やきとん

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

やきとん(焼きとん、焼きトンとも)は、焼き鳥の調理法を使用し、主な食材を豚肉とした串焼き料理である。豚のもつを使用したものは「ホルモン焼き」と呼ぶ事もある。

調理方法や味付けに関しては「焼き鳥」を参照の事。

概要[編集]

調理方法や味付けも同じであるが、塩、醤油だれの他、味噌だれの味付けで供されることもある。

豚肉(バラ肉肩ロースなど)を一口大に切ったものをタマネギ等と一緒に竹串に刺し通しあぶり焼きしたものは「豚串」・「豚の串焼き」とも呼ぶ事がある。また、のもつを使用したものもある。

調理方法や味付け方法が同一であることから、「やきとり」とも呼ぶ。

種類
豚の各部位が使用される。

地域差[編集]

  • 北海道南部では鶏の焼き鳥以上多く食されるメニューだが、総称して「やきとり」、「焼き鳥」と呼び、「やきとん」とは呼ばない。代表的な室蘭やきとりは豚肉とタマネギの串焼きである。
  • 関東地方では、戦後の闇市で大衆的な食べ物として人気となった。酒の肴として焼き鳥以外に豚の内臓肉を使用した物は「やきとん」として低価格の料理メニューとなっている。
  • 埼玉県東松山市では「やきとり」の呼称で、にんにく唐辛子味噌で食べる名物料理である。
  • 九州の焼き鳥屋では鶏以外にも多種の食材を串焼きにしており、その中でも豚のバラ肉を串焼きにした「豚バラ」(または「豚串」)は最も代表的な「焼き鳥」である。やきとんという言葉自体が存在しない。

関連項目[編集]