会田由

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

会田 由(あいだ ゆう、1903年4月3日 - 1971年2月27日)は、スペイン文学者。『ドン・キホーテ』の日本初の完訳者であり、日本のスペイン文化研究の先駆者である[1]

略歴[編集]

熊本県生まれ。1927年東京外国語学校スペイン語科卒。永田寛定に学ぶ。1949年、東京外国語大学講師となり、のち教授を務めた。その間、東京大学教養学部でも非常勤講師として、スペイン語授業を担当、スペイン文化研究の先鞭をつけた。1965年より神奈川大学教授を務めた。

数多くのスペイン語文学を翻訳したが、特に『ドン・キホーテ』の和訳を1962年に完結させ最初の完訳者となった[1]。師の永田寛定訳(岩波文庫版)が先行していたが、手間取っているうちに会田が先に完成させ、以後数社の「外国文学全集」に収録され多く重刷した。

没後の1975年より名を記念した会田由賞(日本スペイン協会主催)が発足[2]。長年の中断もあったが、優れたスペイン語訳と和訳の訳者に贈られる歴史ある翻訳賞となっている[2]

翻訳[編集]

編著[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 文学学術院の2教授が伝統ある賞を受賞長年の研究・貢献に栄誉” (日本語). 早稲田大学. 2022年4月27日閲覧。
  2. ^ a b 野谷文昭教授が「会田由翻訳賞」を受賞しました”. www.l.u-tokyo.ac.jp. 東京大学文学部・大学院人文社会系研究科. 2022年4月27日閲覧。