 (PDF)”. 米沢市. p. 10 (2015年5月1日). 2016年3月16日閲覧。
  12. ^ 重点「道の駅」の選定について 〜地方創生の核となる「道の駅」を重点的に応援します〜 (PDF)”. 国土交通省 東北地方整備局. p. 10 (2015年1月30日). 2016年3月16日閲覧。
  13. ^ a b 簡易公募型競争入札(総合評価落札方式)に係る手続開始の公示 (PDF)”. 東日本高速道路株式会社 東北支社 山形工事事務所 (2014年1月30日). 2015年10月21日閲覧。
  14. ^ a b 入札公告 (PDF)”. 東日本高速道路株式会社 東北支社 山形工事事務所 (2015年8月25日). 2015年10月21日閲覧。
  15. ^ a b 東北中央自動車道(南陽高畠〜山形上山)【再評価】 (PDF)”. 東日本高速道路株式会社. p. 9 (2011年12月6日). 2015年10月20日閲覧。
  16. ^ a b 高速道路利便施設の連結に関する情報提供(東日本高速道路株式会社) (PDF)”. 独立行政法人 日本高速道路保有・債務返済機構 (2015年8月10日). 2015年10月20日閲覧。
  17. ^ 開通予定区間|東北・新潟|東北中央自動車道”. 東日本高速道路株式会社. 2015年10月20日閲覧。
  18. ^ a b 東北中央自動車道(東根〜尾花沢間)工事状況 (PDF)”. 国土交通省 東北地方整備局 山形河川国道事務所 (2015年9月30日). 2015年10月22日閲覧。
  19. ^ 東北中央自動車道(東根〜尾花沢) (PDF)”. 国土交通省 東北地方整備局 山形河川国道事務所. 2015年10月21日閲覧。
  20. ^ 東北中央自動車道(昭和〜金山)計画段階評価 第3回 説明資料 (PDF)”. 国土交通省 東北地方整備局. p. 27 (2014年11月4日). 2015年10月22日閲覧。
  21. ^ a b 東北中央自動車道(及位〜上院内)計画段階評価 第3回 説明資料 (PDF)”. 国土交通省 東北地方整備局. p. 27 (2014年11月4日). 2015年10月22日閲覧。
  22. ^ 平成27年度 湯沢河川国道事務所事業概要 (PDF)”. 国土交通省 東北地方整備局 湯沢河川国道事務所. p. 8 (2015年4月). 2015年10月23日閲覧。
  23. ^ 一般国道13号(東北中央自動車道)横堀道路に係る新規事業採択時評価 (PDF)”. 社会資本整備審議会 道路分科会 東北地方小委員会. p. 2. 2015年10月23日閲覧。
  24. ^ 湯沢横手道路において救急車退出路を8月1日より運用開始します。”. 国土交通省 東北地方整備局 湯沢河川国道事務所 (2005年7月21日). 2015年10月23日閲覧。
  25. ^ a b c d 新長老沢1号橋〜新長老沢4号橋の4橋梁を合わせて新長老沢橋と言う。
    東北中央自動車道 福島〜米沢北 (PDF)”. 国土交通省 東北地方整備局 福島河川国道事務所/山形河川国道事務所. p. 2. 2015年11月15日閲覧。
  26. ^ a b c d e f g h NEXCO東日本の技術を結集し難工事に挑む”. 株式会社 鋼構造出版. 2015年12月3日閲覧。
  27. ^ 入札公告(説明書) (PDF)”. 東日本高速道路株式会社 東北支社. p. 1 (2015年1月22日). 2015年12月3日閲覧。
  28. ^ 入札公告(説明書) (PDF)”. 東日本高速道路株式会社 東北支社. p. 1 (2014年10月17日). 2015年12月3日閲覧。
  29. ^ 看板には2,940mと記されている。
  30. ^ 名称未定
  31. ^ 概数
  32. ^ a b 南側
  33. ^ a b 北側
  34. ^ a b c 湯沢横手道路 三関IC〜湯沢IC間の開通について”. 国土交通省 東北地方整備局 湯沢河川国道事務所 (2004年8月26日). 2016年3月5日閲覧。
  35. ^ a b c 道路事業 再評価 一般国道13号 尾花沢新庄道路 (PDF)”. 国土交通省 東北地方整備局. p. 2 (2010年11月26日). 2016年3月5日閲覧。
  36. ^ 第四次全国総合開発計画 (PDF)”. 国土交通省. p. 3 (1987年6月). 2016年3月4日閲覧。
  37. ^ 第四次全国総合開発計画 (PDF)”. 国土交通省. p. 142 (1987年6月). 2016年3月4日閲覧。
  38. ^ 法律第八十三号(昭六二・九・一) (PDF)”. 衆議院. 2016年3月14日閲覧。
  39. ^ 高速自動車国道の路線を指定する政令の一部を改正する政令(平成元年政令第35号)
  40. ^ a b c d e f g h i j k 山形の高速道路 (PDF)”. 山形県 県土整備部 道路整備課 高速道路整備推進室. p. 2 (2015年7月). 2016年3月5日閲覧。
  41. ^ a b c d e f 東北中央自動車道(南陽高畠〜山形上山)【再評価】 (PDF)”. 東日本高速道路株式会社. p. 12 (2014年12月16日). 2016年3月14日閲覧。
  42. ^ a b c d e f 一般国道13号 湯沢横手道路 (PDF)”. 国土交通省 東北地方整備局 湯沢河川国道事務所. p. 3. 2016年3月5日閲覧。
  43. ^ a b c 東北中央自動車道 山形上山〜東根間 事後評価(案) (PDF)”. 東日本高速道路株式会社. p. 3. 2016年3月6日閲覧。
  44. ^ 高速自動車国道の路線を指定する政令の一部を改正する政令(平成3年政令第376号)
  45. ^ a b c d 道路事業 再評価 東北中央自動車道 米沢〜米沢北 (PDF)”. 国土交通省 東北地方整備局. p. 2 (2013年10月18日). 2016年3月5日閲覧。
  46. ^ a b c d 再評価結果(平成27年度事業継続箇所) (PDF)”. 国土交通省 道路局 国道・防災課. p. 1. 2016年3月14日閲覧。
  47. ^ a b c d 道路事業 再評価 東北中央自動車道 東根〜尾花沢 (PDF)”. 国土交通省 東北地方整備局. p. 2 (2011年10月3日). 2016年3月14日閲覧。
  48. ^ a b 道路事業 事後評価 一般国道13号 主寝坂道路 (PDF)”. 国土交通省 東北地方整備局. p. 2 (2013年1月29日). 2016年3月5日閲覧。
  49. ^ 高速自動車国道の路線を指定する政令の一部を改正する政令(平成9年政令第12号)
  50. ^ a b c 東北中央自動車道 福島〜米沢北 (PDF)”. 国土交通省 東北地方整備局 福島河川国道事務所/山形河川国道事務所. p. 1. 2016年3月4日閲覧。
  51. ^ 国道13号 新庄北道路が開通します 〜3月26日(土)開通〜 (PDF)”. 国土交通省 東北地方整備局 山形河川国道事務所. p. 3 (2011年2月28日). 2016年3月5日閲覧。
  52. ^ a b c d 一般国道13号 新庄北道路 (PDF)”. 国土交通省 東北地方整備局. p. 1 (2009年7月22日). 2016年3月5日閲覧。
  53. ^ a b 道路事業 再評価 一般国道13号 院内道路 (PDF)”. 国土交通省 東北地方整備局. p. 2 (2014年10月31日). 2016年3月5日閲覧。
  54. ^ 平成21年版 交通白書 (PDF)”. 福島県/福島県警察本部. p. 16 (2009年9月). 2016年3月5日閲覧。
  55. ^ a b c d e f g h 一般国道115号 相馬福島道路(復興支援道路) (PDF)”. 国土交通省 東北地方整備局 福島河川国道事務所/磐城国道事務所. p. 3-5 (2015年7月). 2016年3月4日閲覧。
  56. ^ 新庄市の歩み”. 新庄市役所. 2016年3月5日閲覧。
  57. ^ 一般国道13号主寝坂道路の部分開通について 〜11月5日(土)に部分開通〜 (PDF)”. 国土交通省 東北地方整備局 山形河川国道事務所 (2005年10月3日). 2016年3月5日閲覧。
  58. ^ 第2回国土開発幹線自動車道建設会議 説明資料 (PDF)”. 国土交通省. p. 1 (2006年2月7日). 2016年3月5日閲覧。
  59. ^ 第2回国土開発幹線自動車道建設会議 説明資料 (PDF)”. 国土交通省. p. 13 (2006年2月7日). 2016年3月5日閲覧。
  60. ^ 一般国道13号尾花沢新庄道路の部分開通について 〜11月19日(日)に部分開通〜 (PDF)”. 国土交通省 東北地方整備局 山形河川国道事務所 (2006年10月20日). 2016年3月5日閲覧。
  61. ^ 平成27年度 業務概要 (PDF)”. 国土交通省 東北地方整備局 磐城国道事務所. p. 45 (2015年7月7日). 2016年3月4日閲覧。
  62. ^ 道の駅尾花沢のご案内”. 尾花沢市. 2016年3月9日閲覧。
  63. ^ 東北中央自動車道(東根〜尾花沢間)の工事に着手!!”. 国土交通省 東北地方整備局 山形河川国道事務所 (2007年9月25日). 2016年3月5日閲覧。
  64. ^ 国土交通省 山形河川国道事務所が進めてきました、山形県最上郡金山町地内の一般国道13号「主寝坂道路(延長4,900m)」が3月30日(日)午後3時に開通します。”. 国土交通省 東北地方整備局 山形河川国道事務所 (2008年3月13日). 2016年3月5日閲覧。
  65. ^ 一般国道115号阿武隈東道路「起工式」の開催について 開催日時:8月1日(金)11:00〜”. 国土交通省 東北地方整備局 磐城国道事務所 (2008年7月4日). 2016年3月9日閲覧。
  66. ^ 平成22年度 高速道路無料化社会実験 (PDF)”. 国土交通省. p. 2-4 (2010年6月15日). 2016年3月5日閲覧。
  67. ^ 参考資料-2 (PDF)”. 東日本高速道路株式会社 東北支社. p. 2 (2011年8月11日). 2016年3月10日閲覧。
  68. ^ 国道13号 新庄北道路が開通します 〜3月26日(土)開通〜 (PDF)”. 国土交通省 東北地方整備局 山形河川国道事務所 (2011年2月28日). 2016年3月5日閲覧。
  69. ^ 東日本大震災を踏まえた高速道路の料金について (PDF)”. 国土交通省 道路局 (2011年6月8日). 2016年3月5日閲覧。
  70. ^ a b c 東日本大震災に伴う東北地方の高速道路の無料措置通行方法について”. 東日本高速道路株式会社/中日本高速道路株式会社/西日本高速道路株式会社/本州四国連絡高速道路株式会社 (2011年6月8日). 2016年3月5日閲覧。
  71. ^ 復興道路着工式の開催について 〜東北中央自動車道が地域の復興をリードします〜 (PDF)”. 国土交通省 東北地方整備局. p. 1 (2011年11月24日). 2016年3月5日閲覧。
  72. ^ 当初の予定は2012年6月19日までだった。
  73. ^ a b 東北地方の高速道路の無料措置 12月以降における取り扱いについて”. 東日本高速道路株式会社/中日本高速道路株式会社/西日本高速道路株式会社/本州四国連絡高速道路株式会社 (2011年11月21日). 2016年3月5日閲覧。
  74. ^ 道路事業 事後評価 一般国道13号 主寝坂道路 (PDF)”. 国土交通省 東北地方整備局. p. 9 (2013年1月29日). 2016年3月5日閲覧。
  75. ^ 東北管内で新たに6箇所のインターチェンジが整備されます (PDF)”. 国土交通省 東北地方整備局 (2012年4月20日). 2013年5月29日閲覧。
  76. ^ a b 国道115号 相馬福島道路(霊山〜福島)中心杭設置式 (PDF)”. 伊達市/桑折町/福島県/国土交通省 東北地方整備局 福島河川国道事務所. p. 9 (2013年10月6日). 2016年3月9日閲覧。
  77. ^ 相馬福島道路(霊山道路)の「起工式」を開催 (PDF)”. 国土交通省 東北地方整備局 福島河川国道事務所. p. 1 (2012年11月20日). 2016年3月5日閲覧。
  78. ^ 相馬福島道路の「起工式」を相馬市で開催 〜福島県内における新規事業化区間(2区間11km)で初めての工事着工〜 (PDF)”. 国土交通省 東北地方整備局 磐城国道事務所. p. 1 (2013年2月1日). 2016年3月9日閲覧。
  79. ^ 相馬福島道路(阿武隈東〜阿武隈)の「起工式」を開催 (PDF)”. 国土交通省 東北地方整備局 福島河川国道事務所. p. 1 (2013年11月11日). 2016年3月5日閲覧。
  80. ^ 国道13号 泉田道路 起工式のお知らせ 〜東北中央自動車道・北へとつなぐ第一歩〜 (PDF)”. 国土交通省 東北地方整備局 山形河川国道事務所. p. 1 (2014年8月27日). 2016年3月5日閲覧。
  81. ^ 相馬福島道路(霊山〜福島)「起工式」のお知らせ 〜相馬福島道路の最後の区間で工事着手〜 (PDF)”. 国土交通省 東北地方整備局 福島河川国道事務所. p. 1 (2014年9月19日). 2016年3月5日閲覧。
  82. ^ 国道13号 尾花沢新庄道路が平成26年11月16日(日)に開通します 〜冬期間の円滑な交通を確保〜 (PDF)”. 国土交通省 東北地方整備局 山形河川国道事務所 (2014年10月16日). 2014年10月17日閲覧。
  83. ^ 国交省が新庄金山道路を事業化 5.8キロ分の調査設計に1億円配分”. 山形新聞 (2015年4月10日). 2016年3月5日閲覧。
  84. ^ 2003年度JH年報

関連項目[編集]

外部リンク[編集]