劇団NLT

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

劇団NLT(げきだんエヌエルティー)は、日本劇団喜劇を専門に公演を行っている。1964年(昭和39年)1月10日に結成された。なお、所属俳優のマネジメントは(株)NLTが行っている。

概要[編集]

1963年(昭和38年)12月に文学座を退座した青野平義三島由紀夫賀原夏子中村伸郎南美江丹阿弥谷津子矢代静一らにより、1964年(昭和39年)1月10日に「グループNLT」として結成された。NLTとはラテン語で[要検証]「Neo Litterature Theatre」(日本語では新文学座)の頭文字をとったもので、名付け親は岩田豊雄獅子文六)。

1968年(昭和43年)、賀原らとの路線対立から、三島、中村、南らが「グループNLT」を脱退したことにより、現在の「劇団NLT」に名称が変更され、喜劇専門の劇団となる。この時より「コメディ路線」を歩み始めたとしている。脱退した三島らは同年の4月17日に「浪曼劇場」を正式結成した。

賀原を中心として、主にブールヴァール(フランス喜劇)を上演。賀原の死後も、この路線は踏襲されている。また、黒柳徹子が「劇団NLT」としての旗揚げ公演に客演して以来、多くの公演に出演している。

また、NLT文芸演出部には、翻訳家の黒田絵美子や脚本家池田政之がいる。

1972年、「池袋アートシアター」がリフォームする際に全面協力。現在の名称「シアターグリーン」と命名し、杮落し公演も務めた。

俳優教室を開校していた時期もあり、同講座で受講した者や本劇団出身者には、藤岡弘、佐々木剛など、のちに特撮作品で主演をつとめた俳優も多い[1]

代表作品[編集]

など

歴史[編集]

作品名、主な出来事など
1964 「グループNLT」結成。六本木に事務所を構える。
1965 「誘拐」矢代静一作/水田晴康演出
「近代能楽集 斑女、弱法師」三島由紀夫作/寺崎嘉浩、水田晴康演出
「ヴァージニアウルフなんか恐くない」E. オールビー作/鳴海四郎訳/松浦竹夫演出
11 「サド侯爵夫人」三島由紀夫作/松浦竹夫演出
1966 「信天翁-あほうどり」飯沢匡作・演出
10 リュイ・ブラースV. ユーゴー作/池田弘太郎訳/三島由紀夫潤色/松浦竹夫演出
1967 鹿鳴館」三島由紀夫作/松浦竹夫演出
10 朱雀家の滅亡」三島由紀夫作/松浦竹夫演出
1968 「デリケイト・バランス」E. オールビー作/鳴海四郎訳/松浦竹夫演出
「コメディ路線」始まる
1968 「マカロニ金融」A. ユッソン作/和田誠一訳/飯沢匡演出
「みごとな女」森本薫作/奥野匡演出

「驟雨」岸田國士作/宮内順子演出

「大変な心配」クルトリーヌ作

「留守」岸田國士作/河野宏演出

10 「牛山ホテル 岸田國士追悼15周年記念公園」岸田國士作/衣笠貞之介演出
1969 「松の三番 唖の一声」
「駝鳥の卵」A. ルッサン作/和田誠一訳/飯沢匡演出
「しんしゃく源氏物語」榊原政一作/奥野匡演出
「ロマノフとジュリエット」P. ユスティノフ作/和田誠一訳/賀原夏子演出
1970 「ハッピージャーニー」T. ワイルダー作/鳴海四郎訳/賀原夏子演出
「着るもんがないのよ」梅田晴夫作/仁科余志夫演出

「サイコロトバク」梅田晴夫作/賀原夏子演出

「にんじん」J. ルナール作/山田珠樹訳/梅本重信演出
「おらんだ人形」池谷信三郎作/河野宏演出
「ラ・マンマ」A. ルッサン作/前田右府朗訳/衣笠貞之介
「門」別訳実作/和島正勝演出
「王様は魔法がお好き」飯沢匡作・演出
10 「マカロニ金融」
1971 「バタン君」クルトリーヌ作/高橋邦太郎訳/和島正勝演出
「ルリュ爺さんの遺言」デュガール作/堀口大学訳/吉岩正晴演出
「スガナレル」モリエール作/安堂信也訳/加藤新吉演出
「商船テナシティ」C. ヴィルドラック作/森田俊二演出
「オスカー」C. マニエ作/梅田晴夫訳/賀原夏子演出
「坊やに下剤を」G. フェドー作/岩瀬孝訳/村上登志夫演出
「みそっかす神様」飯沢匡作/小森美己演出
「別れも愉し」J. ルナール作/岸田國士訳/和島正勝演出

「声」J. コクトー作/岩瀬孝訳/吉岩正晴

12 フィガロの結婚ボーマルシェ作/森田俊二演出
1972 「仏蘭西コメディ研究会 スガナレル」モリエール作/安堂信也訳/加藤新吉演出

「ルリュ爺さんの遺言」

「相寄る魂」G. フォワシィ作/梅田晴夫訳/森田俊二演出

「坊やに下剤を」

「バタン君」

「劇場の異邦人」A. ルッサン作/梅田晴夫訳/賀原夏子演出

「娼婦マヤ第一部」S. ガンチョン作/村上登志夫演出
「巴里の魔女同盟」A. ルッサン作/梅田晴夫訳/水田晴康演出
「娼婦マヤ第二部」S. ガンチョン作/森田俊二演出
「相寄る魂/親父の説教」G. フォワシィ作/賀原夏子、森田俊二演出
「ごりらの学校 ぼうしでじゃんけん」筒井敬介作/小森美己演出
「恋の冷凍保存」J. B. リュック作/梅田晴夫訳/賀原夏子演出
11 「坊やに下剤を CALM1」キノ・トール演出

「劇場の異邦人」

1973 「奥様にご用心 CALM2」A. ルッサン作/梅田晴夫訳/賀原夏子演出
「逢びき CALM3」N. カワード作/内村直也訳/賀原夏子演出

「旅する灯」N. カワード作/仁科余志夫訳/村上登志夫演出

「商船テナシティ CALM4」S. ヴィルドラック作/高橋邦太郎訳/森田俊二演出
「ルリュ爺さんの遺言」

「ハッピージャーニー」

10 「ゴッドマザー」F. ダール作/利光哲夫訳/飯沢匡演出
12 「逢びき CALM5」N. カワード作/内村直也訳/賀原夏子演出
1974 「四角関係 CALM6」C. マニエ作/梅田晴夫訳/村上登志夫演出
「劇場の異邦人」

「国語の時間」M. バリエ作/吉岩正晴演出

「サイコロトバク/ロングクリスマスディナー」T. ワイルダー作/賀原夏子演出
「着るもんがないのよ」

「サイコロトバク」

「男なんて?」F. ドラン作/梅田晴夫訳/賀原夏子演出
「男なんて? CALM7」F. ドラン作/梅田晴夫訳/賀原夏子演出
「お話まとめて花いちもんめ」長崎武昭作/坂上道之助演出
「ああ、結婚」坂上道之助演出
「男なんて?」
「四角関係」
11 「声楽家の肖像」モルナール作/鈴木善太郎訳(エピソード・コメディ・フェスティバル)

「殴られ同志」GSカフマン作/内村直也訳

「帽子」GSカフマン作/内村直也訳

「幸福な妻」GSカフマン作/内村直也訳/賀原夏子演出

「結婚とは」GSカフマン作/内村直也訳/森田俊二演出

「晩さん会のテーブル」GSカフマン作/内村直也訳/村上登志夫演出

「理想の夫」GSカフマン作/内村直也訳

「愚かなる名案」GSカフマン作/内村直也訳

「恋はすれども」GSカフマン作/内村直也訳

「天の愛・地の愛」GSカフマン作/内村直也訳

「警鐘」GSカフマン作/内村直也訳

「若気のあやまち」N. カワード作/飯島正

「ドーヴァーの税関」N. カワード作/飯島正

1975 「ミニミニミニィ CALM9」C. マニエ作/梅田晴夫訳/村上登志夫演出
「お話まとめて花いちもんめ」
「二匹の猫と一匹の鼠」R. トマ作/和田誠一訳/村上登志夫演出
「罠」R. トマ作/和田誠一訳/賀原夏子演出
「ら・睡眠薬 CALM10」C. マニエ作/梅田晴夫訳/賀原夏子演出
「何をしてたの五十年」A. ルッサン作/小澤僥謳訳/中村哮夫演出
11 「オウムとにわとり」R. トマ作/小澤僥謳訳/賀原夏子演出
1976 「女ばかりの村」キンテーロ作/菅原卓訳/賀原夏子演出
「ミザントローブ CALM11」モリエール作/賀原夏子脚色/村上登志夫演出
「にんじん」J. ルナール作/山田珠樹訳/森田俊二演出
「懐を痛めずに」T. ベルナール作/岸田國士訳/橋本委久子演出
「ル・トルアディク氏の放蕩」J. ロマン作/岩田豊雄訳/賀原夏子演出
「にんじん」
「サンブレロ」S. ミハルコフ作/西郷竹彦訳/森田俊二演出
10 「ササフラスの枝にそよぐ風 CALM12」R. オバルディア作/利光哲夫、賀原夏子演出
12 「十字花」L. ベル作/小澤僥謳訳/飯沢匡演出
1977 「ササフラスの枝にそよぐ風 CALM13」
「水族館 CALM13」A. ニコライ/和田誠一訳/賀原夏子、村木悦朗演出
「下町のカフェ」D. アミエル/岩瀬孝訳/賀原夏子演出
「殺人同盟」R. トマ作/和田誠一訳/賀原夏子演出
10 「泣いた赤鬼」浜田広介作/森田俊二演出

「お話まとめて花いちもんめ」長崎武昭作/坂上道之助演出

「風変わりなロマンス」T. ウィリアムス作/鳴海四郎訳/平山勝演出

12 「三億ぼっちでどうなるもんかよ CALM14」D. カマンカ作/梅田晴夫訳/村上登志夫演出

「まんが世界昔話」長崎武昭作/中村哮男演出

1978 「オーカッサンとニコレット」川本茂雄訳/賀原夏子演出
「月の小鳥たち CALM15」M. エーメ作/宗左近訳/賀原夏子演出
「ササフラスの枝にそよぐ風」
「再会」F. モルナール作/鈴木善次郎訳/平山勝演出

「落伍者の群れ」A. ルノルマン作/岸田國士訳/賀原夏子演出

「まんが世界昔話」首藤剛志作/中村哮男演出
10 「ブーシバルの吸血鬼 CALM16」G. ヌブー作/利光哲夫訳・演出

「二匹の猫と一匹の鼠」R. トマ作/和田誠一訳/平山勝演出

「ルルシーヌ街殺人事件」ラビッシュ作/梅田晴夫訳/村上登志夫演出

12 「ササフラスの枝にそよぐ風」原田俊雄脚色・演出
1979 「オーカッサンとニコレット」賀原夏子、坂上道之助演出
「ジュリコのバラ」原田俊雄演出
「ロマンティシズム」高田保作/平山勝演出

「葱畑」高田保作/平山勝演出

「ある夫婦の場合」高田保作/賀原夏子演出

「孫悟空、人食い鬼、かぐや姫」首藤剛志作/賀原夏子演出
「つきとつけ」F. ドラン作/梅田晴夫訳/中村哮男演出
10 「オーカッサンとニコレット」
12 「ジャック・ダウ」グレゴリー夫人作/原田俊雄演出

「孫悟空、人食い鬼、かぐや姫」

1980 「孫悟空、人食い鬼、かぐや姫」
「落伍者の群れ」
「すばらしい靴屋の女房」G. ロルカ作/会田由訳/原田俊雄演出
「ドリームガール」E. ライス作/中川龍一訳/賀原夏子演出
1981 「何をしてたの五十年」
「エドワールとアグリッピーヌ」R. オバルディア作/利光哲夫訳/賀原夏子演出

「街角」高田保作/平山勝演出

「命を弄ぶ男二人」岸田國士作/賀原夏子演出

「馬泥棒」B. ショー作/賀原夏子演出
「燧石」サザーランド作/原田俊雄演出

「絞首人はまってくれない」D. カー作/賀原夏子演出

「文法」ラビッシュ作/梅田晴夫訳/平山勝演出
「ホテルZOO」R. トマ作/米村晰訳/賀原夏子演出
10 「オスカー 梅田晴夫追悼公演」C. マニエ作/梅田晴夫訳/賀原夏子演出
12 「ポット・ボイラー」A. ガーステンバーグ作/中田耕治訳/平山勝演出
1982 「人生 高田保作品集」高田保作/原田俊雄演出

「葱畑その1」高田保作/賀原夏子演出

「葱畑その2」高田保作/原田俊雄演出

「葱畑その3」高田保作/平山勝演出

「ロマンティシズム」高田保作/平山勝演出

「街角」高田保作/平山勝演出

「ある夫婦の場合」高田保作/賀原夏子演出

「ピノキオ、にんぎょ姫」首藤剛志作/賀原夏子演出
「プレイボーイが狙った女」R. トマ作/仁科余志子訳/賀原夏子演出
1983 「オーカッサンとニコレット」川本茂雄訳/賀原夏子、坂上道之助演出

「ピノキオ、にんぎょ姫」

「ジゼルと粋な子供たち」F. カンポ作/和田誠一訳/賀原夏子演出
「海抜三千二百メートル」J. ルシェール作/原千代海訳/原田俊雄演出
輪舞A. シュニッツラー作/津浦秀爾訳/中村哮夫演出
「幸福な妻 シアターナイン第一回公演」F. モルナール作/鈴木善次郎訳/賀原夏子演出

「恋はすれども」F. モルナール作/鈴木善次郎訳/賀原夏子演出

「着るもんがないのよ」梅田晴夫作/賀原夏子演出

「サイコロトバク」

「着るもんがないのよ」

「劇場の異邦人 シアターナイン第二回公演」

「サイコロトバク」

「坊やに下剤を シアターナイン第三回公演」J. フェドー作/岩瀬孝訳/水田晴康演出

10 「葱畑 シアターナイン改めWEN第四回公演」

「命を弄ぶ男二人」

「オウムとにわとり」R. トマ作/小澤僥謳訳/水田晴康演出

11 「ドーヴァーの税関 WEN第五回公演」N. カワード作/飯嶋正訳/賀原夏子演出

「あやとり」N. カワード作/賀原夏子演出

「旅する灯」N. カワード作/仁科余志子訳/賀原夏子演出

12 「ホテル・ボルティモア WEN第六回公演」L. ウィルソン作/小澤僥謳訳・演出

「釣堀にて」久保田万太郎作/賀原夏子演出

1984 「相寄る魂 WEN第七回公演」G. フォアシィ作/梅田晴夫訳/水田晴康演出

「ダルマーさんに会いたい」V. カタイエフ作/和田誠一訳/賀原夏子演出

「商船テナシティ WEN第八回公演」C. ヴィルドラック作/高橋邦太郎訳/賀原夏子演出
「嫉妬」S. ギトリー作/岡田正子訳・演出
「ピノキオ、人食い鬼のお話」首藤剛志作/賀原夏子演出
「四角関係」C. マニエ作/梅田晴夫訳/賀原夏子演出

「上の息子 WEN第九回公演」ヴァムピーロフ作/桜井郁子訳/原田俊雄演出

「大変な心配 WEN第十回公演」クルトリーヌ作/高橋邦太郎訳/賀原夏子演出

「警鐘」カフマン作/内村直也訳/賀原夏子演出

「懐を痛めずに」ベルナール作/岸田國士訳/賀原夏子演出

「バタン君」クルトリーヌ作/高橋邦太郎訳/賀原夏子演出

「ササフラスの枝にそよぐ風 WEN第十一回公演」R. オバルディア作/利光哲夫訳/原田俊雄演出
10 「世の中みんなテスト病」I. ワラック作/和田誠一訳/飯沢匡演出

「来られない友に乾杯 WEN第十二回公演」A. エイクボーン作/水野儀一訳/賀原夏子演出

12 「僕 WEN第十三回公演」金田賢一作・演出

「友」金田賢一作・演出

「セロ弾きのゴーシュ」金田賢一作・演出

NLTコメディ新人戯曲賞[編集]

NLTの主に扱う海外の喜劇作品は、良質な物を見つけることが簡単ではないと、広く作品を募集するためにこの賞が設立された。

この賞の重きは良質な作品を生み出す作家の育成にもあるため、賞の設立と同時に第二文芸部が設立され、過去受賞者が所属している。

なお、この賞には再応募枠という独自の規定枠が作られ、それに選考された作品には審査員や劇作家の池田政之によるコメントが送られ、翌年、同作品の推敲での応募が認められる。

所属俳優[編集]

男性[編集]


女性[編集]


なお、「団友」として合田雅史が提携している。

演出部[編集]

  • 小林史
  • 竹内一貴

文芸演出部[編集]

第二文芸部

過去の所属者[編集]

俳優教室で学んだ俳優[編集]

ディスコグラフィ[編集]

出典[編集]

  1. ^ 『スイッチオン! 人造人間キカイダー〜ジロー、旅の途中で』 角川書店2001年、126 - 128頁。ISBN 4048836943
  2. ^ 『レインボーマン ダイヤモンドアイ コンドールマン大全』 岩佐陽一・編 2002年 双葉社 ISBN 4-575-29442-X P91。
  3. ^ 『福島民報』1971年11月13日 夕刊。

外部リンク[編集]