楳垣実

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

楳垣 実(うめがき みのる、1901年2月18日 - 1976年2月29日[1])は、日本言語学者。専門は比較語学方言隠語外来語辞典や隠語辞典を編纂したことで知られるが、語源についての随筆もある。

京都府生まれ。1923年同志社大学文学部英文学科卒業。1924年長野県木曽中学校(現長野県木曽高等学校)嘱託。同志社大学教授、太平洋戦争では南支に従軍。和歌山大学教授、1952年帝塚山学院短期大学教授、1966年定年、関西外国語大学教授。1972年紫綬褒章受勲[2]

著書[編集]

  • 「日本外來語の研究」1943年 青年通信社出版部
  • 『京言葉』高桐書院 1946
  • 『京都のわらべ唄』関書院 1947
  • 「京都年中行事」新版 1948年 関書院
  • 「船場言葉」1955年 近畿方言学会
  • 「猫も杓子も―語原随筆」1960年 関書院 のち創拓社(語源随筆)
  • 「江戸のかたきを長崎で―続語源随筆」1961年 関書院 のち創拓社 
  • 「嫁が君―語原随筆」1961年 東京堂
  • 「バラとさくら―日英比較言語学入門」1961年 大修館書店
  • 『隠語 ことばの狂い咲き』東京堂 1962
  • 「舶来語・古典語典」1962年 東峰出版
  • 「日本外来語の研究」1963年 研究社出版
  • 『あの道この道』楳垣実教授退職記念会 1966
  • 『外来語のカルテ』ELEC出版部 エレック選書 1973 「外来語」講談社文庫 
  • 「日本の忌みことば」1973年 岩崎美術社
  • 「日英比較表現論」1975年 大修館書店

編著[編集]

  • 『隠語辞典』東京堂 1956
  • 『近畿方言の総合的研究』三省堂 1962
  • 「兵庫県丹波方言文例調査」近畿方言学会と共著 1962年 近畿方言学会
  • 『外来語辞典』東京堂出版 1966

外部リンク[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『著作権台帳』
  2. ^ 「楳垣実先生を語る」西宮一民「国語学」1977-06