婦人画報

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

婦人画報(ふじんがほう)とは、ハースト婦人画報社が発売する婦人向け生活情報誌である。毎月1日発売。

2016年現在、現存する日本最古の女性誌である。

概要[編集]

1905年にハースト婦人画報社の原型である近事画報社(のちに婦人画報社)の創業とともに創刊。同社最初の刊行物であり、社名のそもそもの由来でもある。

旅行、グルメ、ファッション、ビューティなど、掲載内容は幅広く、同日に世界文化社が発売している家庭画報などと並ぶハイカルチャー婦人誌の代表的存在である。

目次が3ページにわたっており、左2ページは3枚折り構造。3枚折りの裏側3ページの広告は、通常高級宝飾品・時計メーカーで、ほとんどの場合リシュモングループのブランドの出稿である。

この雑誌の増刊号や派生媒体として、ゴージャス系雑誌「25ans」や男性ファッション誌「MEN'S CLUB」が誕生した。

なお、同じ出版社が日本版を発売している米国の雑誌『HARPER'S BAZAAR』は、世界最古の女性ファッション誌である。

掲載作品[編集]

小説・エッセイ[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]