佐久間正 (スペイン語学者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

佐久間 正(さくま ただし、1910年1月17日 - 1992年9月26日)は、日本スペイン語学者、東西交渉史学者。

東京出身。1938年中央大学法学部卒。1945年横浜市立経済専門学校講師、1949年横浜市立大学助教授、教授、1960年亜細亜大学教授、1962年清泉女子大学教授。80年定年[1]

著書[編集]

  • 『入門スペイン語』三笠書房 1958
  • 『NHKスペイン語第一歩』三笠書房 1959
  • 『南蛮人のみた日本』主婦の友社 Tomo選書 1978

翻訳[編集]

  • ドン・ファン・バレーラ『魔法使い 対訳』訳註 三笠書房 1957
  • アビラ・ヒロン『日本王国記』会田由,岩生成一共訳注 大航海時代叢書 岩波書店 1965
  • 『鈴田の囚人 カルロス・スピノラの書簡』ディエゴ・パチェコ編著 長崎文献社 1967
  • パチェコ・ディエゴ『長崎を開いた人 コスメ・デ・トーレスの生涯』中央出版社 1969
  • ディエゴ・デ・サン・フランシスコ報告・書簡集』キリシタン文化研究会 1971
  • 『福者フランシスコ・モラーレスO.P.書簡・報告』ホセ・デルガード・ガルシーアO.P. 編注 キリシタン文化研究会 1972
  • ペドゥロ・モレホン『日本殉教録』正続 野間一正共訳 キリシタン文化研究会 1973‐74
  • パチェコ・ディエゴ『大村純忠 キリシタン大名』二十六聖人記念館 1974
  • 『大村キリシタン史料 アフォンソ・デ・ルセナの回想録』ヨゼフ・フランツ・シュッテ編 出崎澄男共訳 キリシタン文化研究会 1975
  • 『福者ホセ・デ・サン・ハシント・サルバネスO.P.書簡・報告』ホセ・デルガード・ガルシーア編注 キリシタン文化研究会 1976
  • フェルナン・カバリェーロ『裁くものは』国土社 1977
  • 『福者アロンソ・デ・メーナO.P.書簡・報告』ホセ・デルガード・ガルシーア編注 キリシタン文化研究会 1982
  • 『福者ハシント・オルファネールO.P.書簡・報告』ホセ・デルガード・ガルシーア編注 キリシタン文化研究会 1983
  • 『福者トマース・デル・エスピリトゥ・サント・デ・スマラガO.P.書簡・報告』ホセ・デルガード・ガルシーア編注 キリシタン文化研究会 1984
  • ディエゴ・アドゥアルテ『日本の聖ドミニコ ロザリオの聖母管区の歴史(1581年~1637年)』ホセ・デルガード・ガルシーア編・注 安藤弥生共訳 カトリック聖ドミニコ会ロザリオの聖母管区 1990

脚注[編集]