雄鶏社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
株式会社雄鷄社
種類 株式会社
本社所在地 162-8708
東京都新宿区築地町4番地
設立 1945年10月1日
業種 出版業
事業内容 婦人・一般向実用図書(手芸、編み物、料理、手工芸他)、一般書の出版
資本金 1,200万円
売上高 24億円(2007年1月期)
従業員数 46名(男15名、女31名)
テンプレートを表示

株式会社雄鷄社(おんどりしゃ)は、かつて東京都新宿区築地町に本社を置いた、手芸関係の実用図書の出版を中心とした出版社

概要[編集]

1945年(昭和20年)10月、武内俊三が創業。主として手芸、編み物料理刺繍などの婦人向けの実用図書を刊行。作家の向田邦子が在籍していたことでも知られる。

年間売上高は、1985年(昭和60年)1月期には約40億円に達したが、2007年(平成19年)1月期には約23億円に落ち込んだ。

2009年(平成21年)4月17日に東京地裁自己破産を申請。負債総額は12億8千万円[1]出版不況で売上が低迷したこと、借入金の金利負担が重かったこと、世界金融危機により借入が困難であったこと、暖冬のために売上見込みが外れたことが原因と報じられている[2]

2010年(平成22年)に雄鷄社の元社員数名が編集プロダクション「株式会社リトルバード[3]」を立ち上げている。

雑誌[編集]

  • 紺青(1946年~1948年)
  • 雄鷄通信(1946年~)
  • 新家庭
  • 地熱(1948年)
  • 映画ストーリー(1952年~)

関連項目[編集]

  • 春山行夫(エッセイスト:雄鶏通信の元編集長)
  • 延原謙(翻訳家:雄鶏通信の元編集長)
  • 井上一夫(翻訳家:雄鶏通信の元編集者)
  • 渡辺祥子(映画評論家:元編集員)

脚注[編集]

[ヘルプ]