春山行夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
春山行夫

春山 行夫(はるやま ゆきお、1902年7月1日 - 1994年10月10日)は、日本の詩人随筆家、編集者。本名は市橋 渉

来歴[編集]

1902年名古屋市東区主税町に生まれる。家は外国向けの陶器にバラの花や風車を描く工場(アトリエ)だった。1917年、名古屋市立商業学校中退[1]

郷里で詩と絵画の運動を起こし、1922年詩誌「青騎士」(井口蕉花、山中散生近藤東棚夏針手佐藤一英などが参加)を創刊した。1924年に第一詩集「月の出る町」を発表し、その年の暮れに上京した。象徴主義の影響が色濃かったが、その後はしだいに同時代の海外の前衛詩、モダニズムの影響を受けたスタイルに移っていった。1926年に近藤東らと「謝肉祭」を創刊、以後「詩と詩論」(28年)、「詩法」、「新領土」などで最先端のモダニズム詩人として活動した。1929年発表の詩集「植物の断面」はその傾向の結実で、集中の「白い少女」はモダニズム表現の「記念的実験作品」(安西冬衛)と評された。

この間、厚生閣の季刊雑誌誌「詩と詩論」(のち「文学」に改題)、第一書房の雑誌「セルパン」などでは編集者としても活動し、ヨーロッパの最新美術や超現実主義の紹介にも力を入れた。日本の初期現代詩運動の中心人物、オーガナイザーとして大きな影響を与えた。

戦後は『雄鶏通信』(雄鶏社)を創刊し、文筆のみで生活するが、詩作からは離れ、多方面にわたる知識・教養を駆使するエンサイクロペディストとして、多数の著書を出版した。また、ラジオ番組話の泉にも出演。

著作[編集]

詩集・小説[編集]

  • 月の出る町(1924)地上社 
  • 植物の断面(1929)厚生閣書店
  • シルク&ミルク(1932)
  • 花花(1935)版画荘 
  • 飾窓(1939) 赤塚書房(小説)  

文芸評論[編集]

  • 詩の研究(1931) 第一書房 
  • ジョイス中心の文学運動(1933)第一書房 
  • 純粋詩とフォルマリスム(1933)
  • 文学評論(1934)厚生閣書店
  • 二十世紀英文学の新運動(1935)第一書房 
  • 新しき詩論(1940) 第一書房 
  • 現代世界文学概観(1941) 新潮社 
  • 文学上の風習 世界文藝評論社、1946 

随筆[編集]

  • 楡のパイプを口にして 詩論と散文(1929)厚生閣書店
  • 花とパイプ(1936) 第一書房 
  • 満州風物詩(1940)世界社 
  • 台湾風物詩(1942) 生活社 
  • 満州の文化(1943) 大阪屋号書店 
  • 季節の手帖(1944) 東京社 
  • 木曜雑記(1947) 林檎書院 
  • 外国映画の鑑賞(1949) 資料社 
  • 花の文化史 1-3(1954-57) 中央公論社 
  • 食卓の文化史(1955)中央公論社 
  • 詩人の手帖(1955)河出新書 
  • 読書家の散歩 本の文化史 社会思想研究会出版部・現代教養文庫 1957
  • 海外文学散歩(1957)
  • 花ことば(1958) 東都書房 のち平凡社ライブラリー  
  • 万国博 筑摩書房 1967
  • ビール文化史 東京書房社 1972
  • 月の出る町 名古屋豆本 1975
  • 西洋広告文化史(1975)講談社 
  • 食卓のフォークロア(1975)柴田書店 
  • おしゃれの文化史 1-3 平凡社 1976-78  
  • 西洋雑学案内 1-2(1976) 平凡社カラー新書 
  • 春山行夫の博物誌 全7巻(1986-90)

共編著[編集]

  • 現代英文学評論 厚生閣書店 1931 
  • アメリカ文化展望 雄鶏社、1947 

翻訳[編集]

  • スタイン抄 ガートルード・スタイン 椎の木社 1933.7
  • フランス現代文学の思想的対立 レヂス・ミシヨオ 第一書房、1937 
  • アリューシャン探検 イゾベル・ウイリ・ハッチスン 新潮社、1942 
  • 人間は発明する ヘンドリック・ウイレム・ヴァン・ルーン 新潮社、1942 

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 日外アソシエーツ現代人物情報より