無角和種

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

無角和種(むかくわしゅ、英語:Japanese Polled)は、の品種の一つであり、肉牛として飼育される。

歴史[編集]

山口県阿武郡に国の畜産試験場中国支場からアバディーン・アンガスによる交雑種1920年大正9年)に貸付され、これと従来種(従来種については和牛の項を参照)との交配が元とされる。

1923年(大正12年)に最初の標準が決められ、無角防長種と呼ばれ、更に改良が進められた。

1944年昭和19年)に無角和種と命名された。

国内肉用種の1 %にも満たず、山口県阿武郡で多く飼育されている。

身体・特徴[編集]

  • 毛色は単色、鼻鏡、も黒く、無角。
  • 体格は小型で成雌の体高は120 cm、体重450 kg程(雄で140 cm、800 kg程)
  • 体型は典型的肉用種にかなり近く、中躯は長めで短肢。
  • 産肉能力は1日増体量で1 kg前後、枝肉歩留62 %と良い。
  • 皮下脂肪が厚く、ロース芯面積は小さい。
  • 脂肪沈着が第1次筋束間に止まり、筋繊維間にまで入らないため、素牛生産に黒毛和種の雄も使われている。

脚注[編集]


参考文献[編集]

  • 「人工授精師用テキスト」 - 日本家畜人工授精師協会発行

関連項目[編集]