東山昭子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

東山 昭子(ひがしやま あきこ、1936年(昭和11年) - )は、日本九重流詩吟学会4代目宗家雅号は穆洲(ぼくしゅう)、致道博物館理事、鶴岡総合研究所研究顧問東北公益文科大学非常勤講師コロムビア吟詠音楽会会員

略歴[編集]

年物[編集]

著書[編集]

  • 1989年(平成元年)[元号要検証] - 『庄内の風土・人と文学』 東北出版企画
  • 1991年(平成3年) - 『楽土苑・遊就館 - 香りの園誕生記 国際交流農業研修センター』 毛呂農園遊就館
  • 1998年(平成10年) - 『楽土苑・遊就館 - 香りの園 開設十周年記念』 毛呂千鶴夫

共著[編集]

  • 1992年(平成4年) - 『尾浦の里うた - ブナの森の生きる町』 太田威、阿部琴枝(共著者) 尾浦の里を愛する会

親族[編集]