椿説弓張月

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
『椿説弓張月』
大弓を引く源為朝。読本『鎮西八郎為朝外伝 椿説弓張月』より。葛飾北斎 挿画。

椿説弓張月』(ちんせつ ゆみはりづき)は、曲亭馬琴作・葛飾北斎画の読本文化4年(1807年)から同8年(1811年)にかけて刊行。全5篇。

保元物語』に登場する強弓の武将鎮西八郎為朝(ちんぜい はちろう ためとも)琉球王朝開闢の秘史を描く、勧善懲悪の伝奇物語であり、『南総里見八犬伝』とならぶ馬琴の代表作である。

概要[編集]

物話は、鎮西八郎を称した源為朝の活躍を『保元物語』にほぼ忠実に描いた前篇・後篇と、琉球に渡った為朝が琉球王国を再建(為朝が琉球へ逃れ、その子が初代琉球王舜天になったという伝説がある[1])するくだりを創作した続篇・拾遺・残篇からなる。日本史のなかでも悲劇の英雄の一人に数えられる源為朝に脚光をあて、その英雄流転譚を琉球王国建国にまつわる伝承にからめた後編は、そのスケールの大きさと展開力で好評を博した。

小史[編集]

文化4年(1807年)にまず『前篇』が出版され、以後足掛け4年をかけて『後篇』、『続篇』、『拾遺』、『残篇』が出版されて、全5篇・29冊で完結。当初は前篇と後篇で完結予定だったが、反響が予想以上に大きかったことで馬琴の筆が伸び、完結も延期を繰り返した。

題名[編集]

正式には「鎮西八郎為朝外伝」の角書きが付いて『鎮西八郎為朝外伝 椿説弓張月』。

『椿説弓張月』の「椿説」は「ちんせつ」と読む。意味としては「珍説」と同じで、今でいう「異説」の古い表現になる。この「説」という字は、「遊説」を「ゆうぜい」と読むように、「ぜい」と読むこともできる。したがって「椿説」は、「ちんぜい」という読みが可能で、この「ちんぜい」が、読みが同じ「ちんぜい」の「鎮西」こと鎮西八郎為朝に掛かっている。

これは歌舞伎外題で多用される、題名の中に主人公の名を暗示する文字や音を掛詞として織り込む手法と同じで、このため古くから『椿説弓張月』は歌舞伎の外題風に「ちんぜい ゆみはりづき」と読まれることも多かった。

主要登場人物[編集]

  • 源為朝(みなもとの ためとも)源為義の八男で弓の名手。
  • 白縫姫(しらぬい ひめ):為朝の正室。舜天丸を儲ける。
  • 尚寧王(しょうねい おう):琉球王。
  • 寧王女(ねい わんにょ):尚寧王の第一王女。
  • 白縫王女(しらぬい わんにょ):寧王女の肉体に白縫姫の魂が宿ったもの。
  • 八町礫紀平治(はっちょう つぶての きへいじ):為朝の忠臣で礫印地打ちの名手。舜天丸を養育する。
  • 舜天丸(すてまる):為朝と白縫姫の嫡子。曚雲を討ち、琉球国王舜天となる。
  • 鶴・亀(つる・かめ):琉球王国の忠臣・毛国鼎(もう こくてい)の二人の息子。
  • 阿公(くまきみ):琉球王国の高名な巫女。利勇の陰謀に加担。
  • 曚雲(もう うん):尚寧王が暴いた蛟塚から現れた妖僧。妖力を使い妖獣・を操る。
  • 崇徳院(しゅとく いん):かつて為朝が主として仕えた上皇。怨霊となって、為朝が危機に陥ると救いに現れる。

典拠[編集]

『弓張月』の典拠は多岐多様にわたるが、ここでは代表的なものをいくつか挙げるにとどめる。

保元物語
前半の種本。なお、馬琴が採用したのは、元禄時代に水戸の彰考館で編纂刊行された『参考保元物語』。
佐藤行信『伊豆国海嶋風土記』
伊豆諸島の地誌、天明2年(1782年)。
古宋遺民『水滸後伝
後半のネタ元。『水滸伝』の後日談で、李俊シャム王になるという筋にとどまらず、人物や部分的趣向も借りている。
徐葆光『中山伝言録』
6巻。琉球関係の人名・地名・事件などについて活用。

当時の評価[編集]

本作はその生涯で300作近くの作品を書いた馬琴が最初に取り組んだ歴史小説である。発表当時、庶民から絶大な支持を得て、連載が延々と続いたり、武者絵に描かれたりして、これが馬琴の出世作となった。本作の次に書いたのが『南総里見八犬伝』で、今日ではこちらの方が有名になっているが、当時は逆だった。

文献[編集]

活字本[編集]

  • 和田万吉校注 『椿説弓張月』(上、中、下)岩波文庫。(挿絵を欠く)
  • 後藤丹治校注 『椿説弓張月』(上、下)岩波書店〈[[日本古典文学大系]60、61]〉。(鈴木重三所蔵の初刊本により挿絵を全て収録する)

現代語訳[編集]

  • 三田村信行訳 『新編弓張月』(上巻「伝説の勇者」・下巻「妖魔王の魔手」)、ポプラ社平成18年(2006年)。※児童書。
  • 平岩弓枝訳 『椿説弓張月』 学研パブリッシング〈学研M文庫〉、平成14年(2002年)。※抄訳版。
  • 山田野理夫訳 『椿説弓張月』(上巻・下巻)、教育社昭和61年(1986年)。※訳文のみ。序跋系図の類は省略。
  • 高藤武馬訳 『椿説弓張月』 古典日本文学全集27:筑摩書房、昭和35年(1960年)。訳文のみ、新装版「古典日本文学」。※序跋「備考」や本筋に無関係な考証的な箇所(系図など)に省略がある。
  • 丸屋おけ八訳 『全訳椿説弓張月』、言海書房。訳文のみ、序跋の類や考証的な箇所は省略。

派生作品[編集]

錦絵[編集]

北斎の他に、歌川国芳月岡芳年らが本作から着想した作品を残している。

歌舞伎[編集]

通し狂言『椿説弓張月』
A Wonder Tale:The Moonbow
著者 三島由紀夫
イラスト 題字:竹柴蟹助
発行日 1969年11月25日(限定版)
1970年1月30日(通常版)
発行元 中央公論社
ジャンル 歌舞伎
日本の旗 日本
言語 日本語
形態 上製本 和装袋綴、夫婦函・段ボール函(限定版)
上製本、貼函(通常版)
ページ数 88
Portal.svg ウィキポータル 文学 Portal.svg ウィキポータル 舞台芸術
テンプレートを表示

馬琴の『椿説弓張月』刊行中の文化5年10月に、まず浄瑠璃『鎮西八郎誉弓勢』として、同年11月には近松徳三作の歌舞伎『島巡弓張月』として演じられたほか[2]、明治14年に河竹新七 (3代目)により『弓張月源家鏑箭』が初演されるなどしたが[3]、一篇のまとまったストーリーとして劇化されたのは戦後昭和の1969年(昭和44年)11月5日に東京国立劇場で初演の三島由紀夫作『椿説弓張月』全3幕8場である[4]

三島台本の活字発表は雑誌『』同年11月号でなされ、11月25日には中央公論社より限定版で、歌舞伎戯曲『椿説弓張月』が出版された。この作品は三島の書いた最後の歌舞伎であり、最後の舞台作品となった[5]。脚本のほか、演技、美術、音楽などの演出も自ら手掛けた[6][7]

似非近代化した当時の歌舞伎に失望していた三島が、古典的・伝統的な義太夫狂言の様式に構成したルネッサンス的な創作歌舞伎である[4]。初演時・配役も、源為朝に八代目松本幸四郎、阿公・崇徳院に二代目中村雁治郎、紀平治に八代目市川中車、高間太郎に三代目市川猿之助と一流の役者を配し、白縫姫には三島の肝煎で当時まだ無名に近かった19歳の五代目坂東玉三郎が抜擢された。玉三郎はこの舞台が絶賛され、以後の盛名に至る出世作となった。なお、為朝の役について三島は、市川染五郎(6代目)を強く希望していたが、染五郎のスケジュールが空かなかったため、父・松本幸四郎になった[8]

のち文楽で上演する話が進められたが、三島の死で脚本が未完成となったのを、演出を担当していた山田庄一らにより補筆され1971年(昭和46年)11月に初演された[9]

当時演出助手を務めた織田紘二が三島の言葉をメモした制作ノートによると、テーマは「太い男の流れる姿」であるとし、挫折と行動を繰り返し続けた「未完の英雄」為朝を自らの理想の英雄像として仮託し、「為朝の孤忠」を主題とした[4][7][10]。三島は、「日本のオデッセイを作りたい。日本のオデッセイは為朝だ」と腹案を織田に伝えたとされる[8]。為朝の騎乗する白馬が海の中から出現して飛翔する演出に、三島は最後までこだわり続けたという[4]

歌舞伎は過去に遡るほどよいとする三島は、古典様式を重んじ、擬古文で書いた擬古典歌舞伎にこだわり、(河竹黙阿弥が活躍し歌舞伎の様式を確立した)「明治初年の作者に戻り、歌舞伎の様式の中で新しい形式を作りたい」とスタッフ会議で並々ならぬ意欲を述べたという[7]。音楽には、当時としては異例だった文楽義太夫を入れることにし、鶴澤燕三に作曲を依頼、文楽座を初めて歌舞伎に出演させた[7][6]。また、狂言作者は本読みを自分で行ない皆に聞かせるという習慣に倣って、三島も本読みを行なったところ、すべての役を巧みに演じ分ける三島のうまさに驚いたスタッフの勧めで録音することになり、杉並公会堂で8月26日と27日の2日間かけて録音しレコードを制作、役者顔寄せの日にそれを聞かせた[7]。ポスターを手掛けた横尾忠則のジャケット装で日本コロムビアから『椿説弓張月』(上の巻)として発売もされた[7]

公演[編集]

おもな刊行本[編集]

  • 限定版『椿説弓張月』(中央公論社、1969年11月25日) 限定1000部(記番入)
    • 題字:竹柴蟹助、B5横判、和装袋綴。紙装。夫婦函。段ボール外函。
    • 収録内容:「椿説弓張月」「『弓張月』の劇化と演出」
    • 「上の巻」「中の巻」「下の巻」の題扉の次にカラー図版16頁(裏白)8葉、衣裳絵:高根宏浩、舞台装置図:国立劇場舞台美術研究会(村山和之)。本扉裏に「昭和己酉刊」とあり。巻末に初演データ。
  • 『椿説弓張月』(中央公論社、1970年1月30日)
    • 題字:竹柴蟹助。B5横判。紙装。
    • 収録内容:「椿説弓張月」「『弓張月』の劇化と演出」
    • 1969年11月刊行の限定版と同じ内容の普及版
  • 文庫版『椿説弓張月』(中公文庫、1975年11月10日)
    • 題字:竹柴蟹助、装幀:白井晟一、紙装、付録・解説:磯田光一
    • 収録:「椿説弓張月」「『弓張月』の劇化と演出」「『椿説弓張月』の演出」「歌舞伎の脚本と現代語」
  • 『My Friend Hitler and Other Plays』(Columbia University Press、2002年11月15日)

映画[編集]

1914年大正3年)と1955年(昭和30年)の2度、映画化されている。

  • 『弓張月』〈あるいは『源為朝』〉(日活、1914年5月)
  • 『椿説 弓張月』(東映、1955年)
    • 9月20日に「第一篇 筑紫の若武者」、10月9日に「第二篇 運命の白縫姫」、10月17日に「完結篇 南海の覇者」とのサブタイトルで三部作として公開された。
    • 監督:丸根賛太郎。主演は東千代之介

テレビ[編集]

  • 連続人形劇『新八犬伝』(1973年 - 1975年)
    • 八犬士の一人(犬塚信乃)が琉球へ渡り、その琉球では『弓張月』の登場人物である阿公、朦雲、中婦君などがそのままの名で登場する。その自由な創作ぶりを巡っては賛否両論で、『椿説里見八犬伝』と論評に書かれたこともあった。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 琉球王国正史中山世鑑』、『おもろさうし』、『鎮西琉球記』などには、為朝は現在の沖縄県の地に逃れ、その子が琉球王家の始祖舜天になったと書かれている。
  2. ^ 江戸歌舞伎の残照吉田弥生、文芸社, 2004
  3. ^ 弓張月源家鏑箭歌舞伎・浄瑠璃外題辞典
  4. ^ a b c d 織田紘二「椿説弓張月」(事典 2000-11, pp. 234-236)
  5. ^ 千谷道雄「椿説弓張月」(旧事典 1976-01, pp. 260-261)
  6. ^ a b 「『椿説弓張月』の演出」(毎日新聞 1969年11月7日号)。35巻 2003-10, pp. 732-735
  7. ^ a b c d e f ETV2000 「シリーズ 巨匠 その知られざる素顔 第1回三島由紀夫 最後の歌舞伎」NHK、2000年6月12日放送
  8. ^ a b 「第四章 憂国の黙契」(生涯 1998-09, pp. 233-331)
  9. ^ 織田紘二「文楽椿説弓張月」(事典 2000-11, pp. 330-331)
  10. ^ 「『弓張月』の劇化と演出」(国立劇場プログラム 1969年11月)。35巻 2003-10, pp. 728-731
  11. ^ 41巻 2004-09に所収。
  12. ^ 新橋演舞場五月花形歌舞伎平成24年5月1日(火)~25日(金)歌舞伎美人

参考文献[編集]

外部リンク[編集]