山田野理夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

山田 野理夫(やまだ のりお、1922年7月16日[1]- 2012年1月24日)は、日本小説家詩人

宮城県仙台市出身。本名・徳郎。東北大学農学部卒。大学で農業史を専攻。卒業後、農林省統計調査員、宮城県史編纂委員、東北大学付属農学研究所員などを経て作家へ。1962年『南部牛追唄』で第6回農民文学賞を受賞。東北地方みちのく、特に岩手県をテーマにすることが多い。

2012年1月24日、急性心不全のため死去[2]。89歳没。

著書[編集]

  • ガラシヤ夫人 美しい殉教の人』岩崎書店(少国民の偉人物語文庫)1959
  • 『宮城の民話』未來社(日本の民話) 1959
  • 魯迅 新しい世界の文豪』岩崎書店(少国民の偉人物語文庫) 1960
  • 『相撲 横綱から呼出しまで』ダヴィッド社 1960
  • 『夕暮夫人』東京信友社 1961
  • 『南部牛追唄』東京信友社(センチュリィブックス) 1961
  • 『アルプスの民話』潮文社, 1962
  • 『海と湖の民話』潮文社 1962
  • 『魯迅伝 その思想と遍歴』潮文社 1964
  • 『日本怪談集 その愛と死と美』潮文社新書 1967
  • 『函館』東出版 1968
  • 『わが妻うつくし うたびとの妻の記録』秋元書房 1968
  • 『切支丹研究』鷺の宮書房 1968
  • 靖国神社 日本鎮魂歌』東出版 1968
  • 『日本妖怪集』1-2 潮文社新書 1969
  • 『禅の美』鹿島研究所出版会 1969
  • 宮沢賢治 その文学と宗教』潮文社新書 1969
  • 伊達騒動』新人物往来社 1970
  • 『実録柳生宗矩』潮文社 1971
  • 三島由紀夫死の美学』フォトにっぽん社 1971
  • 『史実・新平家』フォトにっぽん社 1972
  • 『奥羽の幕末』宝文館出版 1972
  • 『ふるさとの民話 憶い出のいろり端から』星光社 1972
  • 『アルプスの民話』潮文社新書 1972
  • 『天にかえったジュリア』太平出版社(母と子の図書室) 1973
  • 伊達政宗』椿書院(日本人物誌) 1973
  • 『山と湖の民話 山の声・湖の声から』星光社 1973
  • 『花と愛の民話 花の香り・愛の呟きから』星光社 1973
  • 『おばけの民話 幻の園・闇の声から』星光社 1973
  • 『海と星の民話 海の音・星のまたたきから』星光社 1973
  • 『遠野物語の人 わが佐々木喜善伝』椿書院 1974
  • 東北怪談の旅』自由国民社 1974
  • 『みちのく伝説集』創樹社 1974
  • 『宮城歴史散歩 伊達総模様』創元社 1974
  • 『岩手歴史散歩 みちのくの史と詩』創元社 1975
  • 『歴史家喜田貞吉』宝文館出版 1976
  • 『おばけ文庫』(全12巻)太平出版社 (母と子の図書室) 1976
  • 『山田野理夫詩集』宝文館出版 (昭和詩大系) 1976
  • 『よいさよいさ』太平出版社 1976 (挿絵:大海赫)
  • 『柳田国男の光と影 佐々木喜善物語』農山漁村文化協会 1977
  • 『お笑い文庫』(全12巻) 太平出版社(母と子の図書室)1977
  • 『怪談の世界』時事通信社 1978
  • 『東北戦争』教育社歴史新書 1978
  • 『東京きりしたん巡礼』東京新聞出版局 1982
  • 『荒城の月 土井晩翠滝廉太郎』恒文社 1987
  • 『日本音紀行 その民俗学』朝文社 1993
共著
  • 『きりしたんの愛と死 その歴史と風土』助野健太郎共編著 東出版 1967

現代語訳[編集]

  • 『八犬伝』全8巻(曲亭馬琴原作)太平出版社 1985-87
  • 『椿説弓張月』(馬琴原作)教育社新書 1986

脚註[編集]

  1. ^ 『現代日本人名録』
  2. ^ 作家、詩人の山田野理夫氏が死去 産経新聞 2012年1月27日閲覧

関連項目[編集]