窪田空穂

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
窪田 空穂
誕生 (1877-06-08) 1877年6月8日
長野県東筑摩郡和田村
死没 (1967-04-12) 1967年4月12日(89歳没)
東京都文京区目白台
墓地 雑司ヶ谷霊園
職業 歌人国文学者
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
教育 長野県尋常中学校卒業
最終学歴 旧制東京専門学校卒業
ジャンル 短歌
主な受賞歴 日本芸術院会員(1943年)
文化功労者(1958年)
子供 窪田章一郎
テンプレートを表示

窪田 空穂(くぼた うつぼ、1877年明治10年)6月8日 - 1967年昭和42年)4月12日)は、日本歌人国文学者日本芸術院会員。本名は窪田 通治息子に、同じく歌人の窪田章一郎がいる。

経歴[編集]

長野県東筑摩郡和田村(現・松本市和田)生まれ。長野県尋常中学校(現長野県松本深志高等学校)から旧制東京専門学校(現早稲田大学)文学科に進学するも、一度中退。代用教員として働いていたときに校長の影響で作歌を始める。太田水穂と親交を持つようになり、和歌同好会「この花会」を結成。1900年(明治33年)より、与謝野鉄幹選歌の「文庫」に小松原春子の女性名を用いて投稿をする。鉄幹から勧誘され「明星」にも参加。高村光太郎水野葉舟らと親交を持った。しかし、鉄幹の壮士志向と晶子の奔放な恋愛の歌ともに共鳴することができず、一年後に退会している。その後、東京専門学校に復学して卒業。

電報通信社雑誌記者を経て(国木田独歩主催の独歩社にも在籍したことがある)、文学雑誌の編集者となる。自然主義文学に多大な影響を受けるとともに、国文学への関心も深めた。

1914年に「国民文学」を創刊。1920年朝日歌壇の選者、早稲田大学国文科講師に着任。後に教授を務める。1926年には「槻の木」を創刊。1943年、日本芸術院会員。1958年文化功労者。1967年4月12日、心臓衰弱のため東京都文京区目白台の自宅で死去[1]

歌集に『まひる野[2]、『土を眺めて』等。門下に松村英一尾山篤二郎大岡博武川忠一稲森宗太郎などがいる。

窪田空穂生家(長野県松本市)
窪田空穂記念館(長野県松本市)

歌歴・評価[編集]

「明星」的ロマンティシズムから始まり、自然主義文学の潮流を短歌に導入した。30代以降は日常生活の些事を詠み続け、「境涯詠」と呼ばれるようになる[3]

近代歌人としては珍しく長歌を旺盛に作っている。青年時代は小説家を志していた経歴も合わせ、ストーリー・テラーとしての資質を大岡信は高く評価している[4]。『さざれ水』所収の「円タクの助手」のように都市風景をユーモラスに描いた長歌もある。

終戦後には、ソビエト連邦シベリア抑留で亡くなった次男・茂二郎を悼んで詠んだ「捕虜の死」という非常に名高い長歌がある(『冬木原』収録)。「シベリヤの涯(はて)なき曠野(こうや)イルクーツクチェレンホーボのバイカル湖越えたるあなた」と詠いだし「むごきかなあはれむごきかなかはゆき吾子」と締めくくった、史上最大の長歌でもある。

著作[編集]

  • 詩歌集『まひる野』(鹿鳴社,1905)
  • 歌集・水野葉舟と共著『明暗』(金曜社,1906)
  • 小説集『炉辺』(東雲堂書店,1911)
  • 『空穂歌集』(中興館書店,1912)
  • 『評釈伊勢物語』(中興館書店,1912)
  • 歌集『鳥声集』(日東堂,1916)
  • 歌集『朴の葉』(東雲堂書店,1920)
  • 歌集『鏡葉』(紅玉堂書店,1926)
  • 『新古今和歌集評釈上』(東京堂,1932)
  • 『新古今和歌集評釈下』(東京堂,1933)
  • 歌集『さざれ水』(改造社,1934)
  • 『古今和歌集評釈上』(東京堂,1935)
  • 歌集『郷愁』(書物展望社,1937)
  • 『古今和歌集評釈下』(東京堂,1937)
  • 随筆集『忘れぬ中に』(砂子屋書房,1938)
  • 『万葉集評釈』(東京堂,1943)
  • 歌集『冬木原』(長谷川書房,1951)
  • 歌集『丘陵地』(春秋社,1957)
  • 『窪田空穂全集』(角川書店,1965)
  • 歌集『清明の節』(春秋社,1968)

参考文献[編集]

  • 『窪田空穂-人と文学』(窪田空穂記念館編,柊書房,2007) ISBN 9784899751687

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 岩井寛『作家の臨終・墓碑事典』(東京堂出版、1997年)130頁
  2. ^ のち1946年創刊の主宰誌の題となる。
  3. ^ 窪田空穂記念館
  4. ^ 大岡信編『窪田空穂歌集』解説。大岡信の父は空穂の高弟・大岡博である。