安西冬衛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
安西冬衛

安西 冬衛(あんざい ふゆえ、1898年明治31年)3月9日 - 1965年昭和40年)8月24日)は日本の詩人である。本名は勝(まさる)。奈良県出身。

略歴[編集]

麹町小学校[1]、堺中学校(現・大阪府立三国丘高等学校)卒業。1920年、父の赴任先であり当時日本の租借地であった大連に渡る。翌1921年関節炎を患い右脚を切断。1924年11月、北川冬彦らと詩誌「」を大連で創刊。その後「軍艦茉莉」「亜細亜の鹹湖」「渇ける神」等の詩集を出すかたわら「詩と詩論」「文学」等に拠り活動、現代詩人会会員として終わる。「春」と題した一行詩が有名。

著書[編集]

  • 『軍艦茉莉』現代の芸術と批評叢書 厚生閣書店 1929
  • 『亜細亜の鹹湖 詩集』ボン書店 1933   
  • 『渇ける神 詩集』椎の木社 1933
  • 『大学の留守 詩集』湯川弘文社 1943
  • 『桜の実 随筆・小品・日記』新史書房 1946
  • 『韃靼海峡と蝶 詩集』文化人書房 1947
  • 『座せる闘牛士 詩集』不二書房 1949
  • 『安西冬衛全詩集』思潮社 1966
  • 安西冬衛全集』全10巻別巻1 山田野理夫編 宝文館出版 1977-84 
  • 『安西冬衞詩集』思潮社 現代詩文庫 2002

脚注[編集]

  1. ^ 『日本の詩100年』日本詩人クラブ編 土曜美術社出版販売 2000,8 P210

参考文献[編集]

  • 全集・現代文学の発見・第十三巻 言語空間の探検(學藝書林

外部リンク[編集]