島村抱月

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
島村 抱月
Hogetsu Shimamura 2.JPG
誕生 佐々山瀧太郎
1871年2月28日
日本の旗 日本島根県那賀郡小国村(現・浜田市
死没 (1918-11-05) 1918年11月5日(47歳没)
日本の旗 日本東京市牛込区横寺町(現・東京都新宿区横寺町)
墓地 浄光寺(浜田市)
職業 文芸評論家演出家劇作家小説家詩人大学教授
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
最終学歴 早稲田大学
活動期間 1894年 - 1918年
文学活動 自然主義文学
新劇運動
パートナー 松井須磨子
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

島村 抱月(しまむら ほうげつ、1871年2月28日明治4年1月10日)- 1918年大正7年)11月5日)は、日本文芸評論家演出家劇作家小説家詩人新劇運動の先駆けの一人として知られる。旧姓は佐々山、本名は瀧太郎。

来歴[編集]

島根県那賀郡小国村(現・浜田市)に佐々山一平の長男として生まれる。実家は貧しく、小学校卒業後、苦学して浜田町裁判所書記となる。同裁判所検事・島村文耕から学資の援助を受け、上京。1891年(明治24年)に文耕の養子となる[1](後に文耕の姪と結婚)。

東京専門学校(現・早稲田大学)文学科で坪内逍遙大西祝から文学、美学を学び、1894年(明治27年)に卒業。「早稲田文学」(第一次)誌の記者を経て、1898年(明治31年)に読売新聞社会部主任となる。その後母校の文学部講師となり、1902年(明治35年)から3年間、早稲田の海外留学生としてイギリスオックスフォード大学ドイツベルリン大学に留学[2]。帰国後、早稲田大学文学部教授となり、「早稲田文学」誌を復刊(第二次)して主宰。自然主義文学運動の旗手の一人となる。

『早稲田文学』1906年(明治39年)1月に「囚はれたる文芸」を発表、1906年坪内逍遥とともに文芸協会を設立、2月17日芝紅葉館で発会式、「妹背山」「沓手鳥孤城落月」「新曲浦島」を上演。『早稲田文学』1908年1月に「文芸上の自然主義」を発表した。1909年(明治42年)には協会附属の演劇研究所において本格的に新劇運動をはじめる。しかし1913年(大正2年)に妻子ある抱月と研究所看板女優の松井須磨子との恋愛沙汰が醜聞となったことで逍遥との関係が悪化。これで抱月は文芸協会を辞めることになり、須磨子は研究所を退所処分となった。

同年、抱月は須磨子とともに劇団・芸術座を結成。翌1914年(大正3年)にトルストイの小説を基に抱月が脚色した『復活』の舞台が評判になり、各地で興行が行われた。須磨子が歌う劇中歌『カチューシャの唄』はレコードにも吹き込まれて大ヒット曲になり、新劇の大衆化に貢献した。1915年(大正4年)、須磨子とともにロシア帝国ウラジオストクを訪れ、須磨子とロシアの劇団との合同公演をプーシキン劇場で行い大好評を博した。しかしその成功も束の間、1918年(大正7年)、抱月は世界的に大流行していたスペイン風邪に罹患し、さらに急性肺炎を併発し、東京市牛込区横寺町(現・東京都新宿区横寺町)の芸術倶楽部の居室で急死した。戒名は安祥院実相抱月居士[3]。須磨子は抱月の死後も芸術座の公演を続けたが、やがて抱月の後を追って自殺。芸術座も解散になった。

家族[編集]

  • 実父・佐々山一平 - 島根県那賀郡小国村出身。実家は鉱山業を営んでいたが、一平の代に破産[4]。長男(抱月)の養子縁組に反対し、養父から抱月への送金が途絶えることもあり、貧しさから抱月は自殺も考えた[5]
  • 養父・島村(嶋村)文耕(1854-1904) - 旧姓・太田。伊予国(現・愛媛県)の明渕寺の長男として生まれ、神奈川県で巡査となり、嶋村家が土地を貸していた駐在所(横浜境町警察署池辺分署)に赴任、当家の寡婦・タツの入婿となり、嶋村家を継ぐ。子がないままタツが亡くなり、タツの従姉妹の娘・イチを養子とする。タツ没後、警察を辞め、横浜始審裁判所詰めの検事補となり、検事として各地を転任し、再婚して一女を儲けた。松江始審裁判所浜田支庁勤務時代に検事局で給仕をしていた抱月の才を認めて養子とし、進学させてイチの入婿とした。[4]
  • 妻・イチ(1875-1931) - タツの従姉妹の二女。文耕の養子。三男四女を儲ける(うち二男一女は早世)。[4]
  • 子 - 長女・春子、次女・君子、長男・震也、四女、トシ子[6][4]。長女の春子は日本女子大学に進学し、在学中に抱月須磨子の騒ぎがあり、父親に会いに行ったら須磨子にツバを吐かれて追い出されたなどの話を同級生に漏らしていたという[7]

その他[編集]

2004年、東京都豊島区雑司が谷霊園島根県那賀郡金城町(現・浜田市)の浄光寺に分骨埋葬されていた遺骨が、浄光寺に完成した島村家の墓にまとめられた。雑司が谷霊園の墓は抱月の三女島村トシコ(東京都在住)が管理していたが、高齢のため管理が難しくなったこともあり、トシコから「遺骨を里帰りさせたい」と同町に打診があったという[8]

作品[編集]

単著[編集]

  • 『新美辞学』〈早稲田叢書〉東京専門学校出版部、1902年5月。NDLJP:864971 
  • 『滞欧文談(英国現在の文芸)』春陽堂、1906年7月。NDLJP:871712 
  • 『乱雲集』彩雲閣、1906年12月。NDLJP:888647 
  • 『近代文芸之研究』早稲田大学出版部、1909年6月。NDLJP:871630 
  • 『現代文芸之研究』早稲田大学出版部、1909年6月。 
  • 『影と影』〈現代傑作叢書 第2編〉植竹書院、1913年5月。NDLJP:914614 
  • 『雫』〈現代小品叢書 第6編〉忠誠堂、1913年11月。NDLJP:985448 
  • 『懐疑と沈黙の傍より』新潮社、1914年6月。NDLJP:952026 
  • 『芸術講話』〈家庭文庫〉婦人文庫刊行会、1917年4月。 
  • 『運命の丘』〈代表的名作選集 第32編〉新潮社、1918年11月。NDLJP:968964 
  • 『論文作法』〈文章講習叢書〉松陽堂、1919年1月。NDLJP:924512 
  • 『人生と芸術』〈進文館叢書 第2篇〉進文館、1919年2月。NDLJP:933337 
  • 宮島新三郎 編 『抱月随筆集』〈明治大正随筆選集 14〉人文会出版部、1925年4月。NDLJP:1017158 
  • 『囚はれたる文芸』〈島村抱月著作集 1(文芸評論集)〉北光書房、1948年4月。 
  • 『島村抱月文芸評論集』岩波文庫 31-118-1〉岩波書店、1954年3月。ISBN 978-4003111819https://www.iwanami.co.jp/book/b248856.html 

共著[編集]

翻訳等[編集]

抱月全集[編集]

天佑社(1919-1920)[編集]

  • 『文芸評論』〈抱月全集 第1巻〉天佑社、1919年6月。 
  • 『文芸評論』〈抱月全集 第2巻〉天佑社、1920年2月。 
  • 『美学及欧洲文芸史』〈抱月全集 第3巻〉天佑社、1919年8月。 
  • 『「新美辞学」及「文学概論」』〈抱月全集 第4巻〉天佑社、1919年9月。 
  • 『翻訳』〈抱月全集 第5巻〉天佑社、1919年7月。 
  • 『小説・戯曲』〈抱月全集 第6巻〉天佑社、1919年11月。 
  • 『文芸雑纂』〈抱月全集 第7巻〉天佑社、1920年1月。 
  • 『随筆・日記・書簡』〈抱月全集 第8巻〉天佑社、1920年4月。 
日本図書センターから復刻されている(1979年)

博文館(1928-1929)[編集]

  • 『新美辞学・美学研究』〈抱月全集 第1巻〉博文館、1928年6月。 
  • 『文学概論・欧洲文芸史・文芸評論』〈抱月全集 第2巻〉博文館、1929年2月。 
  • 『文芸評論』〈抱月全集 第3巻〉博文館、1929年8月。 
  • 『翻訳戯曲』〈抱月全集 第4巻〉博文館、1929年4月。 

演じた人物[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 「早稲田文学」1918.12(抱月追悼号)
  2. ^ 「早稲田と文学」(文学科創設と第1次「早稲田文学」)
  3. ^ 岩井寛『作家の臨終・墓碑事典』(東京堂出版、1997年)170頁
  4. ^ a b c d 嶋村文耕さんつづき交流ステーション
  5. ^ 島村抱月についての新事実 -その東京專門学校政治科入学について 川副国基 國文學研究,9-10,689-702 (1954-03-31)
  6. ^ 日本近代劇の先駆者 島村抱月波佐文化協会
  7. ^ 『ハイカラに、九十二歲: 写真家中山岩太と生きて』中山正子、河出書房新社, 1987、p71
  8. ^ “遺骨86年ぶり里帰り島村抱月 22日に納骨式 -金城-”. 山陰中央新報. (2004年5月18日). オリジナルの2012年3月2日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120302201354/http://www.web-sanin.co.jp/orig/news7/4-0518b.html 

参考文献[編集]

  • 『新日本人物大観(島根県版)』 人事調査通信社 1957年 サ・シ40頁

外部リンク[編集]