グヤーシュ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
グヤーシュ鍋をかけた釜

グヤーシュハンガリー語: gulyás [ˈɡujɑ̈ːʃ]ドイツ語: Gulasch 中央ドイツおよびオーストリアでは [ˈɡʊlaʃ] グラシュ、北ドイツでは [ˈɡuːlaʃ] グーラッシュ)は、ハンガリー起源の料理である。ハンガリーではスープであるが、ドイツでは一般的にシチュー料理を指す。

語源[編集]

ハンガリー語の料理名の gulyás [ˈɡujɑ̈ːʃ]「グヤーシュ」は gulyásleves [ˈɡujɑ̈ːʃˌlɛvɛʃ]「グヤーシュレヴェシュ」の短縮形であり、gulyáslevesgulyás [ˈɡujɑ̈ːʃ]「グヤーシュ」と leves [ˈlɛvɛʃ]「レヴェシュ」の合成語である。gulyás は放牧されている牛の群れを意味する gulya [ˈɡujɒ]「グヤ」に形容詞を作る派生辞の -s [ʃ]「シュ」が付いたもので、「牛の群れの」牧童 (pásztor [ˈpɑ̈ːstor] パーストル) で牛飼いを意味するgulyás pásztor [ˈɡujɑ̈ːʃ ˌpɑ̈ːstor]「グヤーシュ・パーストル」の形容詞部分が残って、それだけでも名詞として「牛飼い」を意味するようになったもの。leves [ˈlɛvɛʃ]「レヴェシュ」は「汁」を意味する [ˈle̝ː]「レー」の形容詞形の leves が名詞化して「汁」とか「スープ」といった意味になったもの。つまり、gulyásleves は「牛飼い汁」という意味である。このスープを調理する火にかける鍋を bogrács [ˈboɡrɑ̈ːt͡ʃ]「ボグラーチ」と呼び、ボグラーチに入れて供されるグヤーシュを bogrács gulyásleves [ ˈboɡrɑ̈ːt͡ʃ ˌɡujɑ̈ːʃlɛvɛʃ]「ボグラーチ・グヤーシュレヴェシュ」と呼ぶ。グヤーシュはボグラーチで調理されるのが一般的なので、グヤーシュは日本語では「牛飼い汁」、「牛飼い鍋」と訳せるだろう。

ドイツ語の Goulasch はハンガリー語からの借用語。英語では goulash(英音 [ˈɡuː.læʃ] グーレッシュ、米音 [ˈɡuː.lɑːʃ] グーラーシュ)。フランス語では goulache[ɡuˈlɑʃ] グラッシュ)。

なお、ハンガリー語の gulyás [ˈɡujɑ̈ːʃ]「グヤーシュ」の古い発音は [ˈɡuʎɑ̈ːʃ]「グリャーシュ」であった。そのため、元々北ハンガリーで話されていたスロヴァキア語では guláš [ˈɡulaːʃ]「グラーシュ」と guľáš [ ˈɡuʎaːʃ]「グリャーシュ」の両方の語形が存在する。

概要[編集]

牛肉、ラードとタマネギパプリカなどから作られる。パスタ類やサワークリームを加える場合もある。

放牧や農作業をしていた大ハンガリー圏の人々が、わざわざ時間をかけて自宅で昼食をとる手間を省くため、外へ釜を作り大鍋で昼食用に作られたスープである釜煮グヤーシュハンガリー語: bogrács gulyásドイツ語: Kesselgulasch)が起源。現在でもハンガリーや現ルーマニアトランシルヴァニア、旧上ハンガリー、現スロヴァキアセルビアヴォイヴォディナ自治州等ではこの伝統的なスタイルのグヤーシュを食べている。戦時中の移動部隊の食事にもなっていた。

最も代表的なハンガリー料理である。ハンガリーではスープ(gulyásleves [ˈɡujɑ̈ːʃˌlɛvɛʃ] グヤーシュ・レヴェシュ)であり、家庭においては日本の味噌汁のような存在である。ドイツ等のものはハンガリーとは異なり、どちらかというと「蒸し煮シチュー」(ハンガリー語ではペルケルト(pörkölt [ˈpørkølt],))に当たるものを指す。

かつての大ハンガリー(概ね現在のハンガリーにオーストリアのブルゲンランド地域スロヴァキアルーマニアトランシルヴァニア地方スロヴェニアの一部、クロアチアスラヴォニア地方セルビアヴォイヴォディナ地域を加えたもの)をはじめ、オーストリアドイツ南西部バイエルン地方、北イタリア、スロヴェニアチェコポーランドクロアチアセルビアなど中欧一帯で代表的な料理として食べられている。

また、モンゴル料理のひとつである「グリヤシ」はグヤーシュがモンゴルに伝わった際に、羊肉をメインに使う形でモンゴル風にアレンジされたもので、“グリヤシ”の名前も「グヤーシュ」がモンゴル語の発音に合わせて変化したものである。

簡単なレシピ[編集]

シチュー形式のものは、以下のような材料・方法で調理することができる。

  1. 熱した鍋にラードを溶かし、みじん切りにしたたまねぎ、にんにく、キャラウェイを入れる。
  2. 香りが出てきたら牛肉をいれ焼き目をつける。肉に焼き目がついたら適当な大きさに切ったじゃがいもと水、塩、グリーンペッパー、トマトを加えて煮込む。肉がやわらかくなったら塩と胡椒で味を調える。なお肉は羊肉でもよい。

バリエーション(シチュー形式のもの)[編集]

中に入れる肉の種類や野菜の種類により違ってくる

デブレツェン風グーラシュ (Debrecziner Gulasch)
の首まわりの肉で作られたソーセージを煮込んだグヤーシュ。その他のドイツ式ソーセージも入れて煮込む。
ツィゴイナーグーラシュ(ジプシー風グヤーシュ、Zigeunergulasch)
グヤーシュの肉に豚肉マトンなど二種類以上の肉を使い、ピーマン人参など野菜を更に多く入れ、ベーコンも加えて煮込む。
セゲド風?グヤーシュ (Szegediner Gulasch)
ニンニクを入れたサワークリームを加えたグヤーシュ。煮込むときにシュマルツを加える。
ウィーン風グヤーシュ
ウィーン風グヤーシュ (Wiener Gulasch)
基本的なグヤーシュに目玉焼きダンプリングを添えたもの。
フィアカーグーラシュ (Fiakergulasch)
ウィーン風グヤーシュ」に小さめのフランクフルトソーセージと目玉焼き、ピクルスとSemmelknoedel(ドイツパン団子)を添えたもの。
野菜のグヤーシュ (Esterhazygulasch)
数々の野菜とケッパーを煮込んで作るグヤーシュ。
ジャガイモ・グヤーシュ (Erdapfelgulasch)
タマネギジャガイモラードで炒め、パプリカで味付けしたシンプルなグヤーシュ。
ソーセージ・グヤーシュ (Wurstgulasch)
通常使われる牛肉や羊肉の代わりに、種類の違うソーセージサラミを多数入れて煮込んだグヤーシュ。
セゲド風グヤーシュ (Szegedin goulash)
豚肉とザワークラウトの入ったグヤーシュ。スロヴァキアで食べられている。
野菜とケッパーのグヤーシュ (Kesselgulasch)
トマトをベースにした野菜類とケッパーとパプリカおよび、小麦粉を練って作ったTeig(独語版)というパスタと一緒に煮込んで食べるグヤーシュ。
クリームグヤーシュ
にんにく、たまねぎをラードで炒め、パプリカと生クリームで味付けしたグヤーシュ。パンにつけて食べる。

外部リンク[編集]